まいう〜の鮹語録でタグ「パナソニック」が付けられているもの

ここんとこ家電ネタばっかになってますなぁ。俺は中古家電芸人か?フランスのテレビ〜フランスのテレビ〜〜、?、開腹レポート第2弾はパナソニックのビデオデッキ、"NV-FS900"です。いわゆる「バブルデッキ」ですね。

バブルデッキとは、「バブル期」すなわち80年代末〜90年代初頭に設計・製造されたビデオデッキの中・上級機のことです。今では考えられない豪華な装備・機能が特徴…たかがビデオでそこまでやるか?って気もするが、映像をデジタル処理する技術が発達してなかった時代、アナログ的に物量投入して画質を改善してたんですね。

発売当時のカタログ

発売当時(1989年12月)のカタログ。クリックで拡大。「バブルデッキ」の中には40万以上もするマニア向けの超高級機もありましたが、今回のNV-FS900は178,000円、同社の主力機種として、よく売れたみたいです。

フロント

当方所有のブツ、フロントドアを開けたところです。スイッチ満載、機能満載ですなぁ。

上部

カバーを開けて上部から見たところ。基板ぎっしり、メカも複雑ですなぁ。上記のカタログ画像によると左が音声、右が映像の回路らしい?今回のターゲットは画像上部のシールドケースに入った、電源ユニットです。

底面

底面のカバーを外すと、ここにも基板が。基板を外すとメカの裏側が見えるけど、今回は用事ないし面倒だからいいか?

実はこれ数年前に某ハードオフで捕獲した物で、入手当初はバッチリ動作してたんだけども、いつの間にか電源が入らなくなってしまったんですよ。コンセントを挿しても全く反応がない状態…ということは電源部が問題だな?ということで、早速調査。

電源部

電源部のシールドカバーを外したところ。

ヒートシンク

背面の突起の正体は、電源部についていたヒートシンクでした。まさに物量投入?

電源ユニット取り出し

電源ユニットを取り出します。ざっと見た感じでは、コンデンサの液漏れやハンダ割れ等は見当たらなかったのだが…

電源トランス

電源ユニットの隣にあるのが音声回路用のトランス。MACLOAD仕様!!こいつも取り出してみるか?

電源基板裏

一応怪しげな部分は、ハンダを盛り直した方がええんかなぁ、、

コンデンサ類

液漏れこそしてないものの、やはりコンデンサが劣化しているのかもしれません。

「バブルデッキ」は愛好者が多く、修理情報など非常に参考になるサイトもありますね。

↑こちらのサイトを見た感じ、私のFS900もコンデンサの交換で復活する可能性が高そうだぞ?しかも各コンデンサの仕様まで載っている!ただ規格が特殊なため入手困難な物もあるようで、ちょっとハードルが高いですなぁ。

出来れば復活させて、「ビデオのデジタル化」に使いたい!このデッキは解像感はないけどノイズが少なく、クリアーで安定した画質だったんですよ。またこの時期のパナのメカは複雑な構造ながらトラブルが少なく、回転不良やテープを喰われたりという事故も起こりにくいから信頼性抜群なんですね。

ただ3倍モードの画質が良くなかったのが弱点。3倍モードに最適化された19ミクロンのヘッドが搭載される前の機種だからね。やっぱデジタル化用には、もう少し新しいビデオデッキを入手した方がいいのか?でもFS900を捨てるのは勿体ないねぇ、修理すべきかなぁ〜…と、中古屋を回りながらしばらく悩んでみます。。

リアルクスで充分だ

|

どうでもええが「リア充」って略語は、えらく語感が悪いなぁ、センスが足りんなぁと思うのは、私だけか?

リアルクス…って話じゃないんです、先日コンパクト形高演色蛍光灯の記事を書く前に、あれほど探しても見つからなかった20W直管形のアームライトを、リサイクルショップで500円でゲットしてしもたよ。こりゃ業務用の正式な「色評価用・高演色蛍光灯」を手に入れて、先日のコンパクト形 (FPL27ANX) と比べてみたいもんですな!?

ということで、ナショナル・パナソニックの高演色蛍光灯「リアルクス(FL20S N-EDL) です。先日の記事で「ナショナルは緑かぶりが激しい」と書いてしまいましたが、あくまで一般家庭用の三波長形蛍光灯での話。同社の高演色蛍光灯の色はかなり良いらしい、とのことで入手。早速写真を撮ってみるか?

FL20S N-EDL FPL27EX-N

(a) ナショナル リアルクス FL20S N-EDL
(+0.5EV/5000K)

(b) ナショナル FPL27EX-N
(+0.5EV/5000K)

FPL27ANX 5000K FPL27ANX 5500K

(c) 三菱 FPL27ANX
(+0.5EV/5000K)

(d) 三菱 FPL27ANX
(+1.0EV/5500K)

EOS 40D, EF-S 10-22mm, ISO800, f5.6, 1/20秒、() 内の数値はRAW現像時の露出補正/ホワイトバランス

昔スキャナーを買った時に付いてきたカラーチャートが出てきたので、白い紙の上に置いて撮ってみました。かなり古い物だから、正確なチャートとしては使えないんだけどね。器具の違いや反射光等によるバラツキもあるから、あまり当てにならないかもしんない?(a)〜(c) と同条件にしたら(c) が暗く青くなってしまったんで(リアルクスは5000K、FPL27ANXは5500Kの光色となっています)そこで(c) を(a) に近づけるべく仕上げたのが(d) です。

んー、やっぱ(b) は白が緑かぶりしてますなぁ。なのにチャートのグレー部分は赤味を帯びているのが謎。(a) や (b) に慣れた目で(c) を見ると、確かに暗い!青い!と感じるのも無理はないか?(d) は(a) に比べて、ほんのわずかに緑かぶりしている気もします。リアルクスとFPL27ANX、光色以外は大した違いはないか?…私が最初にFPL27ANXを試した時に感じた「青緑っぽい!」を感じなくてもすむのが、リアルクスです。あ、それからリアルクスは、昼間に点灯すると窓から入る自然光に見事に溶け込みますよ。蛍光灯を点けている感じがまるでしないので、消し忘れに注意!?

ちなみに先日言及した電球形の高演色蛍光灯ですが、スパイラル・バイタライトというアメリカ製の物があるようです。これも試してみたいが1本5,000円前後か〜、高いなぁ。日本のメーカーが作ったら、半額以下になると思うんだけどなぁ…。

三月は猿

|

今年度の「仕事」も終わって一段落、来月からまたバタバタするの予定。今年は何か、一段落じゃなくて0.5段落しかないような気もするねぇ。それにしてもイチローは凄いです。どっちのイチローやねん!?

EOS Kiss X3出ましたか、今度は動画の撮れるミニ50D?…正常進化っちゃ正常進化なんだけど、どうもパッとしないねぇ。動画撮るならパナのGH1がいいだろ?との話もあるし。dpreviewのサンプルを見た感じ、50Dより周辺の破綻も少なくなってるから(キットレンズの18-55ISの画質は、意外と良い)これは60Dに期待してもええんですか?んー?…しかし最近のキヤノンの絵は、何かモヤモヤして製品同様に?パッとしないねぇ、センサークリーニングの一部有料化やインクジェットのヘッドの単品販売を終了など、サービスも低下気味だし、社内では技術より営業の力が強すぎるから云々…という噂もあったりなんかして、ホンマかいな?某経団連会長は、早く辞任しないかな〜と思っとる、バリバリのキヤノンユーザーでありますw

余談じゃが、パナのGH1のメーカーサイトは、特長が分かりやすくて素晴らしいね。近頃のコンパクトデジカメは、ダイナミックフォトとか、カメラを振りながら連写してパノラマ合成とか?面白機能で勝負しているね。後に「あの頃のデジカメは面白かった」って言われるんかなぁ?使えるかどうかはともかく、ひょっとしたら画期的な撮影技術が生まれるかもしれない?と、生暖かく注目しております。

付けっぱなしズームとして、シグマの17-70mmかトキナーの16.5-135mmが欲しい、それからカメラバッグがでか過ぎるので、もう一回り小さいやつが欲しい、、以上カメネタ終了。

エガっちゃ

|

先日↓こんな物を手に入れたので

えが茶んがっぺむかつく

ついでに関連ページを紹介。

いや〜この人、時々テレビに出て裸で暴れるだけ?の変態芸人と思ったら大間違いだね。意外と知的なトークだし、映画評論も素晴らしい!特にパナウェーブに潜入した話がスゴかったなぁ。

そう言えばパナソニック!…どうなるんだろうねぇ。ブランドだけでなく社名も変更するとは。「松下電器産業」→「パナソニック株式会社」何かが足りないような気がするのは私だけか?あの松下幸之助が創業したものとは、もう別の会社になっちまうのか??

とりあえずYouTube対応テレビに期待ですね。本日はここまで。

一昨日の話になってしまいましたが、デジカメ界のビッグニュース。

ソニカミノルタ!?こりゃビックリでしたね。ニコンとのCCD/CMOS共同開発はどうなるんだろう?今まで通り外販してくれるんだろうか?と心配する声もあれば、タムロン製でαマウントのカールツァイスT*レンズ出るか?いやCCDシフト式手ブレ補正つきのHDハンディカムでしょう?と妄想する声もあり?…え、私はソニー、レンズ交換式やるのならやっぱ独自規格なのかなぁ(ハンディカムの上位機種と共通マウントにするとか?)と思ってただけに、いや〜意外でした。デジタル一眼業界大波乱の予感?ですな。どうなることやら…。

ところで手ブレ補正の基本特許は松下が持っているって本当ですか?確かにパナのコンパクトデジカメ、手ブレ補正で売れてるらしいからなぁ…でも最初に出したのはソニーだったけどうだったっけ?と調べてみたら、、

  • 1990年 電子式手ブレ補正ビデオカメラ パナソニック NV-S1(ブレンビー)
  • 1993年 光学式(アクティブプリズム)手ブレ補正ビデオカメラ ソニー CCD-TR1000
  • 1994年 光学式手ブレ補正35mmコンパクトカメラ ニコン ズーム700VR
  • 1995年 光学式手ブレ補正35mm一眼レフ用レンズ キヤノン EF75-300mm F4-5.6 IS USM
  • 2004年 CCDシフト式手ブレ補正デジタル一眼レフ コニカミノルタ α-7 DIGITAL

あぁ〜、そうだったか、ブレンビーの方が先だったのね…あれって電子式の手ブレ補正だから別物だと思ってたんですよ。んがしかし!今回古いカタログを漁っていて発見、パナソニックがブレンビー以前に出していた手ブレ補正つきのビデオカメラです。

MACLORD MOVIE NV-M900 NV-M900 EIS

パナソニック VHSムービー総合カタログ・1989年9月版より
画像はクリックで拡大します!

MACLORD S-VHS MOVIE NV-M900、S-VHSカセットを使ったショルダータイプで重量約3.4kg、標準価格35万円という物です…今見るとすごいボリュームですなぁ…カタログを読んだところ何とこれ、レンズとCCDをまとめて動かして補正してるんですねぇ、、右の画像はその分解図です(バブル期カタログの定番!)EIS=Electric Image Stabilizerとネーミングされてますが、これは電子式でも光学式でもない、機械式手ブレ補正とでも言うべきか?何ともデカい造りに見えます(笑)しかしこのカメラ驚くべきことに、すでに垂直のみの手ブレ補正が出来る、流し撮りモードを搭載してるんですね。もちろん垂直水平両方向の補正も可能、しかもパン・ティルトの際、一時的に手ブレ補正を解除するスイッチまでついてます。カタログ見る限りではなかなかの完成度かな?

この機種私も当時店頭で見た記憶がないんで、やっぱキワモノだったのかなぁ…値段も高めだしね…あまり台数売れなかったのかとも思いますが、使っていた方おられましたら感想よろしくです。。その後松下はこの機種の反省をふまえて?なのか??翌年ブレンビーで一旦電子式に転向、その後光学式に戻ってからはご存知の通りですね。その辺りの経緯を説明したページがこちらにあります。現在の手ブレ補正ユニットの画像もありますよ!是非一見を。

追記:
先ほど紹介したページに「1988年、民生機世界初の光学式手ブレ補正搭載商品としてビデオカメラPV-460が世に送り出された」とありますが、PV-460は海外のみで発売された製品で、デザイン・機構等はNV-M900とほぼ同じノーマルVHS版のようです。(eBayで出品されていました。←画像あり)国内での発売はこの記事で紹介したNV-M900が初・手ブレ補正ということになるのかな?

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja