まいう〜の鮹語録でタグ「シグマ」が付けられているもの

レンズで散財

|

EOS 40D/20Dで、そこいらのイベントスナップ等を気楽に撮れるレンズを求めて…じゃねぇや。シグマの18-50mmをつけっぱで、ほとんどコレで済ませてたんだけども、広角も望遠も足りねぇ〜。ということで、最近入手したレンズの簡単インプレッション。

シグマ 18-200mm F3.5-6.3

OS(手ぶれ補正)無しのやつです。中古で安かったし、軽くてコンパクトで1本で済むし、シグママンセー!お手軽レンズマンセー!

画質は?…広角側はコントラスト高めで、意外と悪くないすね。望遠側で少しピントが外れると妙なボケ方をするのが残念。AFの動作も微妙に怪しいし…ってこれは使い方が悪いのかもしれません。AI FOCUSでぶん回したら追っつかないよ。F6.3だからしゃーないか。屋外のスナップには便利かもです。でもやっぱ広角足りねぇ〜。

EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM

出た!広角レンズの決定版。前から気になってたヤツです。純正レンズは高いねぇ。ボディは安くレンズは高くって、やっぱプリンタを作ってるメーカーはカメラの値付けも一味違うね?ってこたないと思うが…しかしながら昔から広角レンズ好きなもんで、室内や狭い場所など、バシバシ使い倒すぞ!と思い切って入手。

ジュウニジュウニって、通常のズームレンズの呼び方で言うと分かりにくくね?12-12、何じゃそりゃ?みたいな。呼び方も難しいが、使い方もちょいコツの要るレンズです。広角側で集合写真を撮ると、端の人がビロ〜ンと伸びてしまいますやん!16mm以上だと無問題、て言うか全域に渡って画質良好間違い無し。訳の分からんこと書いてしまいましたが、それ以外に非の打ち所がないですよ。ところで10-22mm+18-200mmってWズームは、アリなんかねぇ?

EF 28-105mm F3.5-4.5 II USM

初代EF28-105からの買い直し。これも中古で安かった!先代は約15年前に購入、修理を繰り返しながら使い倒してきたんだけどもうガタガタになったし、あかんやろ?と。

AFはUSMで快適、画質も異常のない個体なら良い方に入るんじゃないかと思います。(先代は2度の修理の後、別物の画質に生まれ変わった経験あり)こんなにコンパクトでコストパフォーマンスの高い標準ズームは、もうキヤノンからは出てこないだろうねぇ…。

APS-C機だと変な画角域になっちまうのが弱点。しかしEF-S 10-22mmとの組み合わせなら、意外とイケるんでねぇの?22-28mmが欠けるけど、多分私の場合は問題ないだろうな…

…作例不足につき、これ以上の情報は勘弁つかぁさい、、以上、レンズ3本でアホになるカメラマンの巻でした。

すんません、、まことにすんませんっ・・・m(_ _)m

コメント処理めちゃ遅っっ!!

前記事にコメントいただいたんで返信してみたら…投稿後に画面が切り替わるまで、めちゃめちゃ待たされますなぁ。どうやらインデックスページの再構築に時間がかかってるようで、やっぱこのサーバーにMovable Type 4.1は重すぎるのか?かといって今更3.3に戻すことも出来ないし、どうしたものかと。

とりあえずインデックスページと同時に再構築される不要なテンプレートやモジュールを削除、さらにmt-config.cgiに "LaunchBackgroundTasks 1" を記述して、バックグラウンド処理を有効にしてみました。大丈夫かいな?という気もするが…おかげでかなりマシになりましたです。ご迷惑おかけしましたm(_ _)m、、なおコメント投稿後、直ちに記事に反映されないことがあります。しばらく時間をおいた後スーパーリロードして、確認してください。

Movable Type 4.1には、テンプレート周りにいくつかバグがあるようですね。何回削除してもゾンビのように生き返る、ウィジェットモジュールがあるのは何でだ!?それからシステムテンプレートに重複する項目があって、そのせいか検索結果のテンプレートが変更できない…こちらは同様の問題が報告されていますね。

シックスアパートで原因を調査中とのことで、待つしかないか…バグフィックスまだ〜〜??

DP1? DP-1??

すんません、シグマの新製品、「DP-1」じゃなくて「DP1」が正式な型番表記でしたね。ハイフンが付くか付かないかなんて、どうでもいいっちゃいいんだけども…検索で来てくれる方も多いんで、訂正しておきました。

ところで歴代キヤノンEOSの中で「EOS」の後にハイフンが付くのはEOS-1シリーズだけ?と思ったら、一つだけ例外がありますね。そう、EOS-3です。このカメラ、中身の骨格はEOS-1Nとほぼ同じなので(パワードライブブースターも共通)「EOS-1に準ずる機種」という意味で、あえてハイフン付きにしたのかと思いますが…さてEOS 5Dの後継は、EOSの後にハイフンが付くような物になるのか??個人的には廉価版を出すのが先だと思うから(ソニーのフルサイズ機の動向にもよるが)それはないと思うんだけど…そのうちいつか出るのかなぁ。。

お次はカメラネタ、、先週の話なんですけどもようやくEOS 40Dに付けるマグニファイヤーアイピース、オリンパスのME-1を入手したんで、軽〜くインプレしてみますです、

EOS 40DにME-1を装着。

EOS 40Dに装着したところ。接眼部が意外とデカいですな?液晶モニターにカブってるように見えるけど、実際は問題なくモニターを見ることが出来ます。

裏面下部を加工。

モニターのふちの部分、正確には液晶保護シート?にわずかに干渉するので、このように裏面下部を少し削ってみました。

倍率は約1.2倍。奥に引っ込んでいたファインダー像が、そのまんま手前に出てきたような印象ですね。視度調整もほとんど動かす必要がなく、アイポイントが少々ずれても像がボケることはありません。(ただ像が前に出る分、例によって眼鏡使用の方はちょっと厳しいかも…)Ef-Sスクリーンとの組み合わせでMFもバッチリ、これは素晴らしい!もっと早く買っとくべきだったよ…。

アイピースへの装着感はスムーズに入った後カチッとロックがかかるような感覚があるので、抜け落ちる心配はなさそうです。と思ったらこれ、ロックじゃなくて液晶モニター上部に「乗り上げる」形になってるのね。マグネシウム合金の部分だから傷はつきにくいと思うが…裏面下部を加工する際は削りすぎないように、透明プラスチック部分だけを避ける形にした方が良いかと思います。それから左右方向に若干遊びがあるけど、ファインダー像にはあまり影響ないから特に対策する必要はないか…?

カメラネタついでに話変わります。シグマのDP1、いつの間にか正式発表されたみたいだね。

実写画像を見てぶっ飛んだ…何ちゅう解像感!!もはやコンパクトカメラの絵ではない、一眼レフをも超えちゃってますね。シャープと言うよりは繊細・緻密な画質に、思わず見入ってしまいました。リアル460万画素だぜ!?高感度のノイズがちと残念だが…でも以前のFOVEON機よりは、かなり良くなってる気がしますよ。まだまだ発展途上のセンサーなので今後に期待、そして他社もAPS-Cセンサーのコンパクトカメラを出すのか?気になりますね。

2月は逃げろ

|

ゲっっ、例の中国産餃子、昔食ったことあるよ…1年以上前だけどね。

一部の製品にピンポイント的に毒が入ってたということは、恐らく工場で害虫の駆除に使った物が間違って混入したか、誰かが意図的にやったとしたら、労働争議がらみかライバル会社の仕業か?日本ではありえないが、中国ではよくある話なのか?てのが恐いですなぁ。と思ってたらパッケージに穴があいていたという情報も入ったりなんかして、もうわけわからん。早く真相解明して欲しいけど、なかなか難しいだろうね。そのうちみんな忘れるだろうね。つか、頭痛が痛いっす、毎日「仕事」帰りは睡魔と闘っておりまっす、、ヤヴァイ物食ってなければいいんだが…ということで、近況雑記。

デジタル一眼レフ春の新製品

先日紹介したキヤノン・ペンタックスに続き、ニコン・ソニーからも出てますなぁ。昨年秋の中級機合戦に続き?この春は普及機合戦となりそうです。

気になるのがα350のライブビュー機構、通常のファインダーと同じように高速AFが出来るそうですね。メーカーサイトの画像(分解図)が小さくてよく見えないんだが、ペンタミラーの一部を動かしてライブビュー専用センサーに光を導く構造になってるようだ…凝ったことやりますなぁ。以前「ソニーの一眼レフにスマイルシャッターが載ったら…」みたいな話を冗談半分で書いたけど、そのうち実現可能かもしれないぞ!?…注目の技術です。

それよりビックリしたのがシグマの200-500mm F2.8。あの化け物レンズ、本当に市販するんですか!!?外装がグリーンになって、巨砲というか軍用バケツ?のような出で立ちになってますなぁ。250万円という価格は、実は安い?さすがシグマだ、と言うべきか?…キヤノンには昔、EF1200mm F5.6Lという980万円のレンズがあったからね。どっちにしろ私には縁のないレンズだが、一度見てみたいもんだ。

ちなみに今年の秋はフルサイズ合戦になるんじゃないかと言われてます。EOS 5Dの後継機と、ソニーの高級機ですね。どうなることやら…。

EOS 40D本当に大丈夫か?

引き続きカメラネタですんません、、昨年12月にエラー99でシャッター交換した我がEOS 40Dですが(→EOS 40D関連記事価格.comの掲示板を見たら、エラー99の報告いっぱいありますやん!

以前はエラー99の原因として、レンズの接触不良や電源・メモリの不良がよく挙げられていましたが、ここに来て当方と同じシャッターの不具合、しかも買って2〜3ヶ月、または1万ショット前後ってのがちらほら見えるのが、恐いですね〜。やはりこのシャッターには問題があるのか?私の40Dはまた逝かれるのか??様子を見たいと思ってます。

勝手にブログ評論

いつもお世話になってますシカゴさんのブログ、ちょっと前の記事だけど、面白い物見つけましたね〜。

記事中にあるようにブログのRSSからいくつかのキーワードを取得、それをいかにも評論家っぽい?定型文に組み込んで生成するもののようです。(RSSを配信しているサイトなら、多分ブログ以外でもOKだと思う)とりあえず2008年2月2日現在の当ブログを何回か「評論」してもらった中から、名文?を抜粋。

漆黒のテンプレートは、闇夜に舞う。
テンプレートに漂う気品は、まるで洗練された淑女のようだ。
淑女というものは、つねにデジタルモノを忘れないものだ。
完全無欠なものなどない・・・・ただひとつ、デジタルモノを除いては。
ナポレオンがテンプレートを愛したように、作者もまたデジタルモノを愛している。
自分のしたことを振り返ってみた時、そこにあるのはただデジタルモノだけだ。
テンプレートが登場した当時の衝撃を想像できるだろうか?
デジタルモノのようであるとも言える。
他に必要なものはなんだろうか?・・・そう、デジタルモノだ。
どれだけ多くの血を流そうとも、必ずやデジタルモノを手に入れるという作者の強い意志を感じる。
脱構築的に考えると、テンプレートはデジタルモノとデジタルモノ、それとデジタルモノによって成り立っている。
「テンプレート」をよく観察してみると、デジタルモノにないものがあることに気づく。
ブログと気安く呼ぶなかれ。いやしくもデジタルモノとはもっと高貴なものである。
人生で最後の長旅は、オリエント急行でテンプレートを眺めることにしたい。
どうすれば「デジタルモノ」事件の二の舞と成らずに済むのか。考える必要がある。

いや〜、素晴らしい評論、ありがとうございました!って、このブログには「テンプレート」と「デジタルモノ」しかないのかよorz

シカゴさんが記事の最後で転載しているコメントが、また興味深い内容です。一言で言えば「ナンセンスな笑い」つまり意味が分からない面白さ、ってことかな?…違ってたらすみません m(_ _)m…てのもタイトルの通り、言語学に関する記事がメインのブログなんですけども、どうーも私の読解力ではなかなか読みきれんのですよ。頭痛を直さんといかんですね。あいたたた。

亀ネタ亀更新。

|

やべ、月を跨いでしまった…

昨日いや一昨日は毎年恒例?「教師の卵」のスナップ撮影でした。校舎内をうろつくカメラを持った怪しい男、そして何故か「撮って撮って〜」と群がる子供達…てやつ、グダグダ疲れた。いきなりじゃが、今年は実習生に可愛い娘が多かったです(笑)休憩時間、実習生の周りに子供達が集まって談笑してたので、ぉ、これは「先生と生徒のふれあいの図」だな?と、なかなかうまく撮れないんで近寄って5〜6枚ほどバシャバシャやってたんですよ。そしたら生徒の一人が「先生のこと好きなんじゃろー」だって。…マジレスすると今さっき初めて見たばっかの人だから、特に好きも嫌いもないわけだが…って、説教垂れてもしゃーないな。んー、どうリアクションしたらいいものか、おぢさん困ったよ。。

話変わってカメラネタです。フォトキナです!世界中からカメラを持った観光客が集まるイベント(広島だったら8月6日のアレとか?)を「実はカメラ博覧会?」と呼んだりなんかもしましたが(笑)こちらは本物のカメラ博覧会ですよ!

シグマのDP1、気になるなぁ。同時発表のSD14と同じ、ほぼAPS-CサイズのFOVEONセンサーを搭載したコンパクトデジカメということで、どんな画を出してくれるのか?デザインや28mm相当の単焦点で一瞬リコーのGR DIGITALを思い出してしまったけど、さらに本格派のハイエンドコンパクト?一眼レフのサブ機として、人気の予感ですね。

今回キヤノンからはカメラの新製品はなかったようで、もはやライバルはニコンじゃなくてエプソンか?なんてね。そういやダイアモンドをレンズ周りにちりばめたIXYってのがあったか…早速往年のクラカメファンから「オリンパスペンEEみたいだ」って意見が寄せられてましたが、それを言うなら「くたばれキヤノネット」だって?……それからカールツァイス・コシナの新製品(に見えない?)、どうしてフィルター枠が銀色なんだぜ?初期のFDレンズを思い出しましたよ…以上、古いキヤノン使いだった者の戯言でした(笑

「K10D」の発表で元気モリモリ復活しているペンタックス、その秘密はキムチにあり?…じゃねぇや(笑)ペンタックスとサムスンの提携が発表されたとき、ネット上では「また技術を持って行かれるんじゃねぇか?」と、正直懸念が広がっていたわけですが、なるほどこういう見方もあるのかもしんない?…確かに欧米市場ではペンタックスよりサムスンの方が知名度が高そうだからなぁ、販売網が広がるってのもあるのかな?今のようにOEM供給に近い形をとっている限り、ペンタックスにもかなりのメリットがありそうです。これからもサムスンとの協業で好調を続けて行くには、どうすればいいか?もっと突っ込んだ分析をして欲しいですね。

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja