まいう〜の鮹語録でタグ「三菱」が付けられているもの

三菱のバブらないデッキを入手

(関連記事:開腹レポート〜パナソニックのバブるデッキ

HV-SX300んなわけで「仕事」先近くのリサイクルショップで、割と新しめのビデオデッキを入手してしまいましたよ。三菱の"HV-SX300"ってやつ、リモコン付きだが「録画機能は未確認」の半ジャンク状態で1,600円、いや再生が出来れば十分安いぞ!?

2001年の製品、S-VHSとしてはほぼ末期の物になりますね。この頃になるとバブル期に比べてかなり簡略化・コストダウンが進み、造りがショボくなった代わりにデジタル処理で画質を向上させた設計になってます。このデッキにも「3次元NR」「デジタルTBC」とかいうのが付いてますなぁ。

HV-SX300内部

バブルデッキFS900と違って、小型軽量ですなぁ…とカバーを開けてみたら、ショボっっ、スッカスカやんけ!!メイン基板1枚に、左端のシールドケースは、恐らくデジタル処理用の回路か?…こちらの画像と、比べてみてくださいw

メカを外したところ。

メカ部分を外したところ。ホントに基板1枚だけだ!メカの裏側にゴムベルトが1本あって、それの劣化具合を見るためだったんだけども、裏側の写真撮るの忘れてしもた…単純な構造です。まぁメンテナンス性が良いのは、いいことかもしんない?

中身を見て「あちゃー」となってしまったが、FS900の元値は17万8000円、このSX300は3〜4万円程度の物だから、しょうがないね。

手近にあったテープを再生してみると、へぇ〜結構綺麗に映るやん?…メインの送り出しデッキは、これでいいような気もしてきました。でもやっぱ、FS900は勿体ないなぁ…

ちなみに「録画機能は未確認」の件、試してみたらレインボーノイズが出っぱなしになる状態。消去ヘッドの不具合か?上の画像でメカを外して組み立てたら直ったっぽい…まぁどうでもええわ、とりあえずあの店の「動作未確認」=「不具合あり」だと、覚えておこう(笑

太古のビデオモニターを発掘

さぁ、上記のビデオデッキをPCのキャプチャーユニットに接続して、早速「ビデオのデジタル化」だ!しかしキャプチャーを通してPCで見る映像は、恐ろしく遅延が大きいぞ。頭出しやチョイ見等が、非常にやりにくいぞ!

そこでPCの近くに置いてビデオデッキから直接入力出来る、小型のビデオモニターが欲しいなぁと。再びリサイクルショップのお世話になるか?14インチのブラウン管テレビなら、捨て値で叩き売られておったからなぁ…いや待てよ、そう言えば似たような物が、物置の奥に眠っていたような気がする…そいつの動作確認をしてからでも、遅くはないんじゃないかと。

CVM-1370ソニーの13インチチューナーつきモニター、"CVM-1370"です。一応「業務用」だかどうなんだか?ローカル局の編集室等で、よく使われていたタイプらしいです。1984年製!キューブ状の筐体が、何となく可愛いですなぁ。前面ガラスを固定するビスが、1本飛んでおりますw

6〜7年ほど前にジャンクで入手して、寝室でビデオを見るのに使えるかな〜と思ったけど、結局使い道がなくてお蔵入りした物、保存状態が良くなかったから果たして動くかどうか?チューナー付きだから捨てると金がかかるから、使えるもんなら使いたいねぇ。

前面

前面のシーリングドア内部。チューナーの設定が10キー、画質調整は全てアナログボリュームってのが、対照的ですなぁ。

背面

背面、何とも時代を感じる?端子群。音声はミニジャック、映像はBNCになっていて、RCAの変換アダプタをかませば普通にビデオデッキを接続できます。下部の角形8ピンは太古の製品でよく見かけるけど、通常のコンポジットに変換するケーブルってあるんか知らん?

開腹!

開腹、電源部ユニットを開いたところ。年代相応だが、思ったほど汚れてなくて良かった。

ブラウン管の裏

スーパーファインピッチ・トリニトロン管。何故か管の裏に価格が書いてあるんですよ。ブラウン管だけで7万円!?後にMacの純正ディスプレイに採用されたタイプじゃないかと思います。

外装と内部を軽く掃除してチェック、結果は…バッチリ映りましたよ。スーパーファインピッチと画面の小ささもあってか、すごく鮮明ですなぁ。色がちょっと怪しいところがあるのがアレだが、25年も前の物だからね、調整すれば何とかなるか?プレビュー用には十分です。恐るべし昔のソニー。

一応機材は揃ったから、次はビデオテープの発掘だ!これが長年押し入れで放置中なもんで、どうなってるか分からんのですよ。内容不明な物も多々あるし、それ以前にちゃんと再生できるかどうか?不安…wktk、gkbrもんですなぁ。

昨日の液晶モニタ繋がりみたいな?パソコン周りを照らす照明の話。

一般の蛍光灯より暗いが、太陽光に近い自然な色再現性を持った「色評価用・高演色蛍光灯」という物があります。印刷物の校正や美術品の鑑定、写真用のライトボックスにも使われてますね。

是非これを普段の照明に使ってみたい!と思ったですが、業務用の製品という位置づけのためか各社ともに、基本20W/40Wの直管タイプしかないんですよ。ウチには適合する器具がない!20W直管のデスクライト、これも一般的じゃないからか意外と高いし、どうすればええんじゃ?と。

自室のパソコンラックに取り付けてある蛍光灯は、↓こんなやつ。

FPL27コンパクト形蛍光灯

デスクライトでは一般的な「コンパクト形」と呼ばれるタイプですね。2本柱で27Wの、"FPL27〜"で始まる型番の蛍光管を使用します。こいつは管の種類があまり選べないのが弱点、近所の量販店じゃ「ナショナル」(パナソニック)一択ですやん。ナショナルは確かに明るいけど、昼白色でもやたら緑かぶりするって言われてますなぁ。だかしかし、このタイプで唯一「高演色蛍光灯」を作っているメーカーがあるらしい?

FPL27ANXパッケージ三菱電機オスラムの "FPL27ANX" です。元々は同社のデスクライト「アイメイト」の専用ランプとして開発された物ですが、"FPL27〜"の器具ならどれでも使えるようです。

この味気ないパッケージ(笑)でも裏には特長として

  • 高演色Ra95
  • 新光色 色温度5500K
  • 自然光に近い連続スペクトル

と書かれてますよ。どんな物かwktkしながら交換してみたら…

第一印象は「うゎ、暗い!しかも青緑っぽい!!こりゃ失敗か?」…しかし写真を撮ってみて二度ビックリですよ!

FPL27EX-N FPL27ANX
ナショナル FPL27EX-N (昼白色) 三菱 FPL27ANX

EOS 40D, EF-S10-22mm, ISO1250, f5.6, 1/25秒、RAWデータ現像時にホワイトバランス:5500K, ピクチャースタイル:忠実設定で、条件を揃えてあります。

ナショナルの方、もろ緑かぶりですやん!人間の目のオートホワイトバランスは素晴らし過ぎて、時に困ることもある?でもFPL27ANXの色に慣れたら、以前より色の豊かさを感じるようになりましたよ。少し冷色系(色温度高め)だけど、木目などの赤の成分が冴えるんですね。そして重要なのが、液晶モニタの発色も良くなった、目の疲れも少なくなったということ…高演色侮るなかれ、ですなぁ。

高演色蛍光灯、もっと一般に売れんもんかねぇ…電球形や円環形も出して欲しい!!近いうちに一般家庭用の白熱電球は廃止される方向らしいけど、そんなの嫌だ!電球の光がいい!という声が聞かれるのは、光色の暖かさだけではなく演色性の高さが求められてるんじゃないかという気がします。(かくいう私も白熱電球を使用中。某所で手に入れた交通信号用の電球…5年使ってもなかなか切れない)明るさよりも自然な光が欲しいという需要は、意外とあると思うんだけどなぁ。。

タグ

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja