まいう〜の鮹語録でタグ「ウイルスバスター」が付けられているもの

ウイルスバスターのMac版という物が出てたので、ライセンスが1台分余ってたので、試しに自室のPower Mac G4 (1GHz/OSX 10.4.11) に入れてみた。

インストールの前に

インストールの前に、同種のセキュリティソフトをアンインストールしなければなりません。が、別のパーティションにインストールされている物(OSごとバックアップした物で、当然アクティブではない)も検出してしまうじゃないすか!インストール中は当該ボリュームをアンマウントして対処します。

シリアルナンバー入力

シリアルナンバーとパスワードはWindows版で使っている物をそのまま入力すればおk。

インストール中。

インストール中。普通のMac版ソフトの画面ですね。

アップデート

起動してアップデート中。メチャメチャ遅い!!!

メイン画面

メイン画面。Windows版と大体似たような感じ。管理者パスワードで設定をロックできるのが、Macらしいところですね。

Web対策

Web対策設定、「フィッシング詐欺対策」と「有害サイト規制」。Windows版に比べて、かなり設定項目が少ないです。

検索画面

検索画面。ここはまぁ、こんなもんか?

ログ画面

ログ画面。インストールしたばかりなので、空っぽです。

フィッシング対策をoffにすると

フィッシング対策機能を有効にしたら、トレンドマイクロへURL等が送られるのがアレだねぇ。でも無効にするとメイン画面に「セキュリティが低下しています」みたいな警告が出て、メニューバーのアイコンにびっくりマークがつくんだねぇ。自分の意志で設定変更した物は、ある程度尊重して欲しいような気がするような…?

アクティビティモニタ

アクティビティモニタの画面。ウイルスバスター関連のプロセス名は "iCoreService"、メモリとCPUをガッツリ食ってますw

んー、何つうか、ちょっとツメが甘い?初Mac版だから、しょうがないね。パーソナル・ファイアウォールがないくせにNetBarrierと共存できないのはいかがなものかと?(ウイルスバスターの後でNetBarrierを入れたら、カーネルパニックで見事に固まりましたw)

速度は…やっぱG4には重いわw、、Web閲覧でストレス溜まりまくり。ひょっとしたら使えるか?と思った私が愚かだった…アンインストールして、元の環境に戻しましたです。

今後のバージョンアップでパーソナル・ファイアウォールが装備され、且つもうちょっとマシな性能のMacが手に入ったら、もう一度入れてみてもいいかな?ウイルスバスターは手頃な価格でWin/Mac合計3台までインストールできるのがいいですね。検出力とお節介機能?にちと疑問が残るが…

ウイルスバスターのSnow Leopard対応版は10月に出る予定。11月にはカスペルスキーのMac版も出るらしい…こっちの方が検出力は上らしいが、やはりMac版にはファイアウォールがないのか?いずれにしても、そろそろMacにもこの手のソフトが必要な時代になったんかなぁ…

以上、スペックが低過ぎて使えなかったトホホなソフト紹介でした。

前バージョンよりメモリ消費が減って快適になった!?と噂のウイルスバスター2008、早速比べてみました。以下タスクマネージャの画面、「メモリ使用量」でソートしています。

ウイルスバスター2007・メモリ使用量

↑バージョンアップ前、ウイルスバスター2007の状況。こいつなぜか、パターンファイルを更新するたびに重くなっていったんですよ。特にPcScnSrv.exeの肥大化が凄まじい!以前はtmproxy.exeの方が使用量が大きかったはずなんだけど、いつの間にか逆転してます(笑)こりゃ動作も遅くなるはずだわ。。

ウイルスバスター2008・メモリ使用量

↑ウイルスバスター2008にバージョンアップ、ウィルス検索した後再起動したところ。前バージョンとはプロセスの構成が違うみたいでよく分からんのだけど、一番上のSfCtlCom.exeはウイルスバスター関連かな?にしても、前とは比較にならないほど容量が小さいですね。

とりあえずメモリの消費が減ったのは間違いないようで、安心。で、動作が軽くなったかと言えば…どうかなぁ。マシンが非力だからしゃーないか。今後パターンファイルの更新で肥大化しないことを祈ります(笑

新春パソコン系覚え書き・第一弾。

正月からちょっと焦った話…いや実は急遽、別室のパソコンにアクセス制限を仕掛けねばならん事態になりましてね。身内の問題だから余計に始末が悪い…って何のこっちゃ(笑

ということで?ウイルスバスター2007のファイアウォール機能を利用して、特定のサイト(ドメイン)へのアクセスをブロックしよう!の巻です。

  1. ウイルスバスター2007のメイン画面から「不正侵入対策/ネットワーク管理」画面へ移動、パーソナルファイアウォールの[設定]をクリック(図1
  2. プロファイルの設定」で現在使用中のプロファイルを選択して[編集]をクリック(図2
  3. 例外ルール(プログラム)」タブをクリック(図3)、プログラムリストから"Internet Explorer"を選択→[編集]
  4. 設定モード:詳細設定」の下にある[追加]をクリック(図4
  5. 設定の追加画面、図5と同様に「方向:送信アクセス処理:拒否プロトコル タイプ:TCPポート:すべてのポートIP設定 タイプ:IPアドレス」と設定。「ホスト名」にアクセス拒否したいドメイン(例:mai-u.x0.com)を入力して右の[名前解決]をクリック、下にIPアドレスが表示されたら[OK]をクリックして画面を閉じる
  6. 4. の画面に設定が追加された状態に戻るので、設定リストに最初からあった「許可」の項目を右側の矢印ボタンを使って一番下まで移動する(図6これをやらないと設定が有効になりません。要注意![OK]で画面を閉じる
  7. 他のブラウザ(Firefoxなど)も使用する場合は、3. の画面から各プログラムで同様に設定を追加します。
図1 図2 図3

図1 - ウイルスバスター2007・パーソナルファイアウォールの設定

図2 - プロファイルの選択・編集

図3 - 「例外ルール(プログラム)」タブ

図4 図5 図6

図4 - 例外ルール・追加前

図5 - 例外ルールの詳細設定

図6 - 例外ルール・追加後

補足

  • 設定を変更されないようにパスワード機能を併用すると、さらに効果的でしょう…えぇと、パスワードはむやみに人に教えるもんじゃありませんよ(笑
  • 複数のパソコンで同様の設定をする場合、もしくはバレないように素早く設定したい場合?「インポート/エクスポート」の機能を利用すると良いでしょう。設定後に図2の画面から「プロファイルのエクスポート」で設定内容をファイルに保存し、それをLANなどで別マシンに送って「プロファイルのインポート」します。私はあらかじめ自分のパソコンで動作を確認した後でこの方法を使ったのですが、なぜか図6の画面で対象プログラムを再設定しなければならなかった…パスは同じだったような気もするんだけどなぁ…謎です。

以上、うまく使えば子供が使うパソコンなどにも利用できるかもしんない?…多分。しかしこの設定、ウィンドウがパカパカ開いてややこしいことこの上無しですなぁ…ったくこれだからWindowsは…つったら痛いマカーみたいで何か嫌な感じですが(笑)あくまでウイルスバスターの問題として、改良の余地ありだと思います。え?セキュリティ上あえて改良してないって?…それもあるかもしんない。。

タグ

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.27-ja