まいう〜の鮹語録でタグ「マイケル・ジャクソン」が付けられているもの

R. I. P. from Japan

|

マイケル死んじゃったよ(´;ω;`)…何だか今年は、子供の頃から好きだったオモローカッコいいスーパースターが、次々と亡くなっていくねぇ。

1982年に発売された世界的名盤「スリラー」(→昔書いた稚拙なレビュー、ポール・マッカートニーと共演した "The Girl Is Mine" 、エディ・ヴァン・ヘイレンのギターがフィーチャーされた "Beat It"、白人ロックミュージシャンとのコラボが特徴的だねぇ。

80年代のブラックミュージックは、人種やジャンルの壁を超えたコラボを重ねて一気にメインストリームになっていった時代だった、そんな気がします。ポールとマイケルでは "Say, Say, Say"、スティービー・ワンダーとポールの "Evony and Ivory" なんてのもあったっけ?…そしてその集大成が1985年の "We Are The World" 、、いつも先頭にはマイケルがいたなぁ。私がこの手の音楽に興味を持ち始めた頃、まさにマイケルの時代でしたよ。マイケル最高にカッコええわ、ポゥ!フーズバッッ!!

でもその後マイケルは、Black or White? どっちでもええやろ?と、「白人化」してしまいます。やっぱコンプレックスが大きかったんだね、コンプレックスが大きかったからこそ、あれだけ偉業を成し遂げたんだろうね。

ここ10数年は奇行やスキャンダルばかりが話題になり「変なおじさん」度がますますアップしたマイケルだが、今年は復活ツアーで何かスゴい物を見せてくれるだろうと…それが叶わなかったのが、残念ですなぁ。棺桶から飛び出して「スリラー」やってくれるのを、世界中のファンが待ってるぞ!?

それにしても今日は仕事やる気がしねぇ、今夜はニートイット?あの頃のマイケルを思い出すか。宿直!

イェア〜マイコーブラボー!全面無罪おめでとー!、なのかな?ニュース見てたら「BAD」がかかってたんでこれは!と思いCD引っ張り出して聴いてますた。あー懐かしいなぁ〜これ、中学の頃何回も聴いてたですよ、マイケル・ジャクソンといえば以前音盤レビューで「スリラー」を紹介しました…しかしこの頃書いたレビューてホントええ加減だなぁ、やっぱお気に入りは「BEAT IT」と「P.Y.T」ですね、「P.Y.T」は最近もMP3プレーヤーに入れてよく聴いてました、「マイケル本当に無実なのか?」て意味も込めてね(笑)キャッチーなメロディに乗せてヴォコーダーヴォイスがゆんゆんと宙を舞うのが、いかにも80sテイスト!たまらんです…それにしても「BAD」懐かし過ぎ!!!ということで、再び音盤レビューをこっちに持ってくるか、ヨッコラショアイタタタタ…

MICHAEL JACKSON / BAD

AlbumCD
ジャケット画像
発売元/レーベル EPICソニー
品 番 32・8P-200
発売年月日 1987.8.31

01. BAD
02. THE WAY YOU MAKE ME FEEL
03. SPEED DEMON
04. LIBERIAN GIRL
05. JUST GOOD FRIENDS
06. ANOTHER PART OF ME
07. MAN IN THE MIRROR
08. I JUST CAN'T STOP LOVING YOU
09. DIRTY DIANA
10. SMOOTH CRIMINAL
11. LEAVE ME ALONE

ジャンル Soul/R&B おすすめ ★★★★

私は「スリラー」とこのアルバムの頃がマイケルの頂点だと思いますね、つか、それ以後の活動はあまり知らんのですよ…1曲目「BAD」は言わずもがな?あのインパクト抜群のイントロ、「ダッッ、チュクチュク、ポゥ!!」というパーカッションヴォイス?、独特のアクションに、当時はたちまち虜になっちまったもんですが、これ歌詞見ると「BEAT IT」に通じるもんあるよな?つか、「BEAT IT」の続編?もうね、今再び聴いて大きく心を動かされました!こんなレビューもどきを書かずにいられなかったんです!!洋楽の歌詞はちょっとぐぐればすぐ出てくるのがウマーですね、「BAD」の歌詞はこちら、「BEAT IT」はこちら

あと当時から好きだったのは7曲目「MAN IN THE MIRROR」グッとくるメロディですなぁ、、5曲目スティービー・ワンダーとのデュエット、スティービーめちゃめちゃゴキゲンです、、9曲目のDIANAってのはかつてマイケルを発掘してスターダムに伸し上げたダイアナ・ロスのことらしいですね。でもって故・ダイアナ妃は当時ライブでこの「DIRTY DIANA」を歌うマイケルにウットリしてたそうです…と、雑誌か何かで見たような気がする…10曲目のイントロでは「パン!茶!宿直」という空耳アワーのネタが聴けますね(笑)それにしても特に2〜5曲目あたり、今聴いてもこれっぽっちも古さを感じない音ってのはスゴいです、時代が一回りしたってことですか?いやまだそこまで行ってないですか…

「マイケル、たくさんの勇気をありがとう!」と、最後にクッさ〜いセリフ、これに尽きます。おしマイケル。

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja