まいう〜の鮹語録でタグ「PowerMac G4」が付けられているもの

5月、Mac弄った記。

|

今月、我がPowerMac G4のDVDドライブとHDDを相次いで交換した件。このブログのネタになるかも?と思って写真を撮っておいたので、折角なのでダーッと紹介しちゃいます。

DVDスーパードライブに交換!

内蔵DVDドライブをパイオニアのDVR-111に交換、PowerMac G4用の光学ドライブとしては、最も無難な選択?現行のPowerMac G5に使われている"SuperDrive"と同じ物ではないかと思います。DVD-R16倍速、CD-R40倍速。他にも-RWとか-RAMとか+R DLとか?使えるみたいだけどよくわからん…

シルバーベゼル・・。

なぜかシルバーベゼル…。例のソフマップの閉店セールで入手したんだけど、これしか残ってなかったんですよ。Macの場合通常はベゼルが見えないのであまり気にする必要ないんだけど、トレイを出したときどんな感じなんだろう?QuickSilverやMDDだと本体色とマッチしそうだけど、グラファイトだからなぁ…と、しばし悩んでしまいました。

交換、トレイオープン!

交換後、トレイを開けたところ。意外と違和感ないすね。トレイ内部は白色です。バックが汚くてすまんです。。交換方法はこちらのページ(英文)に、PDFとQuickTimeムービーがあります。QuickSilver/MDDの交換方法はこちら


外付けドライブ類

おまけ。外付けドライブ類。上はリムーバブルHDDケース(ラトックシステムズ製)バックアップやデータの移行、後述のHDD交換などには大変役に立ちますね。下のCD-RWはロジテックの製品ですが、中身はプレクスターのPX-W1210TAにOxford FW900というFireWire変換チップをかました物のようです。内蔵ドライブでCDも焼けるようになったけど、音楽CDの焼き品質はこちらの方が上らしいから、ソレ用に残しておくか…。

お次はHDD交換だ!

さてDVDドライブも交換したし、快適快適!?と思ったら、いきなりハング連発。HDDがガッガッガッ…と、非常にヤヴァイ音を立ててます。システムとアプリケーションが入っているメインのHDD(40GB)古いのを使い回しているからなぁ…以前PowerMac 7600で使ってた物なんだけど、容量不足と回転音が煩くなってきたので一時引退させてたのを復活させたんですよね。いずれ交換せねばならんだろうとは思ってましたが…こりゃ勢いで交換ですな。

Seagate Barracuda 7200.9 交換前

以前友人が買ったのにインスパイヤされて?Seagateにしちゃいました。初体験ですよ。容量は80GB、システムとアプリケーションしか入れないので、これで十分です。

交換前のG4内部の様子。今回交換対象の物の上に、書類保存用のドライブがもう1台増設されています。このマウンターがねぇ…。

2階建てマウンター 交換前

2階建てのマウンターを取り出したところ。これからの季節、放熱が心配ですね。それより上段の日立のドライブが、少し振動が大きめなので下段に影響が出ないか、そっちが不安だったりします。

交換後の内部。ATAケーブルを買ってきて、2台を並列に配置しました。ひとまず安心かな??

リムーバブル ディスクユーティリティで復元

古いHDDをリムーバブルケースにいれ、外付けドライブとして認識させます。しかしIBMのドライブ、何か壊れやすいような気がするんだよなぁ…日立になってからの物は大丈夫だと思うんだけどね。

Mac OS Xのインストールディスクから起動し、ディスクユーティリティでパーティション作成→初期化。「復元」機能を使って古いドライブの内容を移します。

…と、ここで注意点があったので書いときます、、

  • OSXのパーティションを復元した後、ついでにOS9のパーティションも同じように復元したら、なぜか復元先のOS9から起動しなくなってしまいました。Finderでシステムフォルダをコピーし直したら復活したけど、謎ですね。。OS9は従来通りFinderでそのままコピーした方がいいのかもしれません。
  • 復元後のOSX起動ディスクのルートに、"etc" "tmp" "var"という、謎のフォルダが出現。本来不可視である項目が見えてしまっているようです。再設定を試みたがことごとく失敗。動作には問題ないが気持ち悪いなぁ…調べてみたらこちらに対処法が書かれていました。ターミナルでもって復元元のディスクに処理しなかればならない模様…結局復元作業をやり直すはめになりましたよ。これからHDD交換する人はあらかじめ処理しておいた方がいいかと思います。しかしコマンドラインの操作なんて何年ぶりだ??…面倒だなぁ。
アナーキーケーブル

もう一つおまけ。PowerMac G4に標準で内蔵されていた、短いATAケーブルですが…ぉぃぉぃ、穴があいてるぞ!線が1本切れた状態ですよ!果たしてこれで正常な状態なのか?謎です。もし異常だったら…よく今まで動いてたなぁ。。

以上、溜まったネタ放出完了。当分Macは弄る必要ないか?そういうことにします。はい。

マカーも二極分化してるのかな?Core Duoだ、Boot Campだ!と、アップルが次々に放つ新技術を片っ端から導入する最先端マカーもいれば、一方私や「仕事」先のように、古い機械を騙し騙し?大事に使っている人も多いみたいですね。マカー格差社会?つったら何か嫌だなぁ…というわけで、CPUアップグレードです。前回記事で「注文するぞ!」と書きながら、実はすでに注文してたりなんかして。SONNETの1GHz、一番安いやつにしました(笑)ヅアルは高くて買えまへん…。。

CRESCENDO ST/G4 PowerMac G4に装着

正式名称はCRESCENDO ST/G4、パープルのヒートシンクがいい感じですね。

Power Mac G4に装着したところ。意外と簡単でした。

CRESCENDO ST/G4 PowerMac G4に装着

交換の際に使うプラスドライバーですが、太めの物を使うと装着の際にうぉ!ハマらない!ということになります。少し細めの物を用意した方がいいでしょう。

元々ついていた400MHzのCPUカード。"XPC 7400"と刻印されています。んー素敵。このままオブジェにしたいな?と思いましたが、使うことがあるかもしれないのでしまっておきます。

で、効果はどうよ??

正直、Finderでファイル操作してみた感じでは「ちょっと速くなってるかな?まぁこんなもんか」程度。しかしPhotoshopやiTunesなど、それなりに重いソフトを立ち上げてみると…ぉ、ぉぉおお!!爆速とはいかないまでも(G4/1GHzシングルですからね)いい感じで動いてくれます。今まで牛歩のごとく動いていたものが、やっと人間並みになったか?あとは複雑なwebページの表示や動画再生などにも効果抜群ですね。…あまりヘンなもの想像しないでくさい

この感覚、前にも味わったような気がするなぁ…PowerMac 7300に初めてG3カードを挿した時ですよ。そのまんま速くなっちゃった、ってやつ?CPUが速くなる→ソフトが重くなる…の無限ループ。歴史は繰り返します…、?

Norton System Info

←MacOS 9のNorton System Infoでのベンチマーク。古い機種のデータしかなかったので、こちらのページからいくつかダウンロードして比べてみました。選択されている(システム名が青くなっている)のが現在の私のシステムです。システム名の頭に*(アスタリスク)のついているものは過去に自分で計測したもの。OS9ではデュアルプロセッサーはまともに機能しないので、上位2機種の実際の性能はもっと上じゃないかと思います。。


Xbench

MacOS Xの有名なベンチマークソフト、Xbenchでの計測結果。CPU交換前のデータがあったので比べてみました。13.73→35.17と、総合スコアはクロックなりに?上がってますが、その下にある個別のテスト結果が面白いです。グラフィックやユーザーインターフェースのスコアがなぜか大幅に上がっている!?

こちらのサイトで他のマシンのベンチマークも見ることが出来ます。みんなスゴい点数出してるなぁ…前回記事のコメントでとんます氏がお漏らししそうになった?というG5 Quad、総合スコアは何と180以上!どんだけ漏れるのか想像つかないっす(笑)今話題のIntel Macは60〜100あたりで、バラツキがあるようですね。んー謎。。

G4を中古で入手したときからCPUアップグレードのことは考えていたので、よかったよかった…これでGW中に家で「仕事」のサイトを作ることが出来るぞ!……orz

今週はずっとMacばっか弄ってたような気がする…昼も夜も家でも「仕事」先でも。

前々回の記事でhiroさんにコメントいただいた、MacOS Xの前でヤブ医者になっちまうノートン先生の件、ありがとうございます。ウチでは数回医療ミスをかましましたが大丈夫だったんですよ。しかし「仕事」先のHDDは物凄い物故割れっぷりだった…環境によってヤブの度合が変わるようですね。古いG4に160GBを突っ込んだのが問題だったのかもしれません。

さて、以前の記事でもちょと触れました、「仕事」先はマカーだらけ?しかもDTPやってるわけでもないのにOS9。CRTのiMacがゴロゴロしてます。ボンダイ・タンジェリン・ブルーベリー…カラフルですなぁ(笑)OS9でMicrosoft OfficeやファイルメーカーProを使って事務作業+軽くメールとweb程度なら、あまりマシンパワーは必要ないですからね。iMac G3/333MHzにメモリ128MBもあれば十分だったりします。たまーにフリーズすることもあるみたいだけど(笑)マターリやってますよ。WindowsよりMacの方が使いやすい!と、みんな口を揃えて言ってます。

で、今回ドツボってたのはそれとは別にアルバム担当者の席にある母艦?Power Mac G4/867MHz(QuickSilver)なんです。私はこれを使って撮影データの整理などをやってます(さすがにiMacでは無理だ…)これがまた、メモリが1.2GBも載ってるくせにOS9しか入ってない、もったいないお化け?担当者も最近プライベート用にOSXの入ったiBookを入手してからは「OSXにしたいなぁ」と。そこで今回ようやく?OSXが入ったんだけど、そしたらHDDが物故割れちゃったんで(笑)HDD交換→再インストール→全設定の移行と、数日かけてやってました。

ところでOSXって、OS9よりWindowsと仲がいい?んですね。LANに繋がっている別部署のPCが一通り見えたのに驚き。OS9では見えなかった世界!プロトコルに互換性がないってやつですね?逆に言えば閉じたネットワークを形成できる、OS9のセキュリティ伝説?です。

で、ここでハマったのがプリンタの共有ですよ。今まではMacOS 9.1より実装された「USBプリンタ共有」の機能を使ってiMacに繋がったインクジェットプリンタから印刷できていたんだけど、OSXではそうはいかないらしい?(一旦PDFに保存してClassic環境で印刷するという裏技があるらしいけど、マンドクセー)実は1台だけWindowsのマシンがあるんですよ(あまり使われていない)そしてそこにもインクジェットのプリンタが繋がっている…何とかならないかなぁ、と、下記の記事を参考です。

ふむふむ、なるほど…試しに私のG4から別室のPCで印刷(Mac OS X 10.4.6→Windows XP Home SP2→エプソンPM-730C)…無事成功、これはイケるぞ!と「仕事」先で同じように設定してみたら、どうもうまくいかない。半分以下に縮小されて印刷されてしまいます。プリンタドライバの問題のようですね。基本的にこの手のインクジェットプリンタはUSBで直結して使う物で、メーカー純正のドライバはネットワーク印刷に対応していない…そこでMac OS Xに付属しているGimp-Printという社外品?のドライバを使うんですが「仕事」先のプリンタはキヤノンのBJ F9000、これに対応するGimp-Printドライバがないんですよ。試しに似たようなA3プリンタのBJ S4500などを設定してみたけど、ダメですなぁ。結局LANに直接繋がっている別のレーザープリンタからの印刷に成功したので業務上は問題ないけど、BJ F9000からのプリント、何とか出来ないもんかと…ご存知の方教えてもらえればです。。

んー何かMac弄り過ぎでワケわからん状態になってますな。とりあえず結論:

Mac OS 9は業務用システムとしては、いい選択かもしんない。

もうちょっと安定してくれたらいいんだけどね…無理か。。

それにしても私のG4、トロ過ぎです!さすがに400MHzでは、ソフトによっては重すぎて使い物にならんこともあります。867MHzのQuickSilver、ええなぁ…CPUカード注文するぞ!

マカー戯言

|

マターリ中古Macな話。

このブログに来てくれるお客様、意外とマカーな方多いんですね。

OS別アクセス状況

晒しちゃいました(笑)最近1000件のOS別アクセス状況です(2006年3月6日現在)Mac OS XがWinXPを抜いてるって、どうなのよこれ??でもWinXP+2000で過半数以上(50.5%)だから、こんなもんか?いやいや、Mac OS全体で42%って、やはりマカー多めですやん!つか、自分で踏んだのも結構あったりしてな(笑

私も永らくマカー、しかも先月までOS9使い…先日なぜか「今ごろ」中古のPowerMac G4を買って「今ごろ」初めてMac OS Xちうもんをマトモに弄ってるんですが、なかなか慣れなくてねぇ…本体だけ変わって、下手にモニターやキーボード・マウスは以前の物を使い回しておるもんだから、余計違和感ありまくり…画面表示だけが違う、似てるんだけど勝手が違う?てな状態でした。てなわけで、とりゃーえずインストロ〜ル!したフリーソフトを紹介。

Firefox
ご存知第二のwebブラウザ…と勝手に思っとります(笑)OS9でもMozilla使いだったんで速攻でインストール。いや、Safariの方が速いのは分かってるんですよ。SafariStandってのも入れてみたんだけど、Firefox+Tab Mix Plusの使い勝手には敵わなかった…。。
ClamXav
最近Mac OS X用のウィルスが見つかったらしいですねぇ。Mac用のウィルス…あぁ、何て久々なんだ。じゃねぇや、コワイコワイ。ということで、フリーのウィルス対策ソフトです。フリーだからと侮るなかれ、ちゃんと毎日パターンファイルを更新し、システムに常駐して監視してくれますよ。これで無事ウィルスが駆除できたら是非donateしたいんだけど、俺らの村にはカードが無ぇ!!??…果たして効果のほどは、どうなんでしょう??
OnyX
メンテナンス用ソフト。OS9で言うNorton Utilitiesみたいな使い方かな?…いや役割は全然違います。キャッシュのクリアやシステムの最適化、隠し設定の変更も出来るようですね。これを実行するとMacの調子が良くなったような気がする、気がするだけ??精神衛生上非常によろしいです。ムチャクチャ書いてますな…まだ致命的なトラブルにあったことがないからなぁ。いつかきっと、役に立つはず。
YuBurner
フリーのCD/DVDライティングソフト。OS本体(DiscBurner)では対応してない、追記や素のISO9660、Windows用のJolietフォーマットなどが焼けます。しかしハードオフのジャンクで買ってきた6年前の外付けCD-RW(PLEXTOR PX-W1210A)がアッサリ認識されたのには恐れ入った…。

マカーのみなさん!お勧めフリーソフトありましたら、是非教えてつかぁさい。

さーて、次はCPUアップグレードしてスーパードライブに換装するか?いやドライブの方が安いから先にそれイっちゃおか?夢がひろがりんぐ……え?Intel Mac?それって美味いの??状態ですが(笑)ここはマカーらしく?先日発表のアップルの新製品についても触れねばならんですね。

iPod Hi-Fi、トップの画像を見てうゎ、こりゃデカそうだな、真ん中のウーハーは38cm口径だったりしてな、で上に乗ってるのは噂の17インチモニター付きiPodか!?なんちて…実際はBoomBoxっつかラジカセなんだけどね…しかしアップルの宣伝文句を見てると再びこれが巨大スピーカーに見えてくるから不思議です。JBL4344も真っ青だ!(←元から青いっつの)

Intel Mac mini、高いよ!多分安くなると思うけど。Front Row(いわゆるリモコン)を見て思い出しました、昔携帯電話と間違えてテレビのリモコンをバッグに入れて外出してしまったというネタがあったなぁ。iPod Shuffleと間違えて…って、そりゃないか。さらに弁当箱と間違えて……つまらん話はやめましょうや。。

いつも想像力を掻き立ててくれる、アップルの新製品。

今回は、あまり欲しいとは思わなかったけど(失

すんません、ようやく移行作業完了かもしんない。前回の記事で中古のMacを買ったって話しましたね。長年メインで愛用していた太古のMac(PowerMac7600、こちらの記事で触れてます)から中古のMacへ入れ替えやってました。PowerMac G4/400MHz、本体は27,800円だったんだけどメモリやらOSやら買ったら結構散財してしもたよ…。そこへ「仕事」の後処理をウチに帰ってからやらねばならん事態になったりなんかして、これはブログの更新環境の前に「仕事」の環境を構築しなければ!と、バタバタやっとりましたです。金もないけど時間もないぞ!!

中古のMac仮設置中。最初こんな感じ→で中古Macを仮設置して、太古MacとLANで繋いでデータをコピーしようとしたら、これがメチャメチャ遅い上に不安定。しょうがない、一気にやっちまうか!?太古Macに入っているHDDを抜き出してそのままリムーバブルケースに入れ、中古Macに接続。うまくいきましたです。しかしこのHDD、ワケわからん物が一杯詰まっておるなぁ…どこぞで拾ってきた妙な画像とか面白動画とか…?よくもまぁここまで集めたもんだ。長年同じパソコンを使ってたらよくある現象かと思います、んなこたーないか(笑)これはそのまま残しておいて、いつでも読めるようにしておこう。120GBのHDDが丸ごと「捨てないゴミ」と化してしまいました(笑)整理下手炸裂ですな!?

ところでこの中古Mac、PCIスロットのカバーが1つ無くなってたんですよ。穴が空いてる状態のままというのもアレなんで、とりあえず何かカードを挿せないかなぁ…と。

謎のUSBカード。

近所の小さい(怪しげな?)パソコン屋で、1,500円で買ってきたUSBカードです。対応OSはWindowsしか書いてないけど、NECのチップ(OHCI/EHCI)だから多分大丈夫じゃないか?…と試し半分で挿してみたら、バッチリ動きましたよ。MacOS9でUSB1.1、MacOSXではUSB2.0で動作します。 しかしこれ、パッケージ写真は4ポートのカードなのに中身は2ポートだったってのがまた笑えますなぁ…看板に偽りありまくり!(笑

USB2.0が使えるようになったので?ついでにこんな物も入手。

IDE/USB変換ケーブル

IDE/USB変換ケーブル。ACアダプターとセットで1,980円。

HDDを接続したところ。

HDDを接続したところ。えっ!この状態で使うの!?…繋ぎっぱなしにするのは恐いかもしんないです。MacOSXでリムーバブルディスクとして、何とか認識されました。ちょと不安定かも…?HDDだけではなくCD/DVDなどの光学ドライブにも使えるらしいので、一時的なデータの吸い出しやドライブの動作チェックにも使えそうですね。

太古MacでOS9の環境と中古MacでOSXの環境、体感速度があまり変わらないのが面白いです。マシンパワーが少し上がった分(CPUは似たようなもんだがバスクロックが上がりメモリも512MB→960MBと増えてます)OSが重くなったってことですね?次はCPUをアップグレードしたいよ。その前にSCSIカードを入手しなければ…古い周辺機器を繋ぐだけだから高速なものでなくていいんだよね。これからもボチボチと安いパーツを探すことになりそうです。世間はIntel Mac速いぞ!つってるのに、何やってんだか(笑)スローなサイバーライフ、プアーなサイフ。

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja