まいう〜の鮹語録でタグ「モニタ」が付けられているもの

昨日の液晶モニタ繋がりみたいな?パソコン周りを照らす照明の話。

一般の蛍光灯より暗いが、太陽光に近い自然な色再現性を持った「色評価用・高演色蛍光灯」という物があります。印刷物の校正や美術品の鑑定、写真用のライトボックスにも使われてますね。

是非これを普段の照明に使ってみたい!と思ったですが、業務用の製品という位置づけのためか各社ともに、基本20W/40Wの直管タイプしかないんですよ。ウチには適合する器具がない!20W直管のデスクライト、これも一般的じゃないからか意外と高いし、どうすればええんじゃ?と。

自室のパソコンラックに取り付けてある蛍光灯は、↓こんなやつ。

FPL27コンパクト形蛍光灯

デスクライトでは一般的な「コンパクト形」と呼ばれるタイプですね。2本柱で27Wの、"FPL27〜"で始まる型番の蛍光管を使用します。こいつは管の種類があまり選べないのが弱点、近所の量販店じゃ「ナショナル」(パナソニック)一択ですやん。ナショナルは確かに明るいけど、昼白色でもやたら緑かぶりするって言われてますなぁ。だかしかし、このタイプで唯一「高演色蛍光灯」を作っているメーカーがあるらしい?

FPL27ANXパッケージ三菱電機オスラムの "FPL27ANX" です。元々は同社のデスクライト「アイメイト」の専用ランプとして開発された物ですが、"FPL27〜"の器具ならどれでも使えるようです。

この味気ないパッケージ(笑)でも裏には特長として

  • 高演色Ra95
  • 新光色 色温度5500K
  • 自然光に近い連続スペクトル

と書かれてますよ。どんな物かwktkしながら交換してみたら…

第一印象は「うゎ、暗い!しかも青緑っぽい!!こりゃ失敗か?」…しかし写真を撮ってみて二度ビックリですよ!

FPL27EX-N FPL27ANX
ナショナル FPL27EX-N (昼白色) 三菱 FPL27ANX

EOS 40D, EF-S10-22mm, ISO1250, f5.6, 1/25秒、RAWデータ現像時にホワイトバランス:5500K, ピクチャースタイル:忠実設定で、条件を揃えてあります。

ナショナルの方、もろ緑かぶりですやん!人間の目のオートホワイトバランスは素晴らし過ぎて、時に困ることもある?でもFPL27ANXの色に慣れたら、以前より色の豊かさを感じるようになりましたよ。少し冷色系(色温度高め)だけど、木目などの赤の成分が冴えるんですね。そして重要なのが、液晶モニタの発色も良くなった、目の疲れも少なくなったということ…高演色侮るなかれ、ですなぁ。

高演色蛍光灯、もっと一般に売れんもんかねぇ…電球形や円環形も出して欲しい!!近いうちに一般家庭用の白熱電球は廃止される方向らしいけど、そんなの嫌だ!電球の光がいい!という声が聞かれるのは、光色の暖かさだけではなく演色性の高さが求められてるんじゃないかという気がします。(かくいう私も白熱電球を使用中。某所で手に入れた交通信号用の電球…5年使ってもなかなか切れない)明るさよりも自然な光が欲しいという需要は、意外とあると思うんだけどなぁ。。

先月モニタを入手したって話を書きましたね(→微妙な液晶モニタを掴んでしもた中古で15,000円で買ったNECの液晶モニタ "N8171-43"、さすがに12年落ちでヨレヨレになったCRTよりはマシやろ?と思ったが、なかなか色が合わねぇ〜どーうも慣れねぇ〜…訂正・追記です。

前回記事の訂正

「グラデーションは滑らかに表示される」と書いたけど、うっすら縞が出てるようでorz…実は調整用のグラデーション画像、こちらのサイトにある物を利用させてもらったんですよ。

グラデーションの他にホワイトポイントや位相調整用のファイルもあります。写真とMacの濃ゆいサイト。

黒白のグラデーション画像ってのは、普通に作ると256段階の縞が発生してしまうので、ディザ処理を行って目立たなくするのが一般的です。上記のサイトの画像は非常に入念に処理されてますね。だからパッと見、ガンマの乱れによる縞が分からなかった。まぁよ〜く見ないと分からないから、実用上は問題ないか?でもガンマカーブとったらフニョフニョなんだろうなぁ…キャリブレーションを追い込んだら改善するかもしれんか?

また「中間調に現れるボソボソしたノイズ」も、このグラデーション画像のディザ処理による物と判明。中間調のノイズは無しです。が、今度はハイライト部が問題だ!(後述)

色温度の調整

デフォルトの状態だとどうも青すぎるぞ、裏メニューでGAMMAを弄ってるせいもあるかもしれんけど、sRGBモードとか絶対6500Kじゃないだろ!?みたいな。(前回記事の画像は調整前に撮ったものなので、画面以外の部分が黄色くなってます。完全に調整して撮ると、画面の中と外でバッチリ色が合うらしいです)

そこでモニタ側での色温度の設定、この機種はRGBのレベルを調整して、いくつかプリセットしておくという形になってますね。初期設定で"5000K"や"9300K"が登録されているという状態(三菱・NECのモニタはこういう操作系になっている物が多いみたいです)初期設定の数値は当てにならんから、自分で調整しますよ!

室内照明を普段使用する状態にして、モニタのそばに白い紙を置きます。画面に白いもの(#FFFFFF, テキストエディタの新規書類やGoogleのトップページ等で良い)を表示して、画面と紙がなるべく近い色になるようにRGBを調整すればOK。その後再びMac OS Xのディスプレイキャリブレータを実行して中間調の色味を調整、ホワイトポイントの設定は「ネイティブ・ホワイトポイントを使用」にチェックを入れます。

要は画面の中と外の色味が合えばいいってことですな?人間の目のオートホワイトバランス(順応機能)は素晴らしいので、プリントや印刷物と見比べて厳密な色校正を行うといった用途でない限り、少々ズレても問題ないかと思います。違和感がない程度にしておけば、Webや事務作業等も楽になりますなぁ。

ちなみに「仕事」先にあるナナオのCRTモニタ(T566)で同じ調整を試みたけど、こいつはゲインとカットオフ、RGBの調整が2ヶ所ありますやん…どう弄っていいのか分からなくなったよ。高級なモニタは調整が複雑になるようですw…それにしてもこのCRT、ちょいボケだけど柔らかい画質で、いい色出すねぇ。

目がジョリジョリする

CRTから液晶にしたら、目が疲れやすくなった…シャープすぎるっつか、1つ1つの画素がパキパキして眩しいです。特に白いに近い色で顕著、遠目で見てもザワザワジョリジョリしたノイズ感があります。パネル表面のノングレア処理と干渉してるのかもしれんけど、パネル自体の特性にもよるらしい?液晶ってこんなもんか?

N8171-43 = LCD1970NXp?のパネルについて

ご存知の方はご存知?海外製のの一部のVA・IPSパネルで、画面全体がギラギラして目が疲れるという現象が報告されてますね。通称「目潰しパネル」「ムスカパネル」なんて呼ばれてますがw…果たして私の"N8171-43"は「ムスカパネル」なのか?気になって調べてみました。以下、勝手な推測なんで信じないでください、、

  • LCD1970NXpには、台湾AUO社製のMVAパネルというのが使われているらしい。恐らくN8171-43も同様?
  • ただし海外で販売されたLCD1970NXpの後期ロットには、韓国Samsung製のPVAパネルが使われている物があるらしい。
  • 2007年中旬ごろに作成された海外版のLCD1970NXpカタログを見ると、コントラスト比が1:800から1:1500にアップしている。
  • N8171-43は2007年6月に、"N8171-43A"へマイナーチェンジして現在も発売中。仕様を見るとLCD1970NXpと同様、外観等はそのままでコントラスト比が1:1500になっている!
  • 従ってN8171-43 = MVA版LCD1970NXp、N8171-43A = PVA版LCD1970NXpではないか?と推測される。

AUOのMVAパネルとSamsungのPVAパネル、どちらもギラギラするけどMVAの方がまだマシ、という評価があります。推測の通り、MVAだといいね?

グレアかノングレアか?

液晶はCRTに比べて、環境光の影響を受けやすいような気がする…てのは、恐らくノングレア処理のせいもあるかと思ってます。パネル表面に当たった光が拡散して、画面に色をつけてしまうということですね。

そこで最近増えているグレア(光沢)パネル、「コントラストが上がり鮮明に見えるから、動画や写真の鑑賞に最適!」てのが売りらしいけど、ユーザーの間では否定的な意見も目立つような?「写り込みが激しく、却って見づらい」「目が疲れる」「電源を切ると画面にキモオタが映るのが困る」「俺は逆にイケメンが映って困る」…等々、、グレア派とノングレア派で意見が分かれているようですね。

だがよーく考えて欲しい、CRTってグレアパネルだったじゃん?それでも当時は「画面にイケメンが」って話は聞いたことがなかった…それは何故か?CRTには強力な反射防止処理がされていたから。

だからCRTと同等の反射防止がされていれば、グレアパネルも良さげだな?と思ってます。そんな製品あるんかなぁ。もしくはAQUOS等の大型テレビに採用されている、反光沢・微粒面の処理もいいかもしんない。

最近の液晶モニタ

近頃は液晶モニタも安くなったねぇ。15,000円の中古なんてもんを掴んでしもたけど、実はもうちょっと出したら新品で20インチや22インチのワイド液晶が買えてしまう…ただし視野角の狭いTNパネルで、画質は真正面から少し離れてみると意外と悪くないが、まぁそれなりか?という話も聞きます。どうなんだろう??

一方で画質が良くて目が疲れないモニタを探したら、同じNECでもLCD2490WUXiLCD2190UXi、ナナオのL997あたりですか?どれも10万円超!!一気に高くなってしまうのが困りものです。LCD1970NXpはビジネス向けの中級クラスで新品当時は6〜7万円前後で売られていた製品、これに当たるグレードの物がない!?液晶モニタの市場も、二極化が進んできましたなぁ。

また三菱のMDT243WGのような、豊富な入力端子を備え動画性能を上げた製品も気になります。テレビとパソコンの融合という観点で見れば、こういう高性能なモニタを導入してデスクトップAVシステムを組んでみるのも、いいかもしんない?

当ブログを更新しているPC、3年前に中古で入手したPowerMac G4(AGP)を未だにつこうてます(→詳細記事CPUを1GHz、ビデオカードをMDDのRadeon9000に換装、メモリ1.38GB、内蔵HDDは80GB+500GB(シリアルATAカード使用)その他USB2.0カード、DVDスーパーマルチドライブなど、騙し騙し使ってますなぁ。延命措置も限界かなぁ。

それよりヤバいのがモニタですよ。12年前に買ったソニー製の17インチCRT、キャリブレーションもじっくり追い込んで長い間安定動作しておったですが、さすがにもうあかんやろ?…電源を入れると画面が赤くなる(しばらくすると正常になるが)右端にうっすら色ムラのような物が見える、OSDがバグって明るさ・コントラストの調整が出来ないことがある、、そこで安くていい出物はないかと、ずっと探してました。写真のレタッチもやるから、本当は程度のいいCRTの中古がいいのかもしんない、でもデカいし重いし自分で修理するのは恐いし、こりゃダメだとなったら捨てるのが面倒だし…やっぱこれからは液晶なんかなぁ。

N8171-43ということで2週間ほど前に入手したNECの謎の19型業務用モニタ、"N8171-43"です。同社のサーバーマシン「Express5800シリーズ」(←激安サーバーとして一部マニアの間で有名)の周辺機器として2005〜2007年頃に販売されていた物のようですが、仕様書(pdf)を見てみるとどうやら"LCD1970NXp"とほぼ同等品のようですね。外装デザインはもちろん、液晶パネル周りのスペック(視野角やコントラスト比など)も全く同じだ!VAパネル採用で業務用らしい堅実な仕様……んー、意外と良いかもしんない。中古で15,000円かぁ〜微妙だなぁ、程度が良ければ買いなんだが…今あるモニタが壊れたら仕事にならんし、どうしても気になるんで買っちゃいました(笑)結果は使用時間の非常に少ない(後述)極上品だったから良かったけど、でもやっぱ微妙なモニタだ…

キャリブレーションについて

実はこれを入手してから約2週間、色の調整でドツボっておったんですよ。

Mac OS Xには標準で調整ツール(ディスプレイキャリブレータ・アシスタント)がついてるんだけど、これが激しく使いにくい!

ディスプレイキャリブレータ・アシスタント Adobe Gamma

左がMac OS X標準のディスプレイキャリブレータ・アシスタント、右がPhotoshopの旧バージョンに付属していたAdobe Gamma。

(クリックで拡大↑)左の画像のやつですね、左側のスライダーで明るさ、右側で色味を調整して、アップルマークが背景に溶け込むようにするという操作を5回行います。何でAdobe Gamma(右)みたいに、RGBの3スライダー式にしなかったんだろ?

その他、気付いた点をいくつか挙げると

  • アップルマークの前に明るさ・コントラストを調整する行程があって、これまたワケわからん。「コントラストを最大の値にします」ってこのモニタ、50%以上にするとハイライトが潰れるんですけど??しかもコントラストの値によってハイライトの色味も変わってくるので、当然調整結果も大きく違ってくる…目が疲れるから、普段はこんな高コントラストで作業しないんだけどなぁ。実際に使う明るさ・コントラストで調整した方が、いい結果が得られるような?
  • 手順通りに調整するとどうしてもシャドウが持ち上がってしまう件。ガンマを2.2(Windows標準)にしても、sRGBやLCD1970NXpのWindows用プロファイルに比べてかなり白くなってしまいます。シャドウが潰れないのはいいことなんだけどね、一度この状態でレタッチした写真をデジカメプリントに出したら、えらく暗い仕上がりになって参ったよ。明るさ・コントラストを落として再調整、で何とかなったかもしんない?
  • アップルマークの5段階は、最初にAdobe Gammaと同じく全体のガンマを調整、あとの4つで各輝度域に分けて細かく調整という形になっているみたいです。シャドウが持ち上がってしまうのは4つの行程が問題と判明、そこで左のスライダーを動かさずに右のスライダーでなるべくニュートラルな色に見えるようにする、という荒技も試してみたが、やっぱシャドウが潰れない方がいいよね?

うはー、目が痛い……ちなみにスライダーを細かくドラッグするのが難しい場合は、Tabキーとカーソルキーでも操作できます。何となく前のCRTに近い感じになったから、まぁいいか?

裏メニューについて

いろいろ弄っているうちに裏メニュー(サービスメニュー)を発見。以下手順を説明します。LCD1970NXpの他、同じ筐体を採用している三菱のRDT195/196系でも可能かもしれない?

  1. OSDメニューから「インフォメーション」([ i ]のアイコン)を表示。
  2. そのまま[RESET/DV MODE]を押しながら、スティックキーを右に倒す。
  3. 警告表示(ENTERING SERVICE MENU)が出たら、[SELECT/1-2]を押す。
サービスメニューP1 サービスメニューP4

使用時間はリセット可能な値と不可能な値があります。オンが実質的なパネルの使用時間、私が最初見たときは確か285Hくらいでした。何という極上中古!ほとんど使ってなかったんじゃないの?オフの時間が長いので、待機状態で稼働していたものと思われます。

4ページ目の"GAMMA"の設定が謎です。0.8と1.0の2段階で、入手時は0.8でした。0.8で緑が強くなり、1.0で少し青が強くなります。前述のキャリブレーションにも大きく影響しますね。現在1.0で運用中、どっちが正しいんだろう?

GAMMAの他には、特に画質が大きく変わる設定項目は見つかりませんでした。アナログ接続時の自動設定のパラメーター類も見えたが、デジタル接続だと操作できなかったし…

そう言えばこのモニタ、最初の調整後にグラデーションを表示してみたら縞々が出たから、すごく凹んだんだよね。でもFACTORY RESETをかけたらなぜか出なくなった…いやGAMMAを弄ったせいか?、現在どちらの設定でも滑らかに表示しています。まったく謎だらけですなぁ。

問題点

  1. 実は視野角がかなり狭い。
  2. CRTより環境光の影響を受けやすい気がする。
  3. グラデーション部にボソボソしたノイズが見えることがある。
  4. 絵がシャープすぎる、ジョリジョリするw

1. はVAパネルの宿命?安価なTNパネルのように下から見るとネガポジ反転するほどじゃないですが、かなり色味が変わります。視野角176°のカタログスペックに偽りあり!!?

2. は液晶とCRTとでは、発光の仕組みが根本から違うからでしょうね。色評価用の蛍光灯とか、環境光センサーつきのキャリブレータとか、そういう物を導入せんといかんのか…

3. もVAパネルの弱点だったような?実際気になる場面はほとんどないけど、やっぱ写真のレタッチにはIPSパネルの方が向いてるんかなぁ。

4. は慣れの問題か?デジタル接続だから余計にシャープなんだよね。「仕事」先のCRTを見て、柔らかくていいなぁ、と思うことがあります。


以上、何とも微妙な中古液晶モニタの入手報告でした。前のCRTほどじゃないが、とりあえず使い倒す予定。しかしキャリブレーションやらカラーマネージメントやら、ハマると泥沼ですなぁ。もっと真面目にやった方がいいのか、それとも今まで通り「大まかなイメージが掴めればいいや」で行った方がいいのか?どうなんだろう…

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja