まいう〜の鮹語録でタグ「写真用品」が付けられているもの

カメラバッグの話。

Lowepro Stealth Reporter 650AW & D400AW約5年前にEOS 20Dと一緒に買った、ロープロのステルスリポーター650AWを愛用してましたが、そろそろヘタって来た&ちょっとデカ過ぎねぇか?ということで、同シリーズのステルスリポーターD400AWを入手しましたよ。

やっぱステルスリポーターは、機材の出し入れがしやすいのがいいねぇ。現場では常に慌ててキョドって?しまうんで、ガバッと取り出しズボッと放り込めるバッグが一番であります。レンズを下側にして突っ込むスタイルはデジタル一眼に最適、収納した状態のままモニターを見ながら画像再生したりメニュー操作をしたり、機種によってはバッテリーやメモリーカードの交換も出来るから、便利だねぇ。あ、それから使い方のよく分からない謎な仕掛けがあちこちにあって、いつも新しい発見があるのもいい!…て、これはあまり関係ないか。

650AW & D400AW

左が650AW、右がD400AW。

650AW & D400AW

650AWは中身が入った状態なので、あまり比較にならんかもしれない…

背面ベルト

背面下部に細いベルトがあります。恐らく腰に回すと長距離移動が楽になるんじゃないかと思います。んーあまり使わんか??

付属ケース類

付属のアクセサリーポーチ(左)と、12枚収納可能なメモリーカードケース(右)。さてどう使おうかねぇ。てかメモリーカード12枚も持ってねぇし…

AWカバー

650AWとD400AW両方に、バッグ全体を包む「AWカバー」が装備されています。撮影中じゃなくて移動中に使うもんだし、使用頻度は低いかもしれんけど、あると安心ですなぁ。相変わらず着脱不能なのが残念だが…。

AWフード

650AWには上部のみを覆う「AWフード」がありましたが、現行のシリーズでは無くなってしまったみたい。天面のジッパーが防水仕様になったので不要になったということかもしれんが、雨の日の撮影は大丈夫かなぁ…ちょっと不安。

早速当方の常用機材:

  • EOS 40D + バッテリーグリップBG-E2N + EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
  • スピードライト580EX II + 外部電源CP-E3
  • EF 50mm F1.4 USM
  • SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC
  • EF 28-105mm F3.5-4.5 II USM
  • EF 70-200mm F4L USM

を入れてみました!

in 650AW

650AWに入れたところ。ブッカブカですやん!最初はこれに「仕事」道具を全部入れようと思ってたんだけども、結局別バッグにした方がいいや?と、こうなっちまったですよ。背面(画像下部)のPC収納スペースには、書類やらプリントファイルやら入ってます。無理をすればさらに後方に折りたたみ式の踏み台を入れたり出来るのが、恐ろしいですなぁw

in D400AW

D400AWに入れたところ。ぴったりサイズだ!パーティションの位置や小物類のレイアウトなど、まだ調整する余地ありです。実働時はもう少し物が増えて、パンパンになるかもしんない?w

まだ実戦投入してないんでどこまで使えるか?不安な点もあるけど(650AWは踏み台が入るメリットが大きいですなぁ…)しばらくは「仕事」内容に応じて、大バッグ・小バッグと使い分ければいいか…以上、あまり使いこなしてない?カメラバッグネタでした。。

リアルクスで充分だ

|

どうでもええが「リア充」って略語は、えらく語感が悪いなぁ、センスが足りんなぁと思うのは、私だけか?

リアルクス…って話じゃないんです、先日コンパクト形高演色蛍光灯の記事を書く前に、あれほど探しても見つからなかった20W直管形のアームライトを、リサイクルショップで500円でゲットしてしもたよ。こりゃ業務用の正式な「色評価用・高演色蛍光灯」を手に入れて、先日のコンパクト形 (FPL27ANX) と比べてみたいもんですな!?

ということで、ナショナル・パナソニックの高演色蛍光灯「リアルクス(FL20S N-EDL) です。先日の記事で「ナショナルは緑かぶりが激しい」と書いてしまいましたが、あくまで一般家庭用の三波長形蛍光灯での話。同社の高演色蛍光灯の色はかなり良いらしい、とのことで入手。早速写真を撮ってみるか?

FL20S N-EDL FPL27EX-N

(a) ナショナル リアルクス FL20S N-EDL
(+0.5EV/5000K)

(b) ナショナル FPL27EX-N
(+0.5EV/5000K)

FPL27ANX 5000K FPL27ANX 5500K

(c) 三菱 FPL27ANX
(+0.5EV/5000K)

(d) 三菱 FPL27ANX
(+1.0EV/5500K)

EOS 40D, EF-S 10-22mm, ISO800, f5.6, 1/20秒、() 内の数値はRAW現像時の露出補正/ホワイトバランス

昔スキャナーを買った時に付いてきたカラーチャートが出てきたので、白い紙の上に置いて撮ってみました。かなり古い物だから、正確なチャートとしては使えないんだけどね。器具の違いや反射光等によるバラツキもあるから、あまり当てにならないかもしんない?(a)〜(c) と同条件にしたら(c) が暗く青くなってしまったんで(リアルクスは5000K、FPL27ANXは5500Kの光色となっています)そこで(c) を(a) に近づけるべく仕上げたのが(d) です。

んー、やっぱ(b) は白が緑かぶりしてますなぁ。なのにチャートのグレー部分は赤味を帯びているのが謎。(a) や (b) に慣れた目で(c) を見ると、確かに暗い!青い!と感じるのも無理はないか?(d) は(a) に比べて、ほんのわずかに緑かぶりしている気もします。リアルクスとFPL27ANX、光色以外は大した違いはないか?…私が最初にFPL27ANXを試した時に感じた「青緑っぽい!」を感じなくてもすむのが、リアルクスです。あ、それからリアルクスは、昼間に点灯すると窓から入る自然光に見事に溶け込みますよ。蛍光灯を点けている感じがまるでしないので、消し忘れに注意!?

ちなみに先日言及した電球形の高演色蛍光灯ですが、スパイラル・バイタライトというアメリカ製の物があるようです。これも試してみたいが1本5,000円前後か〜、高いなぁ。日本のメーカーが作ったら、半額以下になると思うんだけどなぁ…。

お次はカメラネタ、、先週の話なんですけどもようやくEOS 40Dに付けるマグニファイヤーアイピース、オリンパスのME-1を入手したんで、軽〜くインプレしてみますです、

EOS 40DにME-1を装着。

EOS 40Dに装着したところ。接眼部が意外とデカいですな?液晶モニターにカブってるように見えるけど、実際は問題なくモニターを見ることが出来ます。

裏面下部を加工。

モニターのふちの部分、正確には液晶保護シート?にわずかに干渉するので、このように裏面下部を少し削ってみました。

倍率は約1.2倍。奥に引っ込んでいたファインダー像が、そのまんま手前に出てきたような印象ですね。視度調整もほとんど動かす必要がなく、アイポイントが少々ずれても像がボケることはありません。(ただ像が前に出る分、例によって眼鏡使用の方はちょっと厳しいかも…)Ef-Sスクリーンとの組み合わせでMFもバッチリ、これは素晴らしい!もっと早く買っとくべきだったよ…。

アイピースへの装着感はスムーズに入った後カチッとロックがかかるような感覚があるので、抜け落ちる心配はなさそうです。と思ったらこれ、ロックじゃなくて液晶モニター上部に「乗り上げる」形になってるのね。マグネシウム合金の部分だから傷はつきにくいと思うが…裏面下部を加工する際は削りすぎないように、透明プラスチック部分だけを避ける形にした方が良いかと思います。それから左右方向に若干遊びがあるけど、ファインダー像にはあまり影響ないから特に対策する必要はないか…?

カメラネタついでに話変わります。シグマのDP1、いつの間にか正式発表されたみたいだね。

実写画像を見てぶっ飛んだ…何ちゅう解像感!!もはやコンパクトカメラの絵ではない、一眼レフをも超えちゃってますね。シャープと言うよりは繊細・緻密な画質に、思わず見入ってしまいました。リアル460万画素だぜ!?高感度のノイズがちと残念だが…でも以前のFOVEON機よりは、かなり良くなってる気がしますよ。まだまだ発展途上のセンサーなので今後に期待、そして他社もAPS-Cセンサーのコンパクトカメラを出すのか?気になりますね。

先週は久々に風邪でぶっ倒れたりその間車を車検に出してたり、2日連続で夜中まで友人に会ってたりと、何やわけわからん一週間でした。うぉ〜時間ねぇ…とりあえず先週書きそびれたネタから。

車検に出すために普段は車内に常備してある小物類を一旦降ろしてたんで、それを再び積み込んで「仕事」に出かけたんだけど、「うわっ!アレを忘れてしもた!」

普通の踏み台低身長カメラマンの必需品!?てか、狭い室内や立ちポーズでの顔写真の撮影などに必要なんですよ。脚立というか踏み台ですね。今までは右の画像のような、オーソドックスな物を使ってました。報道カメラマンとかはもっとゴツイのを持ってたりするけど、私の場合はこれで十分。軽量コンパクトなのが一番です…と言っても、これでも意外と嵩張るし邪魔なんだよなぁ…とにかくこれがなくては「仕事」にならないので現地調達、最寄りのホームセンターへGO!…そこで見慣れない形の踏み台を発見、入手しました。

プラスチック製 折り畳むとコンパクト!
オールプラスチック製。 折り畳むとコンパクト!

オールプラスチック製で箱のような形、折り畳むとペッタンコになります。てか、レゴみたい(笑)…この造り、日本人のセンスじゃないよね?多分中国製か何かだと思うけど…価格は1,580円だったか?「普通の踏み台」が980円だったのでちょっと高めなんだけど、何と言ってもこのコンパクトさが気に入りました!内側にはハニカム状のリブが入っていて、強度を確保しているようです。が、果たして耐久性はどうなんだろうね?「普通の踏み台」をスペアに用意しつつ、試用中です。

さて話変わって予告、iPod nanoで使うイヤホンです。MDR-EX90SLの音は気に入ってるんだけど、ちょっと思う所あって違う物を試してみたいな〜と。とりあえず手軽なアレをイっとく?…って、またイヤホンレビューやるんですか??…只今エージングしながら耳の穴をカッポジって準備中です。御期待無用ですがな。

ストラッピン

|

日曜日は一日中仕事でした。いつもの「仕事」先とは違うところなんだけども、イベントの撮影。お世話になりました!っつか、朝から晩までみんなようやるわ。ちなみに広島県某所ですが「原爆の日」とは何の関係もありませんのだ。一応車の中で黙祷したようなしてないような……いかんいかん、このまんま寝てしまいそうだ、朝早いのダメなんですよ。そんなわけで昨日は「爆睡の日」うー、頭が回らん、、

キヤノン プロストラップ先日の航空撮影の帰りに入手したブツ。カメラのストラップ替えました。キヤノンのプロストラップいうやつですな。以前使ってたのが「ジェントルストラップ」ってやつ、EOS 20Dを買うちょっと前に入手したんだっけ?結構気に入ってたんですよ。これが酷使のためヘロヘロになってしまったんで、そろそろ替えたいなぁ〜、「ジェントルストラップ」はすでに販売終了してるし、いい物はないかな?というところ「プロストラップ、柔らかくて使いやすいですよ」とのことで即購入。3,150円。カメラの吊りひもの割りには、ええ値段しますなぁ。ボッタクリか!?いやいやいや、下手な物を使って切れたりしたら、カメラごとパァですからね。カメラの命綱みたいなもんですから。ケチっちゃいけません!ところで100円ショップの携帯ストラップはすぐに金具が分解して千切れるのは何でだぜ?

プロストラップとは元々メーカーがプロサービスの会員向けに配布していた物です。一般販売されていないので一部のアマチュアカメラマンの間では高値で取引されているらしいですね。んが、私が昔プロサービスを受けているカメラマンから聞いた話「会社にゴロゴロしてるし、タダだし」「メーカーへ行けばいくらでももらえるよ。ストラップがヘタってきたらカメラごとメンテに出せば、新しいのに付け替えてくれるから丁度いい」だそうで。んー、所詮は販促グッズってとこなのかなぁ…と。「知り合いの新聞記者からもろて来たよー」とか、よくあることでした(笑)15年ほど前の話。新聞社では圧倒的にニコンが多かった時代。ニコンのプロストラップはしなやかで使いやすそうな素材だったなぁ。実は私も「ストラップいる?」と言われたことがあったんですけども、キヤノン使いだしなぁ…(F-1を使ってました)と躊躇してしまいそれっきり(笑)もらっときゃよかったか!?

その後ニコンはプロストラップの流出を抑えるため?シリアルナンバーを打って管理するという対策をとったかと思ったらオンラインショップで一般販売、かと思ったら新しいプロストラップはさらに厳重管理されているらしい?という状態。一方キヤノンはプロサービスでも市販品と同じストラップを配布、プロストラップは廃止か?と思ったら今回の復活、ただし一般の物と同じように販売、という状態ですね。(事実上のプロストラップ廃止ともとれるか?)メーカーはプロストラップに「プロ専用」としてのステータスを持たせたいのか否か?どっちやねん!と。ちなみにここ10年くらいに会ったもしくはネット上で見たプロカメラマン(写真撮影を職業としている人全般)のほとんどがプロストラップには興味がない、ストラップなんかどうでもええやん?みたいな感じだったことを、ここに記しておきます(笑

プロストラップとジェントルストラップ ヘタりまくり

プロストラップとジェントルストラップの比較。裏面の滑り止めの仕上げが異なります。

吊り金具に当たる部分がこんなになるまで使ってはいけません!!!

スリング キヤノンレッド ストラップ3種

昔のキヤノン使いにはお馴染みの?「スリング キヤノンレッド」これもかつてプロストラップだったのを同じデザインで一般販売した物らしいです。発掘品のため汚くてスマソ。。

プロストラップ、ジェントルストラップ、スリング キヤノンレッドの比較。プロストラップは肩当ての部分が短いのが特徴です。

さて感触と使い勝手ですが、柔らかさは「ジェントルストラップ」とあまり変わらないですね。布地の部分は「ジェントルストラップ」よりしっかりしていて、耐久性もあるのではと思います。しかしこれ、「ジェントルストラップ」と比べるからいかんのだけども、派手ですなぁ、目立ちますなぁ(笑)ワインレッドに金色の刺繍、かつての「本物」のプロストラップと同じ配色なんだけども、プロともアマとも言い切れない?立場の私がこれを使っていいのかどうなのか?どうでもいいか(笑)今や普通に売ってる物だしね。出来れば黒かグレーの色違いバージョンも作ってもらいたいなー、とも思っております。

どもです。今夜の予定はバッチリです。まずフィギュアスケートを見て、それから明石家サンタを見ます!…サンタクロースはフジテレビかよ…orz。。

そんなわけで?本題。昨日の記事で紹介したニコンD200用のマグニファイングアイピース、DK-21Mをようやく入手したので紹介します。とりあえず参考になった掲示板スレッドをもう一度。

DK-21Mパッケージ EOS 20Dに装着。
  DK-21Mのパッケージ。 EOS 20Dに装着したところ。

広島市内の某店で実売2,520円で購入、早速EOS 20Dに付けてみたらこんな感じでサクッとはまりました。見た目もあまり違和感ないですね。んが、何か緩い、緩すぎるぞ!特に左右方向に大きく遊びがあります。これでOKという人もいるかもしれませんが、私の実戦使用ではこれ、間違いなくポロッと外れて無くしてしまいますよ(笑)んー、隙間を埋めねばならんか…。

ビニールテープを貼る。←と、言うことで…今一つ見づらい&汚い画像ですんません。レンズの両脇、アイピース取り付け枠に接する部分に、こんな感じでビニールテープを細長く切り、二重にして貼ってみました。4本のビスを塞ぐような形ですね。このビニールテープは電気配線の絶縁用として売られている物ですが、柔らかく弾力性がある素材なので細かい隙間を埋めるスペーサーとしても重宝しています。再度装着してみると…しっかりハマリましたよ!これなら抜け落ちることもないでしょう。左右方向の遊びが大きかったので位置決め(センタリング)する必要があるかな?とも思いましたが、ファインダーの視野にはそれほど影響はなさそうなので、まぁこれでいいか…!?

で、肝心の見え味ですが…仕様通り、少し大きくなりますね。ってそのまんまですやん!…しかし再度DK-21Mを外して見たらファインダー像が非常に小さく見えます。もうこれ無しではやっていけない!?……ただ、アイポイントがかなりシビアになりますね。DK-21Mの出っ張りを眼球周りの窪みに食い込ませるような形で覗くと、ファインダー表示を含めた全視野が快適に見渡せるようになります。(ある意味目にフィットする、とも言う?)眼鏡使用の方は、これで全視野を見るのは難しいかもしれません。前述の掲示板でも報告されているように、視度調整をマイナス3〜4クリックほど動かす必要がありました。視度調整なしでいけるという人もいるようなので、個人差があるのかもしれませんね。

EOS 5Dなどのフルサイズ機の対応は…?試しに手元にある初代EOS-1(フィルム一眼レフ)に装着してみましたが、意外と違和感なく、EOS 20Dと同じような感覚で見ることが出来ました。アイポイントの厳しさは相変わらずだけどね…DK-21Mの対応機種にはF80、F50などのフィルム機も挙げられているので、まぁそういうことなのでしょう(笑

DK-16?←あまり関係ないけどDK-21Mの底面、ゴム製の接眼目当てにDK-16という型番が入っています。これは何?…友人によるとF70だったか80だったかに標準装備されている物らしい、とのことでしたが、ニコンのオンラインカタログには掲載されてませんね。これを取り外してもっと大型のアイカップなどを装着できるかな?とも思ったけど、なかなか外れないんですよ。このままでも目にフィットするから(笑)いいか、でも別型番のパーツになっている以上、外れるに違いない、外してみたい!!!??んー、謎です。。

 

EOS 20Dガードフィルム←最後におまけ。一緒に買ったエツミの「プロ用ガードフィルム」。各社デジタル一眼用、およびフリーサイズも発売されているようです。EOS 20D購入時から使っていたんですが、さすがプロ用!まるで貼ってないかのようなクリアーな画像を見ることが出来ます。しかしやはりプロ用!?うまく貼るにはプロ級の腕が必要なんですよね(笑)クリーニングクロスとブロアーを用意してよくゴミを取り、必要ならばフィルムの表面にセロテープを軽く貼って少し持ち上げて空気を抜きながら…という風に、注意深く作業した方がいいようです(これも友人談)ところでなぜ2枚組になってるの?…しばらく使えば分かりますよ。これ、傷が付きやすいのが弱点なんですよね。2枚目も傷だらけになってしまったからこうして買い直しているわけで…ここは是非「プロ用」の名に恥じないように、プロの酷使に耐えられるよう改良して欲しいもんですね。え、暇があるときに精神統一して?貼り替えようと思ってます。。

またもやカメラ話ですまぬ・・・あ〜〜20D早く返ってこないかなぁ〜〜、このままでは10Dが欲しくなってしまうではないかっっ!・・・んなこたーない、とは言い切れないところが恐いですな、、実写画像キボンヌ!?とのことで、とりゃーえず10Dの実写画像でもいっときます、これがねぇ、近ごろはめっきり「仕事」以外でシャッター押す機会が無くなってしまったちうか撮るものがない!!これはヤヴァイですね〜。さすがに人物写真をここで晒すのはアレなんで、風景や建物を撮ったやつなら大丈夫かな?ホンマかいな??元々「仕事」半分カメラテスト半分で撮ったもんやし、まぁいいか!?ということで、しょーもない写真でスマソ。なお、クリックすると元データが開きます。ラージファインで撮ったものなんで重いかもしんない?要注意でよろしくでっす。

試写画像 夕刻の某建造物。空がえらく濃ゆい色になったのでビクーリしましたよ。昔よく使ってたコダクロームの色をちょっとだけ思い出したりなんかして・・・これがEOS 10D+シグマの安ズームの色とは信じられないかも!?多分ISO400で撮ってしまったのが原因かもしれません、?、空に若干ノイズが出てますね。ん〜やっぱ感度下げるべきだったかなぁ〜。。
(元データ:約2.3MB)

試写画像 黒と白の、呑気でちょっと寂しげなヤツ。私が近寄ると向こうも近寄って来て、ジーとこっちを見るんですよね。これも意外とハイコントラストになっちまいました。。
(元データ:約1.9MB)

試写画像 こちらは修理に出す前の20Dで撮ったもの。800マンガソです!つか、これも建物反射系ですか?この時間帯の光、好きなんですよ(笑)こうして見ると20Dって10Dに比べて淡泊っつか色が薄いかも?と思ってしまいますね。条件が全然違うんで何とも言えないけど。ここの紅葉はすでに、ほとんど落ちてしまってます。夜になるとグッと冷え込む場所なんですよね。。
(元データ:約3.9MB)

ところで昨日、「コンパクトバッテリーパックCP-E3」てやつを買ったんですよ。ストロボの外部電源。550EXのチャージの遅さにはすっかり参ってたんだけど劇的に改善されてビクーリ!しかしこいつ、中途半端にコンパクトなんですよね(笑)ポケットに入れるにはでか過ぎるしストラップを付けて肩から下げるには小さ過ぎる・・・ちょっと収まりが悪いかもです。何か良いアイデアはないでしょうか??

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja