まいう〜の鮹語録でタグ「デジカメプリント」が付けられているもの

前回の続き。デジカメプリントの話です。

どうでもええが、近所の某店店員にはムッと来たなぁ。

この記事の発端となった「RAWデータをDPPで現像したのとPhotoshopで補正したのを一緒にプリントしたら、DPPで現像した物だけ自動補正がかかった」件、明らかに自動補正がかかっているのに(過去に同じデータから自動補正無しでプリントしたことがあったから、一目で分かる)「自動補正してません!」って言い張ってたんだよね。で、次に今回記事用のテストプリントを注文してみたら、今度は全コマ自動補正解除されてしもたよ…。「自動補正がかかっているものがあったので解除しました」どのコマに補正設定されていたかも教えてもらえなかったし、改めて前回のプリントについて聞いてみたら「補正してません!」の一点張り。話通じねぇ、テストにならねぇorz…。結局別の店舗でテストプリントは無事完了、Exifとフロンティアについて説明もいただくことが出来たので、良かった良かった。

聞くところによるとフロンティアは自動補正の設定/解除を1枚ずつ行わなければならないそうで、枚数が多いと操作が大変だからそういう指示は受け付けない店もあるとかないとか??…その辺あまり分かってないバイトの店員さんもいることだし、フロンティアが内部でExifをどう処理しているか、ましてやCRタグ云々とか、知っている人は少ないんじゃないかと思います。

そこで店側の負担をなるべく軽くして、全ての店舗でスムーズにトラブルなく無補正プリントを手に入れよう!というのがこの記事の目的ですよ。きっかけを作ってくれた無愛想な店員に感謝、テストプリントに協力してくれた別店の店員さんに多謝!

Exifを変えてプリントしてみた。結果は…?

前回記事の最後で触れた4種のJPEGファイル、

1つのRAWデータから

  • A…DPPで現像してJPEGで書き出し
  • B…DPPで現像して一旦TIFFに書き出し、Photoshopで開いてJPEG保存
  • CA のExif情報を全削除
  • DA のExifをCR=1に変更

のプリント結果です。自動補正されたのはAだけ、B,C,Dはほぼ同じ仕上がりとなりました。
裏印字は↓こんな感じ

裏印字4種

プリントの表をお見せ出来ないのが残念だが…(写ってる人に渡す用の写真ですよ)Exifの内容とプリント結果をまとめてみました。

ファイルのExif内容 プリント結果
Software CustomRendered 裏印字(2行目後半) 仕上がり(自動補正)
A Digital Photo Professional Normal (0) NNNN A CR=0 補正あり
B Adobe Photoshop CS3 Macintosh Normal (0) NNNN 補正なし
C (なし) (なし) NNNN 補正なし
D Digital Photo Professional Custom (1) NNNN CR=1 補正なし

※Photoshopのバージョンについて。当方CS3のMac版を使用しましたが、バージョンによって結果に違いがあるかもしれないです。特に6.0以前はExifをサポートしてないので、どうなるか分からない?

ちなみにAのデータから「自動補正無し」を指定してプリントすると、裏印字は"NNNN CR=0"となります。

Photoshopで処理したものは、Exif無しと全く同じプリント結果になるんですね。やはりフロンティアはSoftwareタグの"Photoshop"を判別して、Exifをカットする処理をやってるのか?実際どうなんだろう?Photoshopの他にもExif無視されるソフトはあるのか?…追加検証が必要かもしれません。情報求む!

Exifを書き換えるツール

さて上記のテストでDAのExifをCR=1に変えた物と簡単に説明したけど、実はCRタグの設定を変更できるソフトって、非常に少ないんですよ。フジのデジカメに付属しているFinePix Viewerが対応してるらしいけど、そんなの持ってな〜い!だからこれを使うしかない?

中級者以上限定?Exifの表示・追加・変更が自由に出来るツールです。いわゆるPerlモジュールというやつで、恐らくサーバーに設置して「Exifが表示可能な画像掲示板」みたいな使われ方が多いんじゃないかなぁ。

コマンドラインによる操作、詳しい使い方は省略しますが(よく分かってない)例えばMac版でCR=1を設定して上書き保存するには、ターミナルを起動して

exiftool -overwrite_original -CustomRendered="Custom" (対象ファイルのパス)

を入力すればOKです。Windows版の使い方はこちら。

てか、コマンドラインまじ苦手っす、Macでターミナルを起動して毎回コマンドを打ち込むなんて、想像するだけでゲンナリですよ。ここはMacらしく?ドラッグ&ドロップで大量のファイルを一発で処理出来ないもんかと…シェルスクリプトからドロップレットを作成するツールを発見したので、早速使ってみよう!

今回の例だと

#!/bin/sh

exiftool -overwrite_original -CustomRendered="Custom" "$@"

という内容のスクリプトを"ExifCR.sh"という名前で保存、これをDropScriptにドロップすると、"DropExifCR"というドロップレット(アプリケーション)が作成されるといった具合です。他にもいろいろ使い道がありそうですね。

Windows版のドロップレットは、リネームの他にもexiftool.exeのショートカットを作って起動オプション -overwrite_original -CustomRendered="Custom" を付けてもイケるみたいです。

結論:CRタグはあまりにもマイナーである。

デジカメプリントの仕上がりに重要な関係があるCR (CustomRendered)タグ、結局ちゃんと活用してるのは富士フイルムだけか?キヤノンもアドビも対応してない(っぽい)のは、残念ですね。CRタグが新しく追加されたExif2.2規格は「Exif Print」という別名で、キヤノンも積極的に参加していたはずなのに…まぁキヤノン的には「ウチのプリンタでプリントしてください!」ってことなのかもしれんが、だったら尚更CRタグを活用すべきだという気もするんだけどなぁ…。

とりあえずフロンティアで無補正プリントするファイルにはExifToolのドロップレットを使ってCR=1を設定、注文時に「補正無しで、自動補正の設定はそのままで」と説明すればOKかと思います。無補正プリントについては一件落着?

ところでExifToolでSoftwareタグあたりを書き換えれば、Photoshopで処理した画像を「撮って出し」扱いにして自動補正プリントすることも出来そうだね。個人的には必要ないか?いや試しにやってみるか?

参考リンク

前回記事で紹介した「カメラ小僧の憂鬱」からの記事

フィルムからのプリントや普段あまり使う機会のない?オプション等、情報が網羅されています。他にも「メモ」カテゴリーにプリント関連情報が満載、これは必見です!

フロンティアおよびノーリツ鋼機のプリンタの裏印字について解説。フロンティアの裏印字は、いくつかの異なる形式があるのか?店(チェーン)によって違うのかもしれません。

最近は「仕事」がらみで撮った写真のうち、アルバムに載らなかった物あるいは載らないであろう物を(1年生のアルバム用のつもりが『2年…あ、いや1年で〜す』つって写っちゃったやつとか…)プリントして学生たちにバラまくということをやってまっす…やっぱね、折角写ってくれたのに世に出ない、本人の目にも一切触れないってのは残念ですよ。まぁその他いい事もあるんじゃないかと、無駄な期待もあったりするのだが…?

人に渡すならお店でデジカメプリント!っていう記事を、だいぶ前に書きましたなぁ。

当方、主に「カメラのキタムラ」を利用してます。正直他のネットプリント等と比べると、あまり安くはないんだけども…機材がフジのフロンティア+純正Ever-Beautyペーパーで統一されていて、仕上がりも安定感がある、行動範囲内に複数店舗があり、空いている時間帯に持ち込むと最短約10分で仕上がることもある、それより何よりポイントやら割引券が多数手元にある!…という理由ですね。

で先日の話…RAWデータからDigital Photo Professional(キヤノン純正現像ソフト、以下DPP)で処理した物とJPEGからPhotoshopで補正して保存した物を一緒に「補正無し」でプリント出したら、DPPで処理したやつだけ自動補正がかかってますやん!RAW現像時に補正した上にさらに自動補正がかかって、ガチガチになってますやん!…ソフトによって勝手に自動補正したりしなかったりということか?その辺うまく設定・注文する方法はないのか?ということで調べてみたのが今回の記事です。

Exifの内容でプリントが変わる?

まずはEOSユーザーにはお馴染みの掲示板から、参考記事。

いろいろ濃い情報が飛び交ってますなぁ…とりあえずフロンティアは画像ファイルのExif情報を見て補正の有無を判断しているのは、間違いないらしい?中でもSoftwareタグとCustomRenderedタグ(CRタグ)が、深く関係してそうです。Softwareタグは最終処理に使われたソフトウェアの名前が記録される場所(例:"Digital Photo Professional" "Adobe Photoshop CS3 Macintosh"など)CRはまさに補正の要・不要を判別するためにあるタグなんだけども…詳しくは後述、その前にプリント裏面の印字を見てみましょう。

プリント裏印字を解読してみる

フロンティアの裏印字について、詳しく解説されている記事があります。

ふむふむ、何となく印字の内容は分かったか?…しかし手元にあるキタムラのプリントはちょっと形式が違うんだよね。ファイル名+その他情報と2行になってます。機種が違うのか?ひょっとして700シリーズってやつかな?

こんな感じ↓

裏印字
上がDPPで処理→自動補正されたもの、下がPhotoshopで処理したもの。

見えづらくてすんません、「管理コード」は、実は注文番号?(仕上がり後すぐに追加注文したら、追加分は下1ケタがカウントしてました)「枚数」も詳細不明です。(前半3ケタは全受注分のn枚目、後半は不明)手動補正値はフィルム時代からある印字、補正無しなので"NNNN"ですね。注目すべきはその後の部分…。

"A"はプリント時に自動補正されると入る記号です。自動補正を解除すると空白になります。他の文字もあるんか知らん?そしてCRタグの値、CR=0は「カメラから撮って出しだから補正してください」という意味、「ハイ、補正しますた!」と"A"が入っているわけだが、問題はなぜDPPで処理したのに「撮って出し・未補正」扱いになってるのか?ということ、しかもPhotoshopで処理した物にはCRの印字が見当たらない…謎ですなぁ。

CR(Custom Rendered)タグについて

Exifを細かく表示できるツールを使えば、CRタグの存在を確認することが出来ます。

Exif Viewer

上はFirefoxのアドオンとして提供されている「Exif Viewer」でローカルファイルを開いたところ。Exifの中でもマイナーな存在なのか?ググってもなかなか情報が見つからない!

しょうがないので?Exif 2.2の公式仕様書(←英文PDF注意!)から引用

CustomRendered

This tag indicates the use of special processing on image data, such as rendering geared to output. When special processing is performed, the reader is expected to disable or minimize any further processing.

Tag = 41985 (A401.H)
Type = SHORT
Count = 1
Default = 0

0 = Normal process
1 = Custom process
Other = reserved

どうやら、特別な処理をした画像には "Custom process(1)" を付けろ、そうすれば読み込み時にこれ以上の処理は行わない、という意味らしい…?

つまりこのまま解釈すれば、撮影したままの画像はCR=0、DPPやPhotoshopで処理するとCR=1が設定されるはず?なんだけどねぇ。実際はDPPでRAW現像したデータはCR=0になっちゃうどころか、実はPhotoshopで処理した物もCR=0なんです。CRタグはこれらのソフトでは、正しく運用されてないのか?それとも解釈が違うのか??

さらにPhotoshopのデータはCR=0にも関わらず、フロンティアではタグが無視されて?自動補正無しでプリントされてしまうんで、余計に話がややこしくなってしまいますね。ひょっとしたらSoftwareタグに"Photoshop"があると…てな処理をしてるのかなぁ、と仮説を立ててしまいましたが、どうなんだろう?とりあえずExifとフロンティアの関係を試してみるか?

ということで、1つのRAWデータから

  • A…DPPで現像してJPEGで書き出し
  • B…DPPで現像して一旦TIFFに書き出し、Photoshopで開いてJPEG保存
  • CA のExif情報を全削除
  • DA のExifをCR=1に変更

の4種類のJPEGファイルを作って、プリント注文してみました。さてどうなる?続きは次回。

ニュー速のことだからすぐ落ちるだろうと思ったら、まだあるじゃんこのスレ。

最近心から爆笑したのはこのスレと…あとは昨日の「報道ステーション」の一番最後(古館:『ありがとうございました』三谷孝喜『・・・ん?』)くらいかなぁ…見てない人には何のこっちゃですな。一発ネタに弱くなってます、、

出先で京ぽんで2ちゃんねる、時々暇つぶしに見ることもあるけど、情報量が多すぎてなかなか移動しにくいのね。そんな時は「京ぽん用スラッシュドットリーダー」をよく利用してます。アレゲってどれゲ?それなんてアレゲ?…技術系ニュースが好きな京ぽん使いの方には是非、オススメですよ。

昨日も取り上げた「ニコン、フィルムカメラから事実上の撤退」のニュースもありました。いつもながらマニアックなコメントが続いてますなぁ、んー、ついて行けないす(笑)…そこで見つけたネタ。

へぇ〜、こんな技術あるんだ。これで私がEOS 20Dでいつも悩んでいるピント問題も解決だね!?…って、そんな簡単なモンじゃないだろが!!!

 

えぇと、忘れてました。本題です。一昨日試してみたデジカメプリント、仕上がりは…う〜ん微妙。。モニターで見るのと全然違う色に仕上がってしまいました。かなり補正がかかっているようで…。コニカミノルタのペーパーはやはり?富士フイルムよりは軟調になっているようです。意地悪く見ると、黒が締まってない?…いや、こちらの補正のせいかもしれません。

ちょっと気になる点が一つあります。今回はRAW+JPEGミドルノーマル(約400万画素相当)の同時記録という設定で撮影したんですが(私の古MacでRAWをサクサク開くのは不可能なのでプレビュー用の粗画像が必要、との判断です)まずRAWを展開してフォトショップで補正しJPEG最高画質で保存したものを2Lサイズで、それとプレビューのJPEGをそのまま無補正(いわゆる撮って出し)でLサイズ、と2種類注文したんですね。これが仕上がりの傾向が違うみたいなんですよ。サイズの違いもあるかもしれないけど、Lサイズの「撮って出し」の方がコントラストが高くシャープネスが強めにかかっているように見えます。また、インデックスプリントがついてきたんだけど、なぜか「撮って出し」の分しか写っていませんでした。ひょっとしてEXIFを読んで処理方法を変えたりしてるのかな?んー、謎です。

なお、プリント注文に使った機械はこちらのCT-2MDというもの。メディアスロットの数がすごいですね。これにケータイ用のケーブルと赤外線受光部まであります。どんなメディアからもプリント出来る!?至れり尽くせりですな。前面に見えるCDドライブはプレクスターの型番失念…CD-R/RWドライブなので書き込みも可能のようです。通常のサイズ・枚数の設定の他に別画面で「補正無し」や「シャープネスの調整」などがあったらうれしいんですが…あまり需要ないのか??

 

あ、それともう一つ思い出した、Intel Macの情報を探してて見つけたスレ。

ゆーこりん、て…ゆうこりんって何だよそれ、、、いかん、笑いすぎ、腹が壊れる、!!……これを見てどこが面白いのか全く分からないという方、多分あなたは正常かと思います、、ヤヴァイ、また笑いがぶり返してきた…wwww

最近「仕事」先っつか生協の担当者からデジカメプリントについて聞かれまして、ネットプリントのサービスを始めるらしい、とのことで…。インクジェットと比べて画質や保存性はどうなのか?とかね。「インクジェットは持たないっすよ。お店のプリントは何年持つんでしょうね?」と普通に答えておいたんですけど、翌日「発注先に聞いたら、コニカミノルタ百年プリントだから100年持つらしい。本当かな?」とのこと…あれ?このネットプリントのソフトやサイト、NORITSU KOKIと書いてあるんですけど…KONICA MINOLTAとはどこにも書いてない…ノーリツ鋼機というのはプリンタのメーカーです。国内の写真店にあるプリンタの多くが、このノーリツ鋼機製か富士フイルム製のどちらかだと思います。中の人はコニカミノルタだったとは。中の人、身を隠しすぎ!っつか、コニカミノルタと言えば先日大幅な事業縮小発表し、写真業界から撤退か?って噂もありますからね。そうするとこのプリントサービスはどうなるんだろう…一度ノーリツ鋼機のプリンタは試してみたいんですよ。(プリントする写真がない、ってのはいつもの約束ね)それにしても百年プリントって…。

そう、写真歴の長い人にはお馴染みの「百年プリント」、一般向けの写真プリントとしては恐らく初めて、保存性を謳った画期的な製品でした。かれこれ20年ほど前の話。今までのプリントは2〜30年も経てば色あせてしまうけど、百年プリントは100年経っても大丈夫!ってね…(物置の宣伝じゃないですよ)

そこで気になるのが実際に20年経った百年プリント、20年前に比べて色はどうなってるのか?ということです。そりゃ100年持つってあれだけ宣伝してたんだから、20年くらいじゃ全く色は変わらないよね。そうなの?どうなの?…古いアルバムを漁ったら、多分ウチにもあると思いますよ…確か当時はフチありのプリントで、フチの部分に「百年プリント -1985-」などという風にプリントした年が入ってました。すぐに見つかるはずです。

……が!しかし!!よく考えたらこのプリントがどの程度退色しているのか?正しく知る手段がないじゃないですか!!仮にネガが残っていて焼き増し出来るとしても、ネガの退色の可能性もあるしプリンタの機種も設定も当時とは全く違うはず。多分他のプリントに比べたら退色は少ないだろう…って思いたいけどね。こりゃもう記憶を辿るしか方法はないみたいです(笑

「このプリントは何年持ちますか?」…それはあなたの記憶力と、思い出の深さ次第です。う〜ん素敵。って、こんな製品売れるわけねぇよ!!?(笑

それより気になるのが百年プリントとコニカミノルタ、実際に100年持つのはどっち??……(ぉぃぉぃ

昨日は久々に「デジカメプリント」を利用しました。…って、ひょとしてEOS 20Dからのプリントは初めてだったかもしんない…20Dを買ったのが去年の10月だから、、あれ以来プライベートでプリントに値する写真は1枚も撮れてなかったってことになるのか…何てこたーいorz... しかも今回のプリントは人に渡すのが目的だったから、すでにそのプリントは手元になかったりして ○| ̄|_...

あ、「デジカメプリント」てのはいわゆる「お店プリント」のことですよ。自分でプレビュー的に見るだけで、枚数が少ない場合はインクジェットで出すのが手軽だけど、やっぱ人に渡すもしくは大量にプリントするならお店のもんです。従来のフィルムからのプリントと同じ方式なので仕上がりもほぼ同じ。長持ちしそうで安心感もありますからね。

これ、プリント時に自動補正されるから色もバッチリ!てのも売りだったりしますが、絵によっては明るすぎたりして、どうもしっくり来ないことがある?…以前はよくEOS D30で撮った猫の写真など(近日こちらのサーバーでも公開予定のつもりです、?)をデジカメプリントしてたんだけど、このカメラ補正しないと使えない絵ばっかり吐くんですよ。色相がかなり転ぶんで、これは絶対補正しなければならない…どうせだからこっちで補正・レタッチを仕上げてしまって「補正無し」でプリント出した方がいいんじゃねぇかと、以下の手順です。

  • Photoshopで画像データを開く
  • 「レベル補正」でハイライト・シャドウを設定し、全体の明るさおよびカラーバランスを調整する(自動レベル補正+手動微調整、で大体うまく行くかな?)
  • ぼかしマスク(なげなわツール→クイックマスク→ぼかし(ガウス))+トーンカーブで、焼き込み・覆い焼き処理をする。私の場合はメインの被写体のコントラストを上げ、背景を少し暗くすることが多いです。
  • アンシャープマスクを軽くかける(0.5px,60〜70%,しきい値0くらいかな?小さいプリントの場合には必要ないかもです)
  • JPEG(最高画質)で保存し、CDに焼いて店頭へ持って行く

はぁ〜、、こう書くと非常にマンドクセー作業ですな、本当は途中で16bit/channelに変換したりトーンカーブレイヤーを使って再度微調整したりと、もうちょっと手が込んでます…あとはモニターのキャリブレーションとか?…私はPhotoshop付属のAdobe Gammaで調整してます。細かいこと言わなければこれでOKかな?カラースペースはsRGBをベースにして作業した方がいいかと思います。プロファイルは念のために?埋め込んでるけど、sRGBだったら多分埋め込まなくても同じかと思います。最初は何回かテストプリントをしてモニターの調整を詰めたり、インクジェットで出したやつと比べたりもしたっけな?これで大体コツは掴んだはず?だったのですが…(以下後述)

ちなみに私は「ネットプリント」ってやつ、まだ使ったことないんですよ。仕上がりのブツ(プリント)は郵送されてくるまで1〜2日かかりますよね?それなら最寄りの「カメラのキタムラ」等へCDを持って行った方が早い。店頭に機械がある所なら空いていれば15分くらいで出来上がります。で、昨日久しぶりに行ったら、最近は入口近くにある端末でしか受け付けてくれないんですね。私が普段やってるような「補正無し」とか、「リサイズ無し」「プリントに対して内接/外接」といったマニアックな?注文は再度カウンターでしなければならないようです…早速「補正無し」で注文したんですが、間違って自動補正でプリントされてしまいました。すぐに焼き直してくれたんだけど(これも店頭プリントのメリットだと思います)補正した方がよかったのかしなくてよかったのか?微妙なやつが1枚…結局+1枚分払って両方もらってきました。ウチで補正したときの詰めが甘かったのかなぁ…まぁ、前日の夜中に酒飲んで半分寝ながら?やった物ですからね(笑)もっと気合い入れんといかんです、はい。。

結論:
デジカメプリント、お家で補正して「補正無し」で注文する場合は念入りに補正作業をしましょう。つか、素人にはお勧めできない…?実はお店に全部まかせちゃった方がいいかもしんない(自信無し)

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja