まいう〜の鮹語録でタグ「PSE問題」が付けられているもの

現在引っ越しシーズンということで、「仕事」先ではリサイクル?リユース?廃棄処分?そんなのもやっとるようです。

てか、未だに「PSEマークのない家電製品は廃棄処分」とかやってるですか?リユースやビンテージといった市場を知らない無能な役人が作った、あの恥ずかしい法律ですね。(→関連記事だいぶ前に「PSEマークがなくても中古販売可能に」って話を聞いたはずなんじゃが、、まだ正式には法改正されてないんかなぁ?…まぁあの経済産業大臣のことだから、某N松建設みたいに献金してやらなければ、動いてくれんのかもしれんww

んなわけで、最近は少々在庫過剰気味な?リサイクルショップを回っております。

しっかしどこの店も、ブラウン管テレビが大量に並んでますなぁ。デジタル化を目前に?ということだと思うんだが、このまま売れずに2年経ったら、全部ゴミの山と化してしまうんかなぁ。。

ブラウン管=アナログ=ゴミ同然?ということなのか、中にはハイビジョン管でD4/D5端子を搭載したもの(外付けチューナーを繋げば地デジが超高画質で見える)さらにはデジタルBS/CSチューナーを内蔵したもの(ここだけの話、B-CASカードが挿さったまんまになってた 笑)も捨て値で転がっていたので、一瞬心が動いてしもたが、テレビを見る分にはいいけどパソコンが繋げないのが最大の弱点。いずれ買い替えるにしても、今度はリサイクル料金が…orz。。

まぁアレですよ、今回国策でゴミとなったテレビは、海外へコソーリ横流しされない限りは、リサイクル・エコロジーの名の下に、膨大なエネルギーと資源を消費して分解されるわけですよ。(そういや公明党がアナログテレビを1台2万で下取りするって案をブチ上げたが、1日で取り下げたなぁ…リサイクルショップに並ぶテレビを見ると、まぁ無理もないが)昨年あたりから大企業はこぞって「エコ」を全面に出した広告を打っているけど、例えば「エコ替え」のCMって、まだやっとるんかいな?「地球の資源をなるべく節約して欲しい、でも本当は資源を消費して作った、新しい製品を買って欲しいという内容なんだが」っていう、制作側のジレンマを表現した名作?だと思いますよ。あのCM、リサイクル法やPSE法、廃棄される予定のテレビ…何となく分かってきましたよ。我々貧民は、大企業や役人が提唱する「エゴロジー」には、もうついていけまへん。。ということで

「私の辞書に『エコ』という文字はない。あるのは『勿体ない』という、貧乏根性だけである。」

ちなみにリサイクルショップ回りで、Mac用のビデオキャプチャーを入手しました。(実は以前もキャプチャ本体だけ手に入れたんだけど、ソフトがゴニョゴニョ出来なかったから使えなかった…ソフトのせいでゴミ決定ww)地デジよりチャンネル切替の遅い?アナログチューナーがついていて、録画・編集してDVDに焼いたりとか出来るんだけど、そのうちこいつもゴミ機能決定だよな!?…とりあえず昔録ったビデオをデジタル化出来るぞ!と思ったものの、当方所有のVHSビデオデッキ、どれも死にかけですやん…捨てるには「勿体ない」し、どうすればええんじゃ?続くかもです。。

どーうもで〜す、お世話になりま〜ス。あ、ちょと遅れちゃいました。サーセン、フヒヒヒヒ…ほないきま〜ス、ハイ、チーズ!…もう一枚!ハイ、チー……あっっ!!好きなポーズしていいすよ、フヒヒヒヒ、サーセン…

こういった客商売未満な対応を繰り返すと日本語が壊れていくの法則…いや〜さすがにここまで壊れてないと思いたいけどね、似たようなもんかもしれん(笑)そのうち「よかったらゼンゼン写っちゃってくださぁ〜い」とか、言い出しかねんな。きんもっ!!☆

連休は台風が来たり地震が来たりと、日本全国大変でしたなぁ。地震怖いっす、ウチにこんなデカいの来たらアウトです…まぁ、死ぬときは死ぬときだ、と覚悟するしかないか?結局晴れたのは日曜日だけだったですが、いきなりエアコンから水が出たりして、ドタバタでしたよ。結局「力技」で直したんだけどね…ドレンホースから息を吹き込んでゴボゴボって、良い子は真似しないでください!!(笑)エアコンクリーニングせんとあきまへんなぁ、エアフィルターは大して汚れてないのに内部がゴミだらけなんですよ。フィルターの意味ないじゃん…。

月曜日はずっと雷雨だったです。地震雷火事オヤジ!怖いですね〜。オヤジつってもウチの「親父」はあまり怖くないかな?それより世にはびこる「エラいオヤジ」の方が、怖くないですか?(『仕事』がらみとかね…)奴らはどこまで悪いことを企んでるのか?分からないところが怖いです。例の地震で壊れた原発のこと、まだまだ隠してるんじゃねぇの?

ちょっと前から伝えられていたネタですが、ようやく正式発表と謝罪?ですね。1年前のドタバタ、ありゃ一体何だったんだろう?我々は踊らされていただけだったのだろうか?と。失われた「名機」は戻ってこないんだね。「仕事」先近くにあったナイスな中古屋も、テレビで度々取り上げられていた秋葉原のオーディオショップも、多分戻ってこないだろう…残念でなりません。

エコロジーってのは経済的って意味か?経済的ってのは経済効果が高いすなわち儲かるって意味か?と、エコバッグに物凄い勢いで群がる女たちのニュースを見て、ふと考えてしまいました。以上、全くもって不経済な雑記終了。

AU-D607Xここ数日ハマってました!先月末にPSE法滑り込みセーフ?で入手した物件、サンスイのAU-D607X(1984年発売・79,800円)です。てか、実は滑り込む必要なかったか?もうあの法律わけわからんですね。根本からグダグダ……まぁそれはよしとして(ぃやよくないか)この前入手したラックスマンのアンプ、中高音は綺麗なんだけど低音がイマイチ不足気味なんだよね。あの時散々迷ったサンスイとどっちがいいか、聴き比べてみようじゃないか!?と。その前に中古アンプでは不可欠の?軽〜いメンテの様子を紹介です。

こんにちは! 天板を開けたところ。意外とスカs…いや、余裕を持ったレイアウトですな。正直、あまりいい造りとは言えないかもしんない…?こちらで先代のAU-D607G EXTRAの内部が紹介されていますが、比べてみるとコンデンサの数は減ってるしボリュームはディテントから普通の物になってるし、コストダウンが進んでいるのを感じますね。後述ですがプラスチックのパーツが折れる?なんてこともやらかしてしまいます。後継機のAU-α607では筐体周辺が大幅に強化されているので、実は歴代607の中で最も造りのショボい機種かもしんない??でも、決してそれが音に出るわけではないというのが、面白いところであります。

スピーカーリレーの位置が…

まずは必ず逝かれているであろう?スピーカーリレーの清掃から…なんですが、何じゃこりゃ?ラックスマン以上にメンテナンス性悪いですなぁ。

スピーカー端子が外れない…。 電源基板を外しますた! 取り出し成功。

リレーのある基板がなかなか取り出せない…

先に電源基板を取り出しました。宙づり状態だよ…。

取り出し成功。基板からスピーカー端子とリレーを取り外したところ。

こんな感じでリレーの取り出し成功。清掃方法はこちらの記事で軽く述べています。しかしこんな作業2度とやりたくないね。いや、またやらねばならん時が来るだろうけどね…?

新旧電解コンデンサ ランプ交換

電源基板のコンデンサを一部交換。近場のパーツ屋で手に入る物から。んー、あまり効果なかったかな?しかし同規格でも新しい物はかなり小さくなってるのね。部品技術の進歩を見るような気がします。

入力セレクターのランプが1カ所切れているのを発見。たまたま手持ちがあったので交換。これLEDじゃなくて電球なんですよ。グリーンのキャップを被せてLEDっぽく見せてますが(笑)…が、この時ハプニングが起こった!?

レバー折れちゃった! 削ります!

プッシュスイッチを押すレバーの爪が折れてしまった!

レバーの一部をヤスリで削って凹ませます。

力技。

結束バンドでスイッチに固定します。んー力技。。

DCオフセットの調整

私のような半素人でも出来る?簡単なアンプの調整です。これが狂っていると最悪、スピーカーを壊してしまうこともあるそうですね。通常はスピーカー端子の+−間の電圧を測り、それが0Vになるように半固定VRを回すというものですが、このサンスイのアンプは特殊な構造になっているようで、2カ所測らなければならないみたいです。

DCオフセット調整1. まずスピーカー端子+−間の電圧が0V になるように、VR1(画像クリックで拡大参照)を回して調整する(通常通り)

2. 次にスピーカー端子(+−どちらでもOK)とシャーシ(フォノ用のアース端子がいいでしょう)の間が0Vになるように、VR2を回して調整する

3. 1〜2を繰り返して両方が0Vに近づくように調整を追い込む

これがねぇ、1.の電圧はまぁまぁ安定してるんだけど2.がめちゃ不安定。動きまくり…どーうもあゃιぃですなぁ。

さて、とりあえず動作はOKだしボリューム・スイッチ類もほとんどガリはないし、聴き比べてみるか…??次回へ続く。

再び近況そしてPSE。

|

すんませんまたまた久々の近況報告となってしまいました。先週は前回の記事で書いた太古Mac(PowerMac 7600)の整備やら、今週は卒業式の撮影やらでバタバタしとりました。太古Macについては友人に譲る前に、追って記事を書くかもしんない、?。

えぇと、PSE法…何かこの10日余りで物凄い急展開となってますなぁ。「仕事」先の大学生協ではこの時期、卒業する学生のために家具などのリユースもやってるんですが、窓口で「PSEマークのない家電製品はリユース出来ないので廃棄処分となります」と説明しているのを何度も聞きましたです。あぁ、悪法によってゴミが生まれる瞬間だね…これが先週の話。その後「1989年以前の製品はビンテージ扱い」という意味不明な案が出たり「楽器を除外したらミュージシャンが黙ると思ってるのか!」とばかり、坂本龍一が再び中古家電全般の除外を求めて要望書を出したりと、いろいろあったんだっけ??

で、↓結局こうなっちまったようで。。

中古品をレンタルした後で検査して譲渡できるという形になったようですね。しかも検査したかどうかのチェックはしないらしい……何じゃそりゃ??とりあえず助かったか?という安心感もあってか…もう笑うしかないすね。これはザル法です!って公式宣言したようなもんじゃん。そこまでして中古品にPSEマークを付けたいのかと(笑

ていうかね、これ本当に真面目に考えたら、笑って済ます問題じゃないすよ。私はたまたま中古のオーディオなどを買うのが好きなので、これからも安価で良質な中古品を入手したい!という思いで見ているんだけど「俺ぁ中古なんか買わないもんね〜」というみなさんにとっても重要かもしんない問題。未だかつて、こんなグダグダな法律の施行があっただろうか?て話です。

いいですか?PSE法、電気用品安全法ってのは、元々安全な電気製品を流通させるために作られた法律ですよ。かつて「電気用品取締法」と呼ばれていたのを改正した物で、「電気用品取締法」の時代からメーカーには厳しい技術基準が定められていました。それには落下試験や火が出てもすぐに消えるか?などの破壊検査も含まれていて、当然中古品に適用するわけにはいかないので経済産業省は「簡単な検査でPSEマークを貼ればOK」なんて宣伝してるけど、実は非常にマズいことなんじゃないかと。どっかのインチキメーカーが、それこそスイッチ入れたら3分で爆発するような?粗悪品にPSEマークを貼ってバラ撒きトンヅラすることも可能かもしんない??……今回のドタバタで、PSEマークの信頼性は地に墜ちてしまいましたね。国会によって可決された法律が、行政側の無能な役人によって台無しにされるという事態が発生してしまいました。現在民主党の川内議員などが議員立法で法改正に向けて動いてますが、「悪法」と呼ばれてしまった現在のPSE法を本来の形で適正に運用させるために、立法として是非責任を持って果たしてもらいたいものですね。今後どうなるのか?応援しつつ動向を見守りたいと思っています。

ということで?金も入ったし中古屋巡りを再開するかな?……いや、よく計算してみたらやっぱ金ないや(泣

ここ数日コメントを頂きつつも更新もネタもない状況なので、近況。

Teddy live coast to coast只今テディー・ペンダグラスのライブ盤を聴きながら書いてます。そう、先日例のリサイクルショップで入手したやつ。DO ME, DO ME!!…ヒゲのおじさんカッコええですな。他にも"Rapper's Delight"の入ってないSugarHill Gangのアルバムや"Funkytown"の入ってないLipps Inc.のアルバムやら手に入れたんだけど(この人ヒット曲嫌いだったのか??…私はヒット曲が入ってるのが欲しかったんだけどなぁ)70年代の終わりから80年代の始め頃、この時代のソウル・ファンク系は楽しくていいね。おまいら、実はバカだろ?てくらいに陽気(笑)……とにかく私が幼少の頃テレビやラジオから流れていた音楽のルーツみたいなものをこうして耳で感じることができて、幸せな気分です。。

Power Mac G2んー、それにしても金がない(笑)……今週は割と暇なんで「仕事」のない日は引き蘢ってようかと思います。ますますネタがない??

そうそう、先月まで使ってた太古のMac(PowerMac 7600)友人に売る予定なんだけど、買ってくれるかなぁ、、出来れば今月中に買ってくれたらうれしいなぁ…言うてみる。その前にこいつでMac OS Xが動くかどうか?実験してみようかと思います(あくまで実験ですよ)動いても動かなくてもそれはそれでオモロイ、?

希少中古楽器など「PSEマーク」なしでも販売可能に (読売新聞)
PSEマーク:「ビンテージもの」規制対象から除外に (毎日新聞)

リサイクルショップや音楽業界の相次ぐ抗議に、ついに経済産業省も譲歩を見せたか?と思ったけど何だこれ!!?……ビンテージとそうでない物って、どうやって区別するの?しかも全国500カ所の天下り検査機関かよ!?今一つ煮え切らない対応のような気もしますね。「電子楽器や音響機器、映写機などで既に生産が終了し、他の電気用品で代替できない価値の高い製品」とありますが、私としてはやっぱり欲しいサンスイの80年代のアンプ…のような「ビンテージ」とまではいかないけど安価で現行品にない性能を持ったものがどうなるのか?気になるところです。この際全部「ビンテージ」に格上げしちまうか?でもって値段も格上げか!?…それは嫌だなぁ、まぁ売れなくなるよりはマシだけど。。

中古オーディオに中古Mac、そのうち中古カメラもやる予定(期待しないで)…いつからここは中古ネタブログになっちまったんだ!?(笑

最近は小さなリサイクルショップを探しております。PSE法のおかげで?ハードオフでお得な買物できた人が、羨ましいなぁ…言うてみる(ぉぃぉぃ)未周知なのか周知漏れなのか?質屋系・骨董屋系のお店はまだまだ、通常通りにオーディオやらギターアンプやら売ってますね。まぁ、あんなデタラメ解釈がどこまで通用するものか分からないしね…(警察もあまりやる気ないでしょう。面目丸潰れですから)今月は相次ぐ散財で金がないので、とりあえず下見というか偵察です。

昨日何げにプラっと入ったお店。オーディオもこれと言って「!」な物はないなぁ…と眺めてたら店のおやじ「ここにあるアンプは少しは安くしてあげるよ」……ゲっ、これは「何でもええけぇ買うて帰りんさい」オーラだぞ…(昔広島にこんな感じの中古カメラ屋があったなぁ)何か買わなければ出られない空気。そうだ、そんな時はあれだ…「ここって中古のレコードありますか?」

「どんなレコード探しとるんね?」…え?音楽のジャンルのことですか??リサイクルショップでこんなこと聞かれるとは思わなかったんでちょっと面食らい気味に「え、まぁ、洋楽とか歌謡曲とか」と答えたら、いきなり2階の倉庫みたいなところ?に案内されました。

階段を上がったところにレコードがドッサリ…少なくとも400枚以上はありそうだな。最初ざっと見て「洋楽率高っっ!」と思ったんですがよ〜くタイトルを見て2度ビクーリ!…私の好きな70年代のソウルばかりじゃないすか!!!しかも半分近くがオリジナルの輸入盤、残りが日本盤だったり再発盤だったりという構成です。うおぉぉぉぉ!こりゃヤヴァイ!!ヤヴァ過ぎる!!つか、相当マニアックだなこりゃ、聞いたこともない名前の人も結構いるぞ。名曲もあるんだろうなぁ、しかし片っ端から買うことなんて出来ない、全部見る時間もない、あまりのヤヴァさに腹が痛くなってきた…(笑)とりあえず100枚ほど見た後で3枚買いました。「あれ?これだけしか買わんのね?」「まだ全部見てないんで、また来ます!」

んー、あれは夢だったのか幻だったのか??んが、手元にそのレコードはあります。クール&ザ・ギャングとワイルド・チェリー、それと謎のオムニバス盤…これがどうやらディスコ向けのサンプル盤っぽい感じでして(45回転だし)ひょっとしてディスコの払い下げなのかな?盤面傷んでそうだな?と思いましたが、意外と良好だったので安心。

いや〜しかしあるところにはあるんですね、本当にヤヴァイ物見ちゃったよ。マジ金ないし…。一度見てしまったら次に行ったときは無くなってるんじゃないか?とハラハラしてます。うぉ、いかんいかん…。。

今回のPSE法騒ぎであえて良かったことを挙げるとするとするなら、久々にオーディオ熱が高まってきたことぐらいでしょうか?…カナーリ無理があるな、良くない良くない(笑

ハードオフ行ったら年配の店員、いや店長さんかな?がジャンクコーナーで客と話してました。「そうなんですよここにある物4月から全部売れなくなっちゃうんですよ」「全部ですか?」「そうです。こういうオーディオとかビデオとか、ウチの売りでしたからね、ホント困ってます」みたいな内容だったっけ?棚の向こうでレコードを漁りながら聞いてたんで、あまり細かいところは聞こえなかったけどね。すでに大したものは残ってなかったです。例によって?CDを数枚買って退散…ヤヴァイなぁ、何か追いつめられている気分です。

今日と明日は東京でPSE法反対の署名活動やってるみたいですね。NHKニュースでもやってました。ようやくマスコミにも取り上げられるようになってきたか。でもまだ肝心な問題には触れられてないような希ガス…?

国会でもこの問題を真摯に追及してくれる議員さんがおられます。

↑民主党・川内博史衆議院議員のブログです。熱いコメントが寄せられています。数年前のCD輸入権問題の時も率先して動いてくれた、音楽ファンの味方ですよ!民主党と言えば例のメール問題でエライことになってますが(しかしIT音痴というかメディアリテラシーのなってない議員がいかに多いことか…)川内氏のようにまさに国民の代表として、国民のために動いてくれる議員さんは党派関係なく応援したいですね。

3月1日、予算委員会第八分科会での川内議員の質疑をネット配信で見ましたが、経産省はどうやらこのまま乗り切る気ですね。今ごろになって「以前の電気用品取締法時代から、中古家電販売は違法だった」とか、わけわかめ…古物商免許を発行して中古家電販売を許可していた警察は、犯罪に手を貸していたということになるのか??矛盾点がボロボロ出まくってますな。「個別に対応する」と言いながら中古品にPSEマークをつける方法や修理も出来なくなるのか?とか、対応がバラバラで混迷を極めているようです。

すでにPSE法対応をしている中古業者(→ハイファイ堂のPSEマークなど見ると、正直ちょっと複雑な気分になりますね。これもどこまで有効なものなのか分からないしね。言ってることとやってることが矛盾している場合、やってることを信じた方がよい、の法則?…4月になったらどこかが訴訟を起こして「PSE法は電取法時代に製造された中古品には適用されない」などといった解釈を勝ち取ることが出来るんじゃないか?と、かすかな希望を抱くしかないですなぁ。。

あ、あと複雑な気分になるのが「ゴミを売りつける中古屋がなくなって、いいことだ」という意見…そんなゴミを喜々として買うヤツがここにいるわけで…(笑

ということで、先日買ったゴミです(笑)トリオKP-700のジャンクにシュアーV15 Type IIIの針無しジャンクが付いて3,000円。

KP-700ジャンクV15 Type IIIジャンク

某小さなリサイクルショップで見つけたんだけど、店主も「なんでこんなモンを嬉しそうに買うかねぇ?」みたいな表情してました(笑)…もちろん私の目当てはこのカートリッジ、Type IIIの方ですよ!Type IIIの交換針(VN35MR)が1万前後だっけ?それと併せても現在使用中のType Vの交換針(2万以上します)より安い!……てか、Type Vの交換針いつの間にか販売終了してたのね。参ったなぁ、次はカートリッジごと替えるしかないか…現行品でこれと同じように使える物って、なさそうだしなぁ…と悩んでいたところ、本当に助かりました。ヤホーイこれで私も名機Type IIIのユーザーになれるぞ!!

KP-700の方は最悪部品取りになるかな?といったとこです、アーム周辺の構造とかKP-7070に似てるしね。んが、これSTART/STOPの操作とアームリフターが連動しているみたいですね。どうなってんだ??暇があったらバラしてみたいと思います。

中古Macが一段落したらアンプが欲しい病が再発。

「仕事先」近くのリサイクルショップにも、PSE法の影響が見られ始めましたね。投げ売りセールやってるところもありましたです。(めぼしい物残ってないし…)2月3日の記事で取り上げたオーディオを大量に置いてあるお店、そこも30%引きになってました。「4月からオーディオは全部無くなるんですか?」と聞いたらやはりPSE法のことはよくご存知のようで…。自主検査をして売ることも考えたが大きな設備が必要なので、中古オーディオから撤退することになるそうです。4月以降売れ残った物は別に売る手段があるらしい?国外流出かそれともオクで個人の振りしてちまちま流すとか…?詳しくは聞かなかったけどね。あの試聴室にある高級機たちはどうなるんだろう??何とも残念です。

私も正直、いずれ大丈夫になるんじゃないか?運用で解決するんじゃないか?と思ってたんですよ。しかし影響は確実に広がってます。この法律、5年前に成立したときは実は中古販売は想定されてなかった、対象になってなかったんじゃないか?という説がありますね。最近になって経産省がトンデモ解釈をぶち上げたというわけです。今話題になっているのはオーディオ、楽器、ゲーム機だけではなく、農業や中小の工場などにも大きな影響が出るのではないか?ということです。農業機械や比較的小型の工業機械(旋盤とか?)は現在新品で入手できない物も多く、中古で流通している物を使うケースが多いと聞きます。今後中古の機器を導入して新たに事業を始めることが出来なくなるばかりか、すでに古い機械を使用している事業者としてもそれらの資産価値が0円になってしまうために融資が受けられなくなったり、保険や税制面でも不利益を被ることになりそうです。

てか、これは日本の産業の根幹を揺るがす事態じゃないすか!?やはり法律を過去に遡って適用するというのは、どう考えても無理がありますよ。日本の音楽文化とものづくりの精神は、バカな役人どもによって潰されてしまいました。PSE法自体の廃止を訴える人もいますがさすがにそれは難しいんじゃないかなぁ…「すでに旧規格、電気用品取締法の〒マークなどを取得している製品の中古販売については、これを適用外とする」という条文を附則・政令などの形で追加してもらう、というのが一番現実的じゃないかなぁ。これで多くの名機達と中小産業は救われると思いますよ。

 

しかしアンプどうするかねぇ、、例の店にラックスマンのL-45A、48AとサンスイのD607X、D607Gが同じくらいの値段であるんですよ。(L-58Aもあったけど手が出ないです)どっちにしようか激しく悩む…早く買わないと売り切れそうだからなぁ、とっとと決めてGETしなければ。

中古市場の危機!

|

こんなトンでもない法律が出来てたなんて、知らなかったよ。。

2001年に施行された電気用品安全法により、PSEマークのついてない電気製品(電源部を内蔵しているもの、本体から直接電源コードが生えているもの)はこの4月から販売が出来なくなるらしいです。

つまり2001年以前の中古家電はほぼ全滅、古物好きとしては堪えられませんなぁ…ということで、古いゲームやオーディオ、楽器などを愛好している人から反発の声が上がっています。以下関連ブログ記事。

ついでに2ちゃんねるの関連スレ。

この法律はかつて「電気用品取締法」と呼ばれていたのを改正したものらしいです。もともとは海外某国?から入ってくる怪しい家電製品による事故を防ぐためのもので、国が認可していたものを民間でも認可できるように「規制緩和」したらしい?…しかしすでに「電気用品取締法」で認可されている製品(〒マークがついてます)まで販売が規制されているのは、どうも納得がいかないですね。もちろんこれらの機器による事故が頻発しているなんて話も、聞いたことがない。しかもこの法律、5年前に施行されていながら今までほとんど知られておらず、最近になってハードオフなどの大手リサイクルショップで買い取り制限の告知がされるようになり初めて騒ぎになっているという現状…マスコミも一切報道してないのか?するわけないか…問題ですなぁ。

使い捨ては環境に良くない、使える物を必要な人のもとへ届けてリユースしようという意識か?ここ数年リサイクルショップも増えてきました。私もAV機器やパソコン関係(今回の法律の適用外ですが)など、ほとんど中古で間に合わせております。80〜90年代頃の機械って、いいものが多いんですよね。MADE IN JAPANが一番輝いていた頃の、日本の遺産とも言うべき製品たち!つったら大げさか(笑)元の造りがいいもんだから、少し手を入れればバッチリ使えたりする、それが中古で安価に入手できるので、いい時代になったもんだなぁ、と思っていたんですよ。

が、ここへ来て「古い家電は売るな」ですか…4月以降の在庫はどうするよ?もちろん売ることは出来ないし捨てようとしたらリサイクル料がかかったりする……またゴミが増えますね?不法投棄も出てきそうですね?何か時代に逆行してますね?てか、オーディオの名機やヴィンテージの電子楽器も、全部ゴミかよ!!!惜しまれながら店を畳む中古屋が何軒も出てきそうです。いや、こっそり裏で取り引きする輩が出てきたりして…?昔のアメリカの禁酒法みたいにね。

んー何というか、これは意地でも新品を買わせたい家電メーカーの思惑と、民間の検査機関(イーホームズみたいなもんか?w)を作って天下り先を確保したい行政側の思惑の入り交じった「政官業が癒着した悪法」と言われても、仕方がないかもしれない?今のメーカーと一部の官僚の利益のためには、環境に負担をかけても過去の遺産を台無しにしても中古市場の健全な経済活動を妨げても構わないということですか??全く理解できないですね。せめて〒マーク付きは適用外にするとか、運用や解釈で何とかするとか?打開策がないものかと思っております。

とりあえず3月まで中古市場は大処分セールになるらしい?いつ壊れてもおかしくない、修理できなかったら別の中古を買うかという物がいっぱいあるからなぁ、今のうちに入手しておかねば。レコードプレーヤーは去年替えたからアンプとテレビが欲しいな。テレビがねぇ、10年前(家電リサイクル法施行前)にゴミから拾ってきた18年前の物が未だによく映ってたりなんかする…まだ壊れないのか!?(笑)これがデジタル化との関係もあって微妙なんですよ。今のところ「つなぎ」に安い中古を入手するのがいいような気もするような…これまた問題山積?先週書こうとしてボツになったネタがあるのでまたの機会にします。しかし我々古物好きの貧乏人にとってはますます生活しにくい世の中になりますね。うーー鬱だ。。

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja