まいう〜の鮹語録でタグ「広島」が付けられているもの

ノーモア

|

No More Hiroshima=広島はもういいよ、ってか?

前もいっぺん書いたような気もするが、市長のコメントは相変わらずピンと来なかったなぁ。アメリカの核政策を批判するのはやはり、アメリカに原爆を落とされたからなのか?「核拡散防止」と言えば、6カ国協議はどうなる?イランはどうなる??肝心なところに言及してないから、どうも現実と違う感じがするんだよね…被爆から63年も経って、この日のイベントもどんどん形骸化しているような気がします。被爆の実態や被爆者の本当の思いが、間違った形で後世に伝えられることはないか?そこが心配ですね。

広島人的にはちょっと不謹慎な気もする話じゃが、この機会に書いておくか、、

1〜2年前だったか、「日本は核武装すべきか?」→「国会の場でそのようなことを議論すべきではない」って話がありましたね。あの時は「ぉぃぉぃ言論封殺かよ!議論ぐらいはしてもいいだろう、どうせアメリカとの関係を考えたら核武装すべきではないという結論になるのは分かってるんだから、この際ハッキリさせればいいじゃないか」と思ったもんですが、最近になって議論しないってのもまぁアリなんかなと…いやひょっとして、日本の防衛戦略としてあえて「結論は出さない」って対応をしているとしたら、これはなかなかスゴいな、と。

つまり政府の立場として公式には議論しない、結論も出さない。今までの常識では非核三原則や日米安保があるから、核武装はあり得ないか?という気もするが、「今こそ日本は核武装すべきだ」とか「日本の技術があれば、核兵器はすぐに出来るよ?」とか、まぁ外野には勝手に言わせておけばいい。アメリカ側も釣られたのか、あるいは釣られた振りをしているのか?日本の核武装を懸念する声が挙がってたりなんかするけど、そんなの知ったこっちゃない。で、実際日本は核武装するの?どうなのよ?って話になると、それは誰にも分からない。誰にも分からないなんてヤバすぎる!……こうして日本は核兵器を持たずして、最大限の抑止力を発揮出来るわけですね。核の恐ろしさを知っているからこそ出来る、まさに平和的な防衛戦略だ!?…と思ったけど、実際どうなんだろう??

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という石碑に、主語はなくても構わないのです。日本が悪いのかアメリカが悪いのか?原爆投下に至る紆余曲折とか、そんな話をしてるんじゃない。とにかく史上初の核兵器が実戦でしかも民間人に対して使われ、多くの犠牲者を出す悲惨な結果となったことは、人類全体の大きな過ちである。この過ちを二度と繰り返してはならない……そろそろ隣の国あたりが、騒がしくなってきそうですなぁ。何はともあれ、世界人類が平和でありますように。

関連記事

広島月曜日の恋愛

|

前回のコメントより。広島モナムールって何すか??…え、これ書いちゃっていいのかな?実はコメント主の方に心当たりがあるんですけども…「仕事」先でよく会う方で、80年代ロックについていろいろ教えてもらってるんですよ。ちょうど近くのリサイクルショップにハードロック系のレコードが大量に出てたもんで、買い漁ったりハマったりしちゃいました。お世話になっていますm(_ _)m

「ヒロシマ・モナムール」はアルカトラス(ALCATRAZZ)というバンドが1983年に発表した曲です。リーダー兼ボーカルはグラハム・ボネット、ギターはあの「速弾き」イングヴェイ・マルムスティーンですよ。この曲が収録されたファーストアルバム"NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL"でイングヴェイは一躍有名になりましたが、グラハム・ボネットという人も、何かスゴいぞ!?

no parole from rock 'n' roll with Graham Bonnet

アルカトラスのアルバム"NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL"と、グラハム・ボネット(付録のポスターより)

グラハム・ボネット3部作!?

グラハム・ボネット3部作!?レインボー"DOWN TO EARTH"、マイケルシェンカーグループ"ASSAULT ATTACK(黙示録)"、そしてアルカトラス。

白いスーツにオールバックにグラサン、「血管切れそうな」パワフルなシャウト!日本のファンの間では「ハードロック界の横山やすし」「歌うやっさん」などと呼ばれたらしい(笑)そのハードロックにはおよそ似合わない風貌から、他のメンバーとはしばしばトラブルになったそうですね。アルカトラス以前にレインボー、マイケルシェンカーグループなどバンドを転々としてまして、どちらもアルバムを1枚だけ出して喧嘩別れ…「おこるでしかし!」言うたかどうかは知らんけど(笑)それでも自分のスタイルを変えることは決してなかった、そして彼が残したアルバムは次々とヒットし、ファンからも高く評価されたというのが、また面白いですなぁ。

右の画像(グラハム・ボネット3部作?)の中で、私が一番好きなのはレインボーの"DOWN TO EARTH"です。レインボーと言えばリッチー・ブラックモアのワンマン・バンド?メンバーチェンジを繰り返しながら音楽性も変化していった歴史がありますが、このアルバムはポップな曲とへヴィーな曲が同居していて、飽きない構成ですね。リッチーのギターにグラハム・ボネットのボーカル、そしてコージー・パウエルのドラムで「破壊力抜群」のサウンドを聴かせてくれます。アルカトラスの作品ではアルバムの1曲目に入っている"ISLAND IN THE SUN"も好きですね。インギーはホント、いい曲作るんだよなぁ。

え、話を戻します、、「ヒロシマ・モナムール」を聴いてみよう!

最後に出てくる日章旗を持ったグラハム・ボネット…スゴい絵ですなぁ(笑)それはともかく広島の原爆投下を歌ったこの歌、歌詞はどういう意味なの??

「広島月曜日の恋愛」って何だよ(笑)多分"mon"を"Monday"の略と間違ったんだと思います…そんな感じで今ひとつ信憑性の低い和訳だけど、何となく意味が分かったような気がしませんか?…しませんか…「おこるでしかし!」言わんといてやorz

飛びました!

|

広島空撮ギャラリーへということで広島の空撮写真、別ページにしてあるけぇ右の画像をくりっくしてつかぁさい。本来の任務とは別に余興で観光気分で?窓越しに撮ったものじゃけぇ、写りが悪いのは勘弁してつかぁさいや、、でかい画像もあるけぇ覚悟しんさいよ!?

しかしこれ、ええ景色が見えたら立て続けにシャッター押しまくったんもんじゃけど、後で見たらはて、ここはどこじゃったかのう?てのが多すぎてワロタよ。

さて肝心の任務は・・?うまくいったんかのぅ、ガクブルもんじゃ(汗

ふあぁっ、、今日は一日中寝てました。しばらく休みの日はないようです。ウワアァァン!!

さて昨夜のネタの続きです。広島市内の横断歩道にある、看板いや人形?…市民には古くからお馴染みの、アレですよ。私が昔撮った写真の中でも、ダルマを持って出演してたりしますね。

昔撮った坊や 今の坊や

左が1994年、ダルマと一緒に撮影したもの。その後DQNに腕をへし折られる事故が多発したためか?補強が入れられ、右の写真(昨日撮影)をご覧のように手と頭が繋がってしまいました。これを見たときはもうダルマを持たせることも出来ないか…と落胆したものでしたよ(笑

これって広島ローカルなのかな?他の街では見たことないです。右の写真のように黄色い横断旗を入れるためのもので、元々は通学路に設置するために作られたものか?しかし広島では繁華街やオフィス街など、通学路とは思えないような場所でも見ることが出来ます。この横断旗入れというもの、いつの間にか旗だけが無くなって代わりにチラシやらゴミやらが突っ込まれてしまうのは、全国共通の現象ですね(笑

この「旗入れ坊や」数年前から手と頭が繋がったりしてしまいましたが服装はみな同じ、顔も市内にあるものどれも全く同じだったんで、特に気に留めることはなかったんですよ。すっかり街に溶け込んでいるなぁ、と…が、昨日久々に市街を徘徊してたら顔が微妙にヘンなのを発見。何んじゃこりゃ!?思わず一人でプッッと噴いてしまいました。

つまんねえの。

うつむいています。少しふてくされているようにも見えますね。周りは大人ばかりだから、つまんねぇの、って?…いや、腕に補強を入れてもらえなかったのが気に入らないのかもしれません(笑

弟でちゅよろちく!

これは長年立ってくれている「旗入れ坊や」の、弟分に当たるのかな?兄貴に比べて少しあどけない顔が印象的ですね。でも裏側は兄貴の顔だったんだけど…早速チラシやらステッカーやらが入ってます。グレずに育ってくれることを願っています。

えー、ちょっとこの写真では分かりづらいかな?(クリックで拡大します)とにかく今までずっと同じ顔だったんで、これを見たときは衝撃的でしたよ。下絵の判子?みたいなのがあって、その上に描いているのかな?と思ってたけど、完全に手描きだったんですね。恐らく長年同じ職人さんが描いていたものが、新しい人にバトンタッチされたのではないかと思われます。それとさっき気付いたのが腕章の「交通安全」の文字の有無…この看板(人形)の製造元って何カ所かあるのかな?ご存知の方是非、情報をよろしくお願いします。。

これ以上長居するのもまずいな…2005年11月2日20時20分頃、書きかけのブログ記事を保存して私は店を後にしました。かつて「楽園」と呼んでいたあの店を。店を出たところにある喫煙コーナー横のベンチに座り、京ぽんに向かって記事の続きを打ち込みます。横で酔っぱらった妙なオッサンが何かわめいてます。ベンチに座ってる私たちに何か説教講釈を垂れていたようだけど、私はイヤホンで聴界を遮り京ぽんと格闘してたから、何を言ってたのかよく聞こえないや。「何もかもが変わっちまった」と打ち込んだ時…つか、あの時煙草を吸いに来てたねいちゃん、喫煙コーナー内でオッサンを避けるのに必死だったなぁ(笑

地下街への招待。
楽園2005?

↑「楽園」レストランからの風景。こちらの写真と比べてみてください!?

そうそう、7年前の「楽園」を撮った頃、あの頃はまだ紙屋町交差点に横断歩道があったんだよね。地下街が出来てから、地上の死臭は地下に閉じこめられてしまったか!?…紙屋町地下街については「楽園」とは別に昔撮った面白いネタがあるんで是非定点撮影とかしたいんだけど、あそこでカメラを構えるのは自殺行為かなぁ…。

地上を臨む大きなレストランだったあの場所は、いくつかの店に分割されていました。カレー屋(いやピザ屋だったっけ)やらたこ焼屋やら…その中であのレストランの残りと思われる「センター食堂」へ向かいます。窓からの風景が見えそうなところは、そこしかなかったんですよ。

辛うじて窓際の席をゲット…店は仕事帰りのサラリーマンで一杯でした。40代以上の男性ばかりで、みんなビールを片手に談笑しています。奥の方には今までなかったお座敷席?みたいなのも見えます。酔いを増幅させる?演歌がかかってます。

あれ?昔はもっといろんな客がいたような気もするんだけどなぁ…微妙にメイドっぽい?服装の若い女店員とかもいたりなんかして…こりゃ確実にターゲットを絞ってきてますね。とりあえずトンカツ定食を一発。飲み物は…いいです、、ホントは一杯やりたかったんだけどね、車で来てるからしょうがない。スーツ姿の中年サラリーマン達の中でカメラを片手に挙動不審な30代前半の、ちょっとアキバ系気味でニート臭漂う独身男…明らかに浮いてますね。嗜好の多様化により客を選ぶ店が多くなりました。ここはあの風景を見たい欲望+それなりの空腹がないと、ちょっと入りにくい店になってしまいましたね。私は一体どこへ行けばいいのだ!?…窓からの風景があの頃とあまり変わってなかったのが、せめてもの救いです。

「楽園」に入る前、あるものを入手するためにデオデオからハンズ辺りを徘徊してたんだけど、そこでまた妙なことを発見しました。別記事で書くか…。

あ、書き忘れてました、EOS 20Dの修理内容は「前板ユニット交換」AFセンサーやらミラーやら含む一式ゴッソリ交換です。豪快ですな、今どきの修理ですな!?前回の修理でメイン基板も交換してるし、もう「初期ロット」とは呼ばせないぞ!?なんちて(笑

やっぱ広島人としては、今日はこのことについて語らんといけんかのう…人類史上初めて、核兵器が戦争で使われた日…昔このサイトにも書いたような気がするんじゃが、はぁサーバー上からのうなってしもうたんよ。もういっぺんここに載せるけぇ、暇じゃったら見てつかぁさい。3年前に書いた文章ですけん。


昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
(クリックで拡大します)

「世界平和の祭典」 (2002年8月7日・まいう〜の戯言)

昨日(8月6日)は広島・原爆の日でしたね。広島周辺在住の身として?この日はやはり特別な意味があるんですか?てな話があったんで、ちょとここに書こうかと思います。。

広島出身の方なら誰しも記憶にあるでしょう、子供の頃の「平和教育」…はい、私も小学生の頃から毎年、この日になると「1945年8月6日にこんな悲惨なことがあった。このようなことは二度とあってはならない。」という主旨の話を何度も聞かされた上、8時15分には必ず「黙祷」、夏休みなのに学校は登校日だったりして、この手の本や映画などをたっぷりと見せられたりして…この広島の「平和教育」、全国的に見ればいろいろ賛否両論もある?ようなんですがね、(日本の加害者責任?あたりも含めて)とにかく、私はこのように教育されてきたわけなんです。

で、一時期、「昔撮った杵柄」の頃ですね、この日は一日中平和公園で写真を撮りまくってたこともありました。(右の画像→)毎年この日の平和公園は朝の祈念式典と夜の灯籠流しを中心に人でごった返すんですが、ある年一緒に行った写真部同輩の一言。

「これは、お祭りだね。」

…なるほど。確かにそうなんですよ。一日中いたら分かるんですが、当初の「原爆犠牲者の慰霊」という意味合いよりは、世界中からいろいろな平和関連?の個人・団体が集まって活動し交流を深めている?そういった光景があちこちで見られます。ちょっと話それるんですが今から20〜30年前あたりに制作された原爆関連のドキュメント番組(先日NHKアーカイブスでも放送されましたね)とか見ると、それはもうリアルなんですよね、トラウマ感抜群。(古いフィルム映像のせいもあるんでしょうが)あぁ、まだこの頃は原爆の記憶がかなり残っていたんだなー、と思いますよ。そうです、記憶は確実に風化しているんです。でもこれは仕方がないことだと私は思います。時間がたてば風化するのは当たり前なわけでして、当時を知りければ古い記録や遺品などをたどっていくしかないんですよ。え、もう、「世界平和の祭典」で、いいんではないかと。「世界平和を祈ろう」をテーマに?人々が集まる日、この「世界平和」というテーマが失われなければ、それでいいんではないかと。もちろん「慰霊」は忘れてはいけませんけどね…。

、と、ここで一つ湧いてくる疑問が「世界平和って、何?」ってやつ、これがまた難しいんです、平和公園を撮り始めてからずっと続いている疑問ですね。冷戦が終わって湾岸戦争があった頃だから余計そう感じたのかもしれません。最近では同時多発テロがあってそれに対する?有事立法、北朝鮮からの亡命者問題、凶悪犯罪の多発?など、考えれば考えるほど分からなくなっています。これほど立場によって解釈の違う言葉も珍しいですよね。で、それぞれが違う「世界平和」を胸に秘めつつ集まり、何だかよく分からないけどいろいろやっているこの日の平和公園、んー、どうなんだろう?、これはこれでいいのかな??

…何かえらく固い話になっちまいますた、え、私も訳が分からなくなったんで、これにて失礼。。


今年も広島市長は北朝鮮の核問題についてほとんど触れんかったのう、ヒロシマ言うたら核兵器廃絶じゃけぇ、今一番重要な問題じゃと思うんじゃがのう…まぁ、旧社会党の人じゃけんね(以下自粛するけんw)…昨夜TBSでやった番組、チクシテツヤはともかくCGやら再現ドラマやらがえかったのう、でもアメリカの科学者を広島に呼んで被爆者と対談する企画、ありゃあ何ね?TBS的には期待を裏切られた、みたいなこと言うとったが、まぁあれだけ立場が違うとしょうがないんかのう…わしゃどっちが言うてることもそんなに間違うてない思うてます…原爆もじゃがあの大戦も、いっぺん広島でも日本でもアメリカでも中国韓国でもない第三者から客観的に見て、資料やら証言やら集めて検証したらええんじゃないかのう…人が生きとるうちに早うやらんといけんよのう…。

タグ

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja