まいう〜の鮹語録でタグ「iTunes」が付けられているもの

毎度iPhoneネタばっかですんません、すっかり頭がアフォーん!になっとります。他にネタがねぇや。

ということでiPhoneを手に入れて10日、入れたアプリをざっと紹介します。今後入れ替わる予定あり。各アプリ名はiTunes App Storeへの直リンクとなってます。

BB2C
言わずと知れた、傑作2ちゃんねるブラウザ。当方Macでは "V2C" 、アドエス(WindowsMobile)では "2++" を使ってますが、何の違和感もなく?ホイホイ操作できますなぁ。
産経新聞
産経新聞の紙面が、一部広告を除きほぼそのままで読めるアプリ。これホントに無料なんですか?太っ腹ですなぁ。ただし読めるのは本日分のみ、古新聞の発生しないエコなシステムです。「近頃の人は新聞を読まない」とは、もう言わせないぞ!?自動でダウンロードする機能が欲しいです。
ウェザーニュース タッチ
全国各地の詳細な天気予報、雨雲・天気図・衛星写真・台風情報などなど。ライブカメラや天気概況の動画もあるぞ(これはあまり3G回線で使わない方がいいか)あると便利かもしんないアプリの一つ。
GNReader
Googleニュースを読むためのアプリ。話題のニュースを素早くチェック。
Free RSS Reader
RSSリーダーは数多く種類があって、GoogleやLivedoorなどのオンラインサービスと連携する物が多いみたいだけど、その類を使ってない私はとりあえずこれを入れてみた。"Byline" が人気みたいだが、ちょっと高いなぁ。
NeoReader
QRコードリーダーも有料・無料、コードを作成できるものもあったりなんかして、よく分からんなぁ。無料で読み取り精度もまぁまぁいいらしい?こいつを入れてみた。
Wikiamo
Wikipedia閲覧用アプリ。Safariで普通にWikipediaを開くとiPhone用に最適化されたページが開くが、こっちは専用のブックマークや履歴があるから便利かもしんない。
さいすけ(無料版)
当方、仕事用にGoogleカレンダー使ってます。Microsoft Exchangeのメールアカウントを設定すれば、iPhone標準のカレンダーと同期させることも出来るけど、iPhoneにプライベートな予定を追加したら、仕事用カレンダーに晒されてしまうじゃないすか!そこで無料版のさいすけは、ダウンロード機能のみとなってるのが安心ですなぁ。7日分しかダウンロードできないのが残念。標準カレンダーより見やすいとのことで、愛用している人も多いみたいです。
Good Reader
無線LAN経由でiPhoneをネットワークドライブとしてマウントし、ファイルの出し入れが出来る。さらにWord, Excel, PDFなどのドキュメントビューア、Webからいろいろダウンロードできるという多機能アプリ。これも同種の物がいろいろあって、どれを選んだらいいのかよく分からんね。PDFの表示がなかなか高速、写真もiTunesの同期機能とは違って、解像度を落とさずに転送できますよ。ただ写真の表示はちょっと粗いのが、改善されればなぁ。
WifiTrak
無線LANのアクセスポイントを探索するアプリ。私にiPhoneを勧めてくれた「仕事」先の人はiPod touch使いで、これでネット接続できる場所を探してるんだって。ということでWifiTrak、是非入れましょう!でもフリーなスポットって見つからないねぇ。ソフトバンクのつまらん3G規制のおかげで、役に立つかもしれないアプリです。
SHOUTcast Radio
iTunesのサイドバーにある「ラジオ」がiPhoneでも聴ける!でも例の規制があるから、3G回線ではやめた方がええかなぁ。80'sチャンネルを聴きながらドライブするのが夢だったのに…くそフトバンクめ。まぁ家でポケットラジオとして?使えるのは便利かと思います、国内のネットラジオを聞くアプリとして「らじおたっち」が人気のようだが、夜中に開いてみたらエロい番組名ばっかやったなぁ(笑
WakeTunes
iPodのライブラリにある曲を鳴らしてくれるアラームクロック。なんじゃが、起動した状態で眠らないと起こしてくれないのが最大の弱点。標準のアラームにあってもいい機能だと思うんだけどねぇ。
Shazam
テレビやラジオなどで流れている音楽をこいつに聴かせると、何の曲か教えてくれるらしい?ホンマかいな。「仕事」先での暇つぶしに使えるかもしんない、?
Photogene
iPhoneで撮った写真を、簡単に補正・トリミング等できるアプリ。吹き出しやフレームが合成できるのが、写メ用にピッタリだね。
Memory Status
メモリの使用状況を表示、最適化・クリーンアップもやってくれるアプリ。iPhoneの動作が重くなった時にいいかもしんない、でも再起動するのが一番効果あるかもしんない…?
ニコニコ動画
とりあえず入れてみた。相変わらずここの雰囲気はよく分からんね。でもたま〜に見ることもあるかな??

以上、こうして並べてみると、意外とたくさん入れてますなぁ。しかしソフトバンクの規制のせいで、これはあまり使えないなぁという機能も多々あるのが非常に残念です。ホント頼みますよ…。。

マカーに朗報ワロタ

|

MacKeyHoleTVワロタ

ついに出たかMac版KeyHoleTV!!…え、詳しい説明は省きます。P2Pテレビ、ワンセグいらず?とも言われてます、軽いソフトなので一度お試しあれ?

しかしこのMac離れしたUIと、Dockに入れたら浮きまくりのベタベタなアイコンにはワロタよ。あえてWindows版やWindowsMobile版と同じにしてあるんだと思うけど、早速2ちゃんで叩かれてましたなぁ。こういう細かなUIにこだわるところが、マカーだね。まぁ軽さが取り柄のソフト、UIが良くなった代わりに重くなったり複雑になったりするのは嫌だから、基本このままでいいんじゃないかと思います、

ちなみにWindowsMobile版はアドエスの無線LAN接続で、途切れながらも何とか視聴可能。寝ながらチョイ見には、使えなくもない?

新しいiPod ShuffleiTunes 8.1ワロタ

iPod Shuffle!いくら何でも割り切り過ぎだろ!!付属イヤホンに超小型リモコンを内蔵?(昔パナソニックにこんなリモコンあったなぁ)てことは他のイヤホンは使えないのか?リモコンつきアダプタが発売予定らしいけど、あまりデカかったら台無しだね。

曲名表示の代わりに音声ガイド(VoiceOver)で、14カ国語でしゃべるらしいです。Mac OS Xに搭載されているVoiceOverと同じような感じかしらん…マカーの方はCommand+F5を押してみてください、私のヒヤリング能力では、ちょっと無理だ…?

iTunesは新Shuffle対応の他には、特に変化無し?と思ったら、パーティーシャッフルが"iTunes DJ"って名前になってます。iPhoneやiPod touchからDJに何かリクエスト出来るらしいが、持ってないからよく分からん。あぁ、またLocalizable.stringsを編集して、ジャンルを英語に書き換える作業が始まるお…。

Apple、今年後半にもNetbookをリリース?ワロタ

「安物ネットブックは出さない」って言ってたのにね。9.7〜10インチのタッチスクリーンが搭載されるかも?らしいです。てことはiPhone/iPod touchのデカい版みたいな、もしくはMacbookのタッチパッドを画面上に持ってきました、みたいな物になるのか?

ネットブックはあの価格・サイズでWindows PCとして使えるのが魅力なんで、最低限通常のMac用ソフトが動いてWindowsのデュアルブートが出来る物にはなってもらいたいですね?と、近頃割り切り過ぎのアップルへ一言。欲しいかどうかは別として、気になる一品です。

新製品の嵐!!

|

品数多いんで、ごちゃ混ぜネタでお送りします。

新iPod & iTunes!

新しいiPod nano8月26日の記事まんまやんけ!でも「INFOBAR」はちょっと言い過ぎでした。あそこまで丸くはなかったか…むしろ細長でアルミチューブで、2nd nanoに戻ったような感じがします。まだ実物見てないから分からんけど。。当方2nd nanoの4GBでは容量が足りなくなりそうなんで、16GBのが欲しいなぁ〜と、指をくわえて見守る予定。

相性のいい曲を自動的に選んでくれるGenius機能、これこそ私が求めていた物だ!、と早速iTunes 8をインストールして試してみたけど、あくまでiTunes Storeをベースに動くみたいだね。Storeにない曲は無視される、そして邦楽ではそういう曲が多い?のが、ちょと残念。でもiPodに載ってたら、多分使うと思いますよ。てか、持ってない曲をStoreで購入ボタンとか、iPhoneの売り方もだけど、最近露骨に商売っ気を出し過ぎでねぇか?アップルらしくないぞ…?

とりあえず新nanoの実物を見たいぞ!と「仕事」帰りに寄ってみたら、嗚呼田舎の量販店…まだ3rd nanoが堂々と売られていましたorz (ちなみに生産終了が惜しまれているらしい?MDR-EX90SLは3つ在庫がありましたです。実は売れてない?…安くならないからねぇ)

ソニーのフルサイズデジ一眼!

キヤノンの前にソニーが出しちゃったよ!?

2,460万画素で約33万円、ほぼ予想通り?でしたね。頭が尖っていてゴツいぞ、フルサイズで手ぶれ補正だし、バッテリーグリップと合わせると物凄いボリュームだぞ!中級機、高級機と揃って、一眼レフにSONYのロゴも違和感なくなってきました。ファインダーへのこだわりに、ミノルタの遺志と古き良きソニーの魂を感じた…ってのは褒め過ぎか?

画質は…dpreviewにサンプルがあるけど、正直私の好みではないかなぁ?ノイズ処理がどうもアレな気がするのは、ニコン・キヤノンとは対照的にカラーノイズを残して輝度ノイズを消すというポリシーなのかもしれません。コニカミノルタ時代から、解像感よりも発色や階調を重視する絵作りだったからねぇ、、まぁこれはこれでいいのかもしんない?

やっぱセンサーを内製出来るメーカーは、コストパフォーマンスに強いね。この調子で、EOS 5Dの後継機を出さない(ティザーらしきもんはやってるから、近いうちに出るとは思うが)キヤノンを、どんどん煽ってやってください!!

auからもスマートフォン!

7月15日の記事で紹介した "HTC Touch Pro" が、auから出るらしい!?

au初のスマートフォンということで、料金プランはどうなる?がっかり独自仕様になるんじゃないか?と不安もあるけど、ここへ来て「iPhone包囲網」とばかりに、各社スマートフォンが揃ってるのが面白いですね。

iPhoneはケータイとしては売れなかった、失敗だ、敗戦だ!と言われてますが、日本のケータイを面白くする?とまでは行かなくても、少なくとも「スマートフォン」というジャンルをより強固にした功績はあるんじゃないかと思います。あくまで「スマートフォンはケータイとは別物」だけどね…怪しい外来種は隔離しろってことか?まぁ日本では別物にした方が、ユーザーにも優しいのかもしれません。

マイクロソフトから新世代マウス!

2年前に入手したロジクールのMX400がそろそろヘタって来たので、買い直そうかなぁ〜でもマイクロソフトからスゴいのが出るらしい?ということで、気になってました。。

青色LEDで接地面全体を照射かぁ、なかなか良さげだね。リンク先にあるExploere Miniは往年の「ナス型インテリマウス」をちょっとだけ思い出すデザインで、使いやすそうです。でもワイヤレスしかないし、79ドルと99ドルは高いなぁ。やっぱマウスは消耗品ですよ!!どこかMX400安売りしてない?

iTunesの文字化け再び

|

先日からiTunesの文字化けについて書いた、当ブログの過去記事

へのアクセスが増えておるなーと思ってたら…今回のアップデート(バージョン7.7 iPhone 3G対応)で、一部Macユーザーの間でMP3の文字化け現象が起こっているらしい?

「ID3タグを変換」で直ったという報告もあるので、もしや?と古いバックアップのMP3を突っ込んで試してみたら…どうやら今回のバージョンから、Windows版と同じような仕様になったみたいですね。

ということで、記事を修正しました。対応表と変換方法を再度こちらに載せておきます。


Shift JIS (ASCII) ISO Latin-1 Unicode
iTunes 1.1 for Mac ※1 ×
iTunes 7.0.2 for Mac (※2) ※1
iTunes 7.7 for Mac (※3) ※1
iTunes 7.0.2 for Windows ×
Windows Media Player 10 ×
Creative ZEN Nano Plus ×
iPod iTunesに依存? (※4)
PodManager ×
Pod野郎 (※5)


※1…「ID3タグを変換」機能で対応
※2…バージョン2.0.2〜7.6.2は同じ仕様らしいです。
※3…バージョン7.7で仕様が変更されたようです。
※4…曲ファイルとは別にライブラリデータを転送してるっぽい?つまりiTunesで表示されている内容がそのまま反映されるようです。
※5…ひょっとしたら、iPodのライブラリデータを読んでいるのかもしれない?(未確認)


ISO Latin-1→Unicodeへの変換 (iTunes 7.7以降)

  1. 文字列の変換」 - 「ISO Latin-1からASCIIへ」を実行する(文字化けが直る)
  2. 再度「ID3タグを変換」を開き「ID3タグバージョン(2.2〜2.4)を設定する

当方、件の記事の時に全部Unicode化してしまったから全く気付かなかったわけだが…何で今ごろ変更したんだろうね?ジャンル名の日本語表記といい、最近のiTunesはバグともとられかねない?微妙な仕様変更が多いような気もします。


ついでだからiTunes-LAMEのリンクも貼っておくか。

LAMEのエンコードオプションは、いろいろやってみたけど当初の設定に近い "-q 2 -b 192 --lowpass 20 --highpass 0.015" に落ち着いてしまいました…まぁいいか?

MacBook Air!薄い、とにかく薄い!薄いだけ?…メモリとバッテリーは内蔵固定のみ、インターフェイスはUSBとDVIと無線LANだけ、有線LANも光学ドライブもない!って、随分思い切った仕様だな。どんな人が飛びつくんだろう?正直、PowerMac G4 Cubeに匹敵する「やっちゃったプロダクト」として、一部ファンの心をグッと掴み続けてくれそうな予感がしました。(もちろん不具合は無しよ)角の曲面の処理が、現行iPod nanoに似てますね、折角SSD仕様があるんだからB5サイズのMacBook miniとかA5サイズのMacBook nanoとかあればいいね、と思うのは島国根性か!?

Time CapsuleTime Machineの補助装置みたいな名前だけど、多分無線ルーター+NASという内容だと思います…よく分からん。でも一体型になってる製品って少ないから、目の付けどころがアポーだね。ちょっと気になって調べてみたんだけど、これとApple TVは197mm角、AirMac ExtremeMac miniは165mm角なんだね。サイズを統一したらいいのに…でも全部重ねて使う人はいないか?

そうそう、iTunesも7.6にバージョンアップしました。映画のレンタルやるみたい。って、またアメリカローカルかよ!ジャンルが日本語に置き換わってしまう問題は、解決してないか…。当方Localizable.stringsを書き換えて対処しています。以下覚え書き的リンク。

多分これは仕様だ、ID3タグの正しい使い方だ!という考えだと思うんですが、そのくせWindows版は英語で表示するのは、よく分からん。

(2008/01/22追記)
…と思ったら、Windows版も7.6から日本語になってますね。こりゃ「仕様」で確定ですな。ちなみにLocalizable.stringsはC:\Program Files\iTunes\iTunes.Resourcesの、各言語フォルダの中にあります。Mac版のパッケージと似たような構成になってるのね。

最後にデザインネタ。

リンク先の英文記事(Gizmodo)にいろいろ画像があるんだけど、ブラウン製品かっけー。日本では電気カミソリのメーカーだと思われてるみたいだけど…ちなみに私はこれの黒いやつを持ってます。だからどうした!?

日が空いたのでつまらん近況です。我がPowerMac G4のHDDを不注意で飛ばしてしまったのでそれを必死で修復してたり、「祭」の撮影があったかと思ったらもう卒業アルバムの撮影かよ!とか、ドタバタしてましたです。

HDDを飛ばしてしまったのはMac OS Xが入ってるパーティションのみ、他の写真やら音楽やら入っている部分は無事でした。全くマウントしない状態になってしまったから、マジ焦ったよ。幸い必要なファイルは救出出来たので、ぉ…そう言えば交換する前のドライブがそのまま残ってるぞ、と、そこから改めて復元、て、1年以上前の物じゃねぇか!!…私のMacは一旦2006年5月時点の環境に戻ってしまいました。今になって見ると、OSのバージョンが10.4.6だったんだーとか、こんなソフト使ってたのか?とか、スクリーンセーバーが何じゃこりゃ?とか、面白いですなぁ。落ち着いたら今の環境をそのままバックアップしておこうかと思います。

ところでノートン先生って、今となっては「藪医者」なんですかね?ディスクの修復ならディスクウォーリアがいいらしいゾッ!という話を聞いたので、念のために?入手しました。いやFirst Aidでもノートンでも修復出来ないエラーがあったんですよ。でもディスクウォーリアなら一発で修復完了だ!素晴らしいソフトです。しかしパッケージはスカスカやしメディアはCD-Rやし、これで1マンは高いんじゃねぇの!?まぁ唯一無二のソフトだけに、仕方ないか…多分ね、CDから起動出来る=Mac OS Xの一部が入っているということで、アップルから結構なライセンス料を取られてるんだと思います。やれやれ。

話変わってiPhone、発売されましたね。アメリカ限定ネタだぜ!?これが発表された時に私は「素晴らしいインターフェイスだ!」と絶賛の記事を書いたような気もしますが、よ〜く考えてみると実際、使い勝手はどうなのよ?…具体的にはタッチパネルの反応とか、片手でどこまで操作出来るのか?などなど…こればかりは触ってみないと分からない、早く触ってみたい!というのが、今の心境です。とりあえずiPhone関連で面白かった記事

すでに本国では、iPhoneのメリットだけでなくデメリットなど、いろいろ明らかになってますね。最後の記事にあるようにiTunesでオンライン回線契約など、日本じゃ絶対無理だろうなぁ…恐らく日本に上陸するのは、第2世代以降で3Gに対応してからになるかと思うけど、来年末頃にはiPhone vs W-ZERO3で良きライバルになってたりしたら、面白いですね。

さてiPhoneに合わせてiTunesも7.3にアップデートされました。日本ではなーんの役にも立たないiPhoneのサポートを追加、おまけにリンク切れの「iPhoneヘルプ」付きです(笑)不具合報告もあるようなのでアップデートは慎重に…当方、iTunes-LAMEがスクリプトメニューに現れなくなったのでビックリしました。どうやら本バージョンから、スクリプトファイル本体がLibrary/iTunes/Scripts/フォルダにないと認識されなくなったらしい?そこでiTunes-LAMEのパッケージ内にある"Import with LAME....scpt"のエイリアスをScriptsフォルダに置いてみたら、無事メニューから使用可能になりましたです。アプリケーション形式のスクリプトプラグインを使っている方は、要注意ですね。

以上、近況報告になってない?近況報告。

小ネタ集(06/02)

|

すっかりオーディオと愚痴のブログと化してますなぁ(笑

またV15か!!!!

3月にV15 Type IIIを復活させて以来、にわかにカートリッジ熱が上がっております。hiroさんからType II試してちょ、などコメントいただきさらに興味津々でしたが…ありゃ?逆行っちゃいましたか??

DP-1600SHURE V15 Type IV + entre ES-10

DENONのDP-1600という微妙なグレード?のターンテーブルに、V15 Type IVとアントレーのシェルが付いて5,250円、某ハードオフで捕獲しますた。Type IVは例によって「針折れ」品だけど、いい買い物だったかもしんない?…暇と金が出来たらこいつもJICOのSAS針で復活させてみようと思います。Type IIIと比べて音質はどうだろう?正相か逆相か?断線チェックのために現用のアームに付けてみたら「鳴き」がほとんどなくてビックリしたぞ!などなど、楽しみですね。Type III〜Vまで、あっという間に揃ってしまっちゃったよ。。

DP-1600の方は正直どうでも良かったんだけど、よーく見ると普及機(多分当時5万円前後の物でしょう)の割にはしっかりとした造りで、これも暇があったら整備して音を出してみたいと思います…んん?アームベースの近くに妙なパーツが付いてるぞ!?気が向いたらまた紹介しますけん。

iTunes Plus重い・・・・

先日iTunes Storeで始まった高音質(AAC256kbps)+DRMフリーの配信ですよ。DRMフリーということは他のPCでも認証無しで聴けるし、AAC対応のプレーヤーならiPod以外(例えばソニーの最近のウォークマンなど)でもOKってことですね。あとはわざわざCDを焼かなくてもMP3に変換できるとか(笑)…便利かどうかは人それぞれだと思うけど、まさか日本でもやるとは思わなかったよ。東芝EMIの音源はほとんどPlus仕様になっているようです。太っ腹ですなぁ。

で、試しに何か1曲買ってみようかと思ったんだけど今一つ、これは買いだ!ってのが見つからない…てか、重いっす。ブラウズはおろか試聴もなかなか繋がらないし…もうちょっと間を置いて探してみるか。。

WILLCOMの新機種

こちらもにわかに活気づいてますね。東芝の音声端末、久々の復活。W-ZERO3[es]を使ってなかったらかな〜り悩ましい端末になってたかもしんないけど、個人的にはどうでもいいか?デザインがちと丸すぎるのがね…でも選択肢がわずかでも増えるのはいいことだと思います。

それより悩ましいのがW-ZERO3の後継機になるらしい?Windows Mobile 6のスマートフォンですよ。私のW-ZERO3[es]、この前知らん間に着信しない状態になってたことがあったりして…再起動したら復活したけど、ホント一昔前のパソコンみたいだ(笑)安定性が良くなってたらいいんだけどなぁ。新機種の発表は6月7日です。わくわくてかてか。

iTunes-LAME

|

オーディオネタ第2弾、iPodに入れる曲ファイルの話。

手持ちのレコードやCDから気に入った曲だけをボチボチと、MP3で圧縮して追加しております。現在のiTunesではAACが推奨されていますが、私はMP3派(笑)何だかんだ言って汎用性が高いですからね。万が一他のプレーヤーに替えたい!とか、車のオーディオにMP3 CDの再生機能があるから(iPod入手以降はあまり使ってないけど)とか、事情があるんですよ。。しかし音質は…?

昔作ったMP3を今聴いたら、やっぱ厳しいね。特にレコードから落としたやつ、高域の劣化が凄まじいです。最初は「聴ければいいや」的な発想で、iTunes内蔵のエンコーダ・128kbpsでテキトーに圧縮してたんですよ。私が思うに、レコード音源にはノイズ成分があるので(どんなに状態のいい盤でも細かい針音が入るものです)CD音源に比べて圧縮が難しいのではないか?と…幸いレコード音源は無圧縮のファイル(MacだからAIFFね)が残っていて、こちらはまぁ悪くない音なんで再度ノイズ除去等をやってビットレートを上げてエンコードし直したりと、やっております。

で、エンコードの方法なんだけど、iTunesのMP3エンコーダはあまり音が良くないっぽい?設定内容も今一つ「?」な所があるし…そこでこのソフトの出番ですよ。

MP3エンコーダの決定版、LAMEをMac版iTunesから使うことができるスクリプト・プラグインです。内蔵エンコーダより遅いけど、設定によっては高音質が期待できますね。アプリケーションファイルを(ユーザ名)/ライブラリ/iTunes/Scriptsに入れて、iTunesのスクリプトメニューから起動します。

iTunes-LAME設定画面
iTunes-LAMEの設定画面

さすがLAME、細かい設定ができるのがいいですね…て、コマンドラインしか使えないのかよ!?何ちゅう硬派なソフトだ…。

↑こちらで設定法を調べてみたけど、細か過ぎてわけ分からんなぁ…とりあえずレコード音源の圧縮にはこの設定を使ってます、、

-h -b 192 --lowpass 20 --highpass 0.015

CBR 192kbps、高音質(低速)設定。ハイパスフィルタはいわゆる「サブソニックフィルタ」ですね。レコードの反りなどによる極低音のノイズをカットするやつ。で、問題はローパスフィルタ。

iTunes内蔵エンコーダの128kbpsでエンコードした物は、無圧縮の物に比べて明らかに高域の伸びが足りないんですよ。恐らく15〜16kHzあたりでカットされてるんじゃないかと思います。160、192とビットレートを上げるに連れて高域が出るようになるので、フィルタの周波数も変えてるんだろうね……その辺はっきりと設定したいというのも、iTunes-LAMEを使う理由の一つだったりします。レコードには20kHz以上の成分が含まれているのでCDより音がいい、という都市伝説?しかし実際そんな超高域はほとんど入ってないという説もあったりなんかして…さらにうろ覚えですが1970年代頃の話?カッティングの際に15kHz以上を落とした方が音のいいレコードが出来るというのを、どっかで見たような気もする(多分70年代末期以降のレコードには、これは当てはまらないと思います)…まぁ44.1kHzでサンプリングしている以上、20kHzより上の成分はありえないだろう?と、こういう設定にしているんですが、実際どうなんだろうね??

今のところ上記の設定で問題無し、iTunes内蔵に比べて滑らかでレンジの広い音が得られるので十分満足なんですが、他にもCBRではなくてABRだとどうか?とか、フィルタの減衰幅は?とか、レコード音源に最適なエンコード設定、あったら是非教えてくださいです!!

そう言えば去年の今頃もオーディオネタやってたなぁ。そろそろレコード針を替えんといかんなぁ。ということで、次回は去年手に入れたまま放置していたV15 Type III(針無しジャンク)を復活させるぞ!の予定です…んが、こっちの純正交換針もいつの間にか販売終了だよ…となると、例の国産互換針を試すしかないか??

新春パソコン系覚え書き・第二弾。

昨年12月30日の記事で書いた、PodManagerで文字化けが発生の件。あれの原因が何となく分かりましたです。ID3タグの文字コードの問題なんだけど、恐らくこんなヘンな使い方してた人は非常に少ないんじゃないかなぁ…?

当方昨年末にようやくiPod nanoを入手したわけですが、iTunesはかなり昔、初期のバージョンからずっと使ってたんですよ。MacでMP3を作成・管理するにはこれしかないじゃん!みたいな。しかも昨年初めまでOS9使いだったりして…MacOS 9で動作するiTunesは2.0.4が最終バージョンですが私の環境、太古のPowerMac 7600(G4/420)では2.0.4がうまく動かなかったんで、1.1を使ってシコシコMP3を作っては溜め込んでました。

この時点で分かってたことは、どうやらMacのiTunesは他のプレーヤーと文字コードが違うらしい。そのままWindows等へ持っていくと化けるので、「ID3タグを変換」機能で変換した物をもう1セット作っておこう、というものでした。

…が、今回PodManagerの問題を契機にいろいろ調べたり試したりしたところ、今の環境ではその必要はないんじゃないか?…ということで、まずは参考サイトから。

iTunes初期の頃、5〜6年以上前のドキュメントです。上2つのページで挙げられているSoundJamとは、iTunesの前身となったソフトです。iPodやWindows版が出てここまで普及するとは思いもよらなかった頃の話。しかしややこしい内容です、何回か熟読したけど今一つ把握できない…とりあえず分かったのは

日本語ID3タグの文字コードにはShift JIS(ASCII)ISO Latin-1Unicodeの3種があり、プレーヤー(ソフト)によって対応が違う場合がある。

ということ…その後実際に試してみた結果から、各プレーヤーでの文字コード対応状況をまとめてみました。

(2008/07/13追記)

Shift JIS (ASCII) ISO Latin-1 Unicode
iTunes 1.1 for Mac ※1 ×
iTunes 7.0.2 for Mac (※2) ※1
iTunes 7.7 for Mac (※3) ※1
iTunes 7.0.2 for Windows ×
Windows Media Player 10 ×
Creative ZEN Nano Plus ×
iPod iTunesに依存? (※4)
PodManager ×
Pod野郎 (※5)


※1…「ID3タグを変換」機能で対応
※2…バージョン2.0.2〜7.6.2は同じ仕様らしいです。
※3…バージョン7.7で仕様が変更されたようです。
※4…曲ファイルとは別にライブラリデータを転送してるっぽい?つまりiTunesで表示されている内容がそのまま反映されるようです。
※5…ひょっとしたら、iPodのライブラリデータを読んでいるのかもしれない?(未確認)

つまりUnicodeにしておけば、ほとんどの環境で対応できるということですな、そしてUnicodeに対応してないiTunes 1.1を使い続けていた私が愚かだった、とorz...

ではShift JISやISO Latin-1でエンコードされたID3タグをMac版iTunesの「ID3タグを変換」で正しくUnicode化するにはどうすればいいか?↓こちらにヒントがありました。

そしてさらに分かったこと

  • 現在のiTunes(バージョン2.0.2以降)は、Unicodeが標準文字コードとなっている。
  • iTunes上でタグを編集、もしくは「ID3タグを変換」の「ID3タグバージョン」(2.2〜2.4)を設定することにより、iTunes上の表示に従ってタグをUnicodeで再構築することが出来る。
  • よって、iTunes上で文字化けしている場合はあらかじめ「文字列を変換」した後でタグを再構築する必要がある。

Mac版iTunesの「ID3タグを変換」ダイアログ

Shift JIS→Unicodeへの変換

  1. 文字列の変換」 - 「ASCIIからISO Latin-1へ」を実行する(文字化けが直る)
  2. 再度「ID3タグを変換」を開き「ID3タグバージョン」を設定する(iTunesデフォルトのv2.2、または2.3が良いでしょう)

ISO Latin-1→Unicodeへの変換

  1. そのまま「ID3タグバージョン」を設定する

ISO Latin-1→Unicodeへの変換 (iTunes 7.7以降)

  1. 文字列の変換」 - 「ISO Latin-1からASCIIへ」を実行する(文字化けが直る)
  2. 再度「ID3タグを変換」を開き「ID3タグバージョン」を設定する

こんな感じでいいのかな?間違いなどあったら指摘してつかぁさい。しかし改めて冒頭で挙げた古い資料を読んでみると、初期のiTunesの文字コード実装がいかにタコであったか、浮き彫りになりますなぁ。何でこんなソフト使ってたんだか…以上、恐らく多くの人には関係ない?覚え書きでした。。

今年最後の「仕事」のかたわら、先日手に入れたiPod nanoを弄ってます。正直「ヤホーイiPodだぞ」という気持ちと「あちゃー、ついにコレを買うてしもたか」という気持ちが錯綜しております(笑)…携帯音楽プレーヤーを容量の大きい物に替えることは半年以上前から考えてまして、W-ZERO3[es]を利用するとか(あまりの音の悪さに断念…詳しくはこちらをどうぞ)SDカードを使うタイプの方がいいんじゃねの?とかいろいろ検討してたんですけども

  1. フラッシュメモリで容量は最低でも2GB以上
  2. 音質が以前より使ってるCreative ZEN NANO PLUSより良い
  3. タグ管理で曲の検索が比較的簡単に出来る
  4. Windows/Mac両方で使える(Macがメイン)

以上の条件を満たす物って、iPod nanoしかないじゃん!みたいな…特に3.と4.が両立するのはiPodの他に皆無なんですね。マカーには音楽プレーヤーの選択肢がないのか?それはともかくみなさんご存知のiPod nano、すでにこの手の情報はあちこちにありますが、とりあえず覚え書き。

nano to nano iPodにソニーのイヤホン

iPod nanoとCreative ZEN NANO PLUS。イヤホンはソニーのMDR-EX90SL

iPodにソニーのイヤホンって、すげぇミスマッチ・マッチングだな(笑

Creative ZEN NANO PLUSについて

ZEN NANO PLUS以前から使ってたプレーヤーです。nano違いというか何と言うか…(笑

乾電池駆動(単4×1本)でUSBマスストレージ対応というのが、iPodにない利点ですね。USBマスストレージというのは、乱暴に説明すればUSBメモリにMP3再生機能がついたような物です。iTunesのような転送ソフトは不要、パソコンに繋ぐとドライブとして認識されるので、そのままファイルをコピーすればOKというやつ。Win/Mac両対応(Windows 2000/MeまたはMac OS 9以上)でドライバ類も一切不要ってのが素敵ですね。iPod以外の海外製プレーヤーには幅広く採用されているんですが国内メーカーにほとんど見当たらないのは、まぁつまらん大人の事情かと(笑

難点は曲の管理にコツが要ることか?一応フォルダで分類して管理することも出来るんだけど、曲数が増えるとお目当ての曲を探すのがなかなか難しくなります。お気に入りの曲だけ入れて聞き回すiPod shuffle的な?使い方にはいいのですが、大容量になるとそうもいかんよなぁ…。

1台のiPodを複数のパソコン(Win/Mac)で使う

再びiPod nanoの話に戻ります、複数のパソコンで使う話。検索して調べてみたんだけど、時々「出来ません!」って言い切ってる人がいるのが面白い(笑)…もちろん「出来ます!」が正解ですよ。ただしどれか1台をメインマシンにして、それのみ自動同期を設定、他のマシンは「音楽を手動管理する」設定で必要な物だけ追加・削除するという形になりますが…当方Windows・Mac各1台、Macをメインにしております。

  • Windows/Macで共用する場合は、最初はWindowsに接続した方がいいでしょう。最初にMacに繋いだらMacフォーマットになってしまって、Windowsで認識出来なかった…Windowsで「復元」をした後、再度Macで曲を入れ直す羽目になりましたよ。Windowsでフォーマット(復元)したものはMacでもそのまま認識出来ます。ストレージ領域を利用してファイルを持ち運ぶことを考えても、Windowsでフォーマットした方が良さそうですね。
  • iPodに曲を転送するために、それ用のプレイリストを作って同期させている人が多いかと思います。iTunes間でのプレイリスト共用の話。それぞれのマシンに同じ曲ファイル(フォルダ構成は異なっていてもOK)が入っていれば、「書き出し/エクスポート」でテキストファイルに保存した物をもう1台のマシンに持って行って「読み込み/インポート」で行けるようです。LAN経由での「共有」機能が使えるかと思ったけど、どうも再生だけで移動やエクスポートは出来ないみたい…もっとうまい方法がありそうですね。

とりあえず入れておきたいソフト

iPodに入ってる曲をパソコンに転送する方法は?…これも「出来ない!」って言い切ってる人がいるのが略…まぁいいや、iTunesとは別のソフトを使います。とりあえず下記の物を入れてみました。

当方の環境、PodManagerでは曲名などが化ける現象が発生…タグに問題があるのかなぁ…うまく使えるようなら1,000円払ってもいいかと思っていただけに、残念です。Pod野郎のほうは全く問題無し、これはオススメですね。

これらのソフトと前述のプレイリストの読み込み・書き出しとを併用すると、また別のパソコンでライブラリを再構築することも可能ですね。あ、もちろん自分が所有するパソコンに限った話ですよ、曲ファイルをばら撒いてはいけません(笑

ところでPod野郎のサイトに、iPodの世代ごとの中身について詳しく解説したページがあります。いい仕事してますなぁ。他にもWindows用のiPodユーティリティは数多くあるらしいですね。もはやiPodにおいても、MacよりWindowsの方が恵まれている状態なのか?…orz

音質は…?

ネット上では「iPodは音悪い」と言われている一方、ZEN NANO PLUSは「まぁまぁ悪くはない」という評判を良く目にします。ZEN NANO PLUSの音質に今一つ「惜しい」感があるだけに、iPodがもっと音悪かったら嫌だなぁ…と、それが購入に踏み切れなかった理由の一つだったんですよ…が、実際は逆でした!現行iPod nano(2nd Generation)の方が確実に上です。実はちょっと前に自前のイヤホン(MDR-EX90SL)で両方を聞き比べる機会があって、それで購入を決意できたんだけどね…

ZEN NANO PLUSで感じていた、パワー不足に起因すると思われる頼りなさがほぼ感じられなくなったのには感激でしたよ。上から下まで、よく鳴ります…て、すげぇいい加減な表現だな(笑)ZEN NANO PLUSに家で使っているモニターヘッドホン(MDR-CD900ST)を繋ぐと非常に悲惨な音になってしまいましたが(7月2日のイヤホン比較記事参照)iPod nanoはかなりマシになってます。さすがに据置アンプにはかなわないけどね…ドライブ能力が向上しているのは、間違いないようです。

ただずっと聴いていると、全体的に音が固いかなぁ…という気がしないでもないような?イヤホンのせいもあるのかもしれません。(ソニーの音って基本的に固めだし)ちなみにiPod付属の白いイヤホン、EX90SLと比べたら中音域にモッコリした癖があって、ちょっとレトロな音です(笑)音楽のジャンルによるかもしれないけどそんな悪い音じゃなかったなぁ…え?またイヤホンレビューやるですか??前向きに検討中かもしんない、、

しかしアレですね、先日も量販店を回ってアクセサリー類を探してたんだけど、一般向けのオーディオはiPodのようなデジタルプレーヤーを中心としたものにすっかり様変わりしてますね。こんな片田舎の店にまでヘッドホン・イヤホンの試聴コーナーが出来るなんて、2〜3年前までは想像もしなかったよ…昔と形は変わっても音楽を楽しむ機械としてオーディオが盛り上がっているのは、いいことだと思います。次回はiPod nanoとイヤホンを収納するケースについて書くかもしんない予定のつもり…。

ラッシュ

|

うぁ〜時間ねぇ…とりあえず走り書き。

W-ZERO3[es] Premium version

ソフトの追加だけで型番と価格は据え置き、今後はこちらのバージョンに切り替わるそうです。「ホームメニュー」は使いやすいかどうか?よく分からんが、普通のケータイにより近づいたのはいいですね。「名刺リーダ」はミニOCRみたいなもんか?本屋でゴニョゴニョとか、悪用してはいけません!?(笑)既存の[es]ユーザー向けにも配布されるのは嬉しいすね。それよりワンセグチューナーホスィ…。。

躍進するペンタックスの意欲作?「K10D」の開発者に聞く
前編後編 (ITmedia +D LifeStyle)

K100Dの時も同じようなインタビューありました。畳家氏かっこええですな。説得力があって正直な内容で、好感度upですよ。(写真がまたイイ!)メーカーサイトのサンプル画像を見た感じ、上級機らしい?ナチュラルな発色ですね。他の作例が見たいぞ!

iTunes 7.0.2

新型Shuffleに対応したアップデート、なんだけど動作が軽くなってるぞ。私の環境で起こっていたCDがらみの不具合もなくなり、読み込みも少し速くなりました。やっと使えるバージョンになりましたね!?例の古ノーパソにもWindows版を入れてみたけど、マシンパワーを考えたらこんなもんかな?

Internet Explorer 7

ブラウザの新バージョンが続いてますね。5年ぶりのメジャーアップデート、やっとタブ機能がついて他社に追いついたか?って感じなんですが、重くなったり不具合があったりしたら嫌だなぁ。ということで、Firefox 2.0と同じく様子見状態です。セキュリティ機能も充実したらしい?……あとはOutlook Expressの後継は、どうなるかなぁ。XP用にも「迷惑メールフィルタ」が付いたやつを出して欲しいです。ウイルスバスターに同様の機能があるんだけどこれが糞重いんですよ。速攻で切っちゃいました(笑)Macのメーラーには標準で付いてる機能なのにね。

不具合あとの祭り

|

突然ですが、hiroさんすみませんでした!どうやらそちらのURL"blog.drecom.jp"に、スパムフィルタが反応してしまうみたいなんですよ。ホワイトリストに登録したから大丈夫だと思ってたんだけどなぁ。最近は自分で書いたコメントが引っかかってしまい、管理ページに入って解除せねばならん羽目になったりもします…あまり強力すぎるフィルタも困りもんですな。。

ということで、9月23日の記事の続編気味?ちょっとオーディオ寄りのネタです。

iTunes 7.0.1

先日ようやく更新、あまりの不具合連発に、出るべくして出たアップデート?とりあえずメモリ食いは改善されたようですね。リスト表示←→アートワーク表示を繰り返してみたら、50〜90MBあたりをうろうろしている状態です…んが、調子に乗ってアートワークをパラパラやってると一気に200MB近く食ってしまうぞ!「重い」ことに変わりはないのか?(笑

CD再生時に頭が切れる現象は相変わらずでした。内蔵のDVDドライブ、Pioneer DVR-111からの読み込み…試しに外付け(FireWire)のPLEXTOR PX-W1210TAから読み込むと、こちらは正常に再生出来ましたよ。しかしQuickTimeのプレビュー再生ではDVR-111でも問題無しです。ドライブのせいなのかiTunesのせいなのか、どっちやねん!!と。

後で気づいたんだけど、CDからライブラリへの読み込み速度が遅くなってます。以前(6.0.x)は30x以上出てたような気がするんだけど、7にしてからは10x前後しか出ない…それからiTunes Storeで試聴ファイルを開く時に、「リバッファしています」みたいな表示がしばしば出ます……結局「重くなった」ってことかorz...

W-ZERO3[es]音悪っっ!

W-ZERO3[es]を音楽プレーヤーとしても使うことを想定し、イヤホンアダプタも同時に入手したんだけど8月31日の記事参照)正直、最初聴いた時あまりの音の悪さに笑っちまったよ。高域が全く出ないどころか低音も歪みっぽくなって、めちゃめちゃ荒い鳴り方します(笑)先日改めて[es]と手持ちのプレーヤー、クリエイティブのnano plusに同一のMP3ファイルを入れて聴き比べてみたところ、[es]は明らかに高音の出方がおかしいぞ!?ひょっとしてサンプリングレート落としてるんじゃねぇか?と、調べてみた結果…。

何と!W-ZERO3のサウンド出力は22kHzが仕様だそうで……そりゃ高音も落ちるわorz。。ただ、こちらにWS003SH(初代ZERO3)を分解した記事があるんだけど、よーく見るとチップレベルでは48kHzまでサポートしてるみたいなのね(WS007SHについては不明)ソフトウェアで何とかなるかも?と、淡い期待もあったりします。

しかし音質的には決して誉められたもんじゃない?nano plus、[es]の後で聴くとえらくクリアーなハイファイ音に聞こえたのには参ったよ…nano plus実は侮るなかれなのかホンマかいな?iPod nanoはどうなんだろう…是非聴き比べてみたいです、いやいや(笑)そういやiTunesのiPod接続の不具合は直ったのかな?

W-ZERO3[es]

何でもフォーマット後の起動中にフリーズしてしまい、そのまま修理送りになってしまうという不具合が複数報告されてるようです。

今のところ当方の[es]では不具合無し。フォーマットって、起動時にFn+Fを押すやつのこと?やったことないから分からないや。(電池室のリセットボタンなら何回か押す羽目になったことがある)てか、やらない方が良さげですな(笑)恐らくメモリの不良ではないか?とのことで、上記のサイトで情報を集めているそうです。

修理はウィルコムカウンター・ウィルコムプラザ等で受け付けてくれるそうですが、問題は対応が今一つアレなところですね。(シャープ側の対応のせいか?との説もあり)原因解明までダンマリを決め込むってのは、不具合時のメーカーの対応としてはよくあるパターンだったりするけど(笑)早く公式アナウンスして、安心させて欲しいもんですなぁ。

iTunes 7

先日新型のiPod nanoと同時に公開された新しいiTunes、私も早速アップグレードしてみましたが、どーうもこれが今一つ「イケてない」バージョンだそうで…?

当方の環境(Power Mac G4 AGP 1GHz / Mac OS X 10.4.7 / RAM 960MB / Pioneer DVR-111)では、とりあえずMP3の再生では問題なかったかなぁ。しかしCDを再生すると曲の頭が切れる物が一部あるようです。ライブラリに読み込んでMP3化すると正常になるけど…んー、謎。iPodは持ってないから分からん(笑

それから「重い!」という意見…メモリ使用量をチェックしてみると、最初に従来のリスト表示で立ち上げた時は約29MB。しかしアートワークを表示させると一気に108MBくらいに跳ね上がります。いかにも重そうな処理だからしょうがないか…問題は再びリスト表示に戻した時に、メモリが解放されないことですね。

あとMacユーザーの間で挙がってたのが「画面のデザインが悪い。Windowsみたいだ」?…確かに配色が暗いなとは思ったが、あまり気にはならないなぁ。こだわりのないマカーであります(笑)私がiPodを買う前に、早く修正して欲しいですね!?

iのメモリーTunes

|

8月4日13時17分昨日の記事、ヤホーイ!iTunes Music Store (iTMS)がついに日本上陸したぞー!と突発的に書いちゃいましたが、記事中に貼った画像は13時17分の時点でのスクリーンショット、右端のランキングを見てみると…大塚愛やDef Techなどに混じってなぜか8位に松崎しげるの「愛のメモリー」(笑)こちらのブログ記事によるとバグがあったそうで(その真偽は不明?)まぁ最初だからこういうこともあるか?そのうち消えるだろうと、あまり気にしていませんでした。んが、しかし…!

そこに目を付けたのが、お祭り大好き2ちゃんねらーです。早速松崎しげる「愛のメモリー」を1位にしよう!のスレがあちこちに立ちました。私が確認しただけでもニュー速、VIP、新・mac板で常にageてたかな?(←ログが長く残りそうな新・mac板だけリンクしておきます)「愛メモ」買いますた!報告の嵐で一時はランキングも3位まで上がりました…ダウンロード数どの位いったんだろうね?今はちょっと収束気味だけど2ちゃんねるでiTMSと言えば松崎しげるiTunes Matsuzaki Shigeru!?…久々に楽しい祭を見せてもらいましたよ。詳しくはこちらのWikiをご覧ください。以前から好きな曲だったので私も参加したかったけど、カードを売ってる店が近くになさそうだからなぁ。レコードも持ってるし…ということで、軽〜く音盤レビュー。

松崎しげる / 愛のメモリー

 Singlerecord
ジャケット画像
発売元/レーベル ビクター
品 番 SV-6266
発売年月日 1977

side A
愛のメモリー
(作詞:たかたかし/作曲・編曲:馬飼野康二)

side B
フライング・バード
(作詞:たかたかし/作曲・編曲:釘崎哲郎)

ジャンル Pop/R&B おすすめ ★★★★

情熱の黒・松崎しげる!…つっても当時はまだあまり黒くなかったみたいね(笑)この曲は当初「愛の微笑」というタイトルで1976年、スペイン・マジョルカ音楽祭に出場し第2位で入賞したらしいです。ん〜そう言われればスペインっぽいかも?まさに情熱の黒です!?…前年にはあの一発屋の宝庫、ヤマハの世界歌謡祭でも入賞してるそうです。

この曲の魅力は美しいメロディ、盛り上がる展開、しっとりとそして熱く歌い上げる松崎しげる本人!ですが「美しき人生よ、かぎりない喜びよ」で始まるサビの部分、この大らかな歌詞も好きだなぁ…ハッ!これはまさに「世界歌謡祭受賞曲の法則」に当てはまらないか?…しかし「愛の微笑」から「愛のメモリー」へタイトル変更したのは、どういう意味だったんだろう?とにかくこの曲は「愛のメモリー」として大ヒット、今でもギターを抱えどこでも歌う黒い顔と共に彼の代表曲として、そして2ちゃんねるでは記念すべきiTMSで最初のヒット曲として?いつまでも我々のメモリーに残ることでしょう。

ちなみに現在iTMSで買える「愛のメモリー」は最近新たに収録され、東芝EMIより発売されているもののようです。試聴した感じでは声も黒くなっている?渋いです。やっぱ買うべきかなぁ…ビクターはまだiTMSには参入してないんでしょうか?他にもソニーなど参入を見送っている、様子見中?のレコード会社は多いようです。そのため肝心な楽曲がない、ラインアップがショボいぞ!という意見も聞かれますね。私も最近気になる人を何人か検索したけど見つからなかった…やっぱ今後に期待ですか、早く参入しる!と。

一方で古い曲は意外と充実してますよ。新曲はあくまでCDで売りたいというレコード会社の思惑もあるのかな?2ちゃんねるの「松崎しげる祭」は懐メロ祭に発展しそうな勢いです。すでに「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)、「ルビーの指環」(寺尾聡)、「ダンシング・オールナイト」(もんた&ブラザーズ)などがプッシュされてますね…1曲150〜200円というとちょうど私がリサイクルショップ等でよく買う中古レコードと同じくらいか…1曲だけ聴きたいのがあるとき、あるいはCDを買うほどじゃないんだけどなぁ、というとき?気軽にポチポチっと買えるのがiTMSの最大の強みでしょうね。

私は上で挙げた定番曲、ほとんどレコードで持ってるからなぁ…あのアルバムがupされてるぞ!と発見するのも面白いけど、ビニールジャンキーなもんで同じ値段だとついついレコードの方を買ってしまいます(笑)iTMSではレコードで入手困難な古い曲もだけど、最近のマイナーな名曲を探したいと思ってます。ラインアップ増強禿げしくキボンヌ!

新・mac板看板?

iTunes Music Store前回に続きアップルネタです。ついに来ましたね!iTunes Music Store日本版。自室の古パソでは残念ながら使えないので(´・ω・`)別室のWindows XPでアクセスしてみました…まずはiTunesの最新版をインストールしようとしましたが、ダウンロードページが混雑しているようで開かない(13:00現在)…たまたまバージョン4.7がインストールされていたので、試しにミュージックストア→日本を選択したら、開きました!最新版じゃなくてもOKのようです。

しばらく探索…これ、試聴して回るだけでも楽しいですね。特に買いたい曲は見つかりませんでしたが、これから追加されるかな?クレカを使わずに曲を買うにはプリペイドカードを入手すればいいのか…機会あったらカードを買ってみようと思います。

しかしアップルの宣伝コピーって相変わらず面白いです。単純に笑ってしまった…

破りにくいラップ包装、プラスチックケースにべっとりと張り付いたあの嫌なシールなど、CDのパッケージにうんざりした経験があるなら、デジタルミュージックがおすすめです。爪を欠いたり、指にテープが張り付いたりすることはもうありません。iTunesに直接届けられた、合法的でクリーンな音楽をお楽しみください。

30秒間の試聴バージョンは作り直す予定はあるのかな?クレイジーケンバンドの「タイガー&ドラゴン」は最初のMC?だけで終わっちまったぞ(笑)……などとツッコミを入れてみましたが、実は昨日ラジオでイイ感じの曲が流れていたんですよ。それ探してみたかったけど名前を忘れちまったorz…曲のラインアップや検索システムなど、今後の発展にも期待ですね。

タグ

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja