まいう〜の鮹語録でタグ「EOS D30」が付けられているもの

先日から愚痴っている、「仕事」以外のシャッターを押したい!という件、しかしメインカメラのEOS 20Dお仕事仕様(バッテリーグリップ+ブラケット+ストロボ+外部電源付き)でスナップを撮ろうと思ったら非常にかったるい件。スナップ用のサブカメラ、ないかなぁ…。先月あたりまではコンパクトカメラ欲すぃ!と言ってましたが、場所が「仕事」場ですからね、一応仕事をしているようなしてないような振りはしないといけない?…それから「瞬間イメージ入力」を繰り返す街撮りとは違って、静かなところでじっくりと構えて撮ることもあるんです。そんな時片手でホイホイ撮れるコンパクトカメラじゃ、ちょっと物足りないかなぁ…と思ったりなんかして。んー、何とかならないものか…と思ってたら、あったあった、ここにあるじゃないですか!!

EOS D30EOS 20Dを入手する前に使ってたEOS D30です。これに今使ってるシグマの、18-50mm F2.8 EX DCの前に使ってた18-50mm F3.5-5.6 DCを装着。20Dのスペアにしているバッテリーを拝借して、余っていた256MBのCF(300万画素だし大量には撮らないのでこれで十分)をセットすれば、スナップ用サブカメラの完成です。「お仕事仕様」と比べるからなのかもしれないけど(笑)なかなかハンディでいい感じですね。つっても昨年まではこの組み合わせでお仕事スナップしてたんだけどなぁ…

早速長めの空き時間があるときに、これを持ち出して近くの風景を撮ってみました。クリックで拡大。

EOS D30作例 EOS D30作例 EOS D30作例 EOS D30作例 EOS D30作例 EOS D30作例 EOS D30作例 EOS D30作例 EOS D30作例

このカメラ、昨今のデジタルカメラの絵に見慣れた目で見ると、何とも独特の画質というか何というか…時々妙ちくりんな色を出してくれるのが素敵です。特にイエロー系の色相が激しく転ぶ傾向があるのはよく知られていて、そのため今まではPhotoshopの「色相・彩度」で一定の補正を加えて使用していました。が、今回はあえてリサイズ以外は無補正で載せています。あ、あと撮影時の話だけどAWBや評価測光がおバカなところあるんで、WBは「太陽光」に固定、時々露出補正を加えながら撮ってます。

改めてこのカメラの絵を見て気付いたのは、EOS 20Dより色乗りがいいんじゃないか?階調も深みがあるんじゃないか?ということです。意外と侮れない画質。もうちょっと発色がマトモだったらなぁ…と言う人もいるかもしれないけど私はこの色、結構好きですね。特に晴れた昼下がり〜夕方の、空の色が最高!「パラダイスカラー」とでも呼ぼうかな?

そうそう、EOS 20Dを入手する前、2年ほど前かな?これで野良猫の写真を大量に撮ってた時期があったんですよね。考えてみたらこのカメラ、EOS 20Dより遙かに多くの「癒しの空間」をとらえているかも…そして再び「癒しのカメラ」として復活か?時間が出来たらこのEOS D30でマターリと風景を切り取る、しばらくはこれが私の心の支えになりそうです。それにしても、もっと他に撮るものはないんかのう。。

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja