2008年3月アーカイブ

すんません、、まことにすんませんっ・・・m(_ _)m

コメント処理めちゃ遅っっ!!

前記事にコメントいただいたんで返信してみたら…投稿後に画面が切り替わるまで、めちゃめちゃ待たされますなぁ。どうやらインデックスページの再構築に時間がかかってるようで、やっぱこのサーバーにMovable Type 4.1は重すぎるのか?かといって今更3.3に戻すことも出来ないし、どうしたものかと。

とりあえずインデックスページと同時に再構築される不要なテンプレートやモジュールを削除、さらにmt-config.cgiに "LaunchBackgroundTasks 1" を記述して、バックグラウンド処理を有効にしてみました。大丈夫かいな?という気もするが…おかげでかなりマシになりましたです。ご迷惑おかけしましたm(_ _)m、、なおコメント投稿後、直ちに記事に反映されないことがあります。しばらく時間をおいた後スーパーリロードして、確認してください。

Movable Type 4.1には、テンプレート周りにいくつかバグがあるようですね。何回削除してもゾンビのように生き返る、ウィジェットモジュールがあるのは何でだ!?それからシステムテンプレートに重複する項目があって、そのせいか検索結果のテンプレートが変更できない…こちらは同様の問題が報告されていますね。

シックスアパートで原因を調査中とのことで、待つしかないか…バグフィックスまだ〜〜??

DP1? DP-1??

すんません、シグマの新製品、「DP-1」じゃなくて「DP1」が正式な型番表記でしたね。ハイフンが付くか付かないかなんて、どうでもいいっちゃいいんだけども…検索で来てくれる方も多いんで、訂正しておきました。

ところで歴代キヤノンEOSの中で「EOS」の後にハイフンが付くのはEOS-1シリーズだけ?と思ったら、一つだけ例外がありますね。そう、EOS-3です。このカメラ、中身の骨格はEOS-1Nとほぼ同じなので(パワードライブブースターも共通)「EOS-1に準ずる機種」という意味で、あえてハイフン付きにしたのかと思いますが…さてEOS 5Dの後継は、EOSの後にハイフンが付くような物になるのか??個人的には廉価版を出すのが先だと思うから(ソニーのフルサイズ機の動向にもよるが)それはないと思うんだけど…そのうちいつか出るのかなぁ。。

お次はカメラネタ、、先週の話なんですけどもようやくEOS 40Dに付けるマグニファイヤーアイピース、オリンパスのME-1を入手したんで、軽〜くインプレしてみますです、

EOS 40DにME-1を装着。

EOS 40Dに装着したところ。接眼部が意外とデカいですな?液晶モニターにカブってるように見えるけど、実際は問題なくモニターを見ることが出来ます。

裏面下部を加工。

モニターのふちの部分、正確には液晶保護シート?にわずかに干渉するので、このように裏面下部を少し削ってみました。

倍率は約1.2倍。奥に引っ込んでいたファインダー像が、そのまんま手前に出てきたような印象ですね。視度調整もほとんど動かす必要がなく、アイポイントが少々ずれても像がボケることはありません。(ただ像が前に出る分、例によって眼鏡使用の方はちょっと厳しいかも…)Ef-Sスクリーンとの組み合わせでMFもバッチリ、これは素晴らしい!もっと早く買っとくべきだったよ…。

アイピースへの装着感はスムーズに入った後カチッとロックがかかるような感覚があるので、抜け落ちる心配はなさそうです。と思ったらこれ、ロックじゃなくて液晶モニター上部に「乗り上げる」形になってるのね。マグネシウム合金の部分だから傷はつきにくいと思うが…裏面下部を加工する際は削りすぎないように、透明プラスチック部分だけを避ける形にした方が良いかと思います。それから左右方向に若干遊びがあるけど、ファインダー像にはあまり影響ないから特に対策する必要はないか…?

カメラネタついでに話変わります。シグマのDP1、いつの間にか正式発表されたみたいだね。

実写画像を見てぶっ飛んだ…何ちゅう解像感!!もはやコンパクトカメラの絵ではない、一眼レフをも超えちゃってますね。シャープと言うよりは繊細・緻密な画質に、思わず見入ってしまいました。リアル460万画素だぜ!?高感度のノイズがちと残念だが…でも以前のFOVEON機よりは、かなり良くなってる気がしますよ。まだまだ発展途上のセンサーなので今後に期待、そして他社もAPS-Cセンサーのコンパクトカメラを出すのか?気になりますね。

本題の前にニュース、ウィルコムがスゴい端末を開発中ですよ!

インテルの新モバイルプロセッサ(Core2Duo互換で1.8GHz)が載って、Windows Vistaが動作するらしい…えぇーウソやろ!?あの糞重いVistaが動くんか?多分Windows Vista Mobile Edition?みたいな、軽量化されたやつになるんじゃないかと思うけどね…それでもWindows PCと全く同じソフトが動くとしたら、そそられますなぁ。W-ZERO3シリーズとは別系列の製品になるとのことで、スマートフォンと言うよりはモバイルPCに近い位置づけになるのか?通話機能がなかったら、アドエスから乗り換えることは出来ないなぁ、価格もグッと上がりそうだしなぁ、てか端末が多機能になっても通信速度がry…それは言わない約束かorz、、6月に発売の予定だそうで、一体どんな物になるのか?楽しみですね。

ということでまだまだアドエス、ソフトで進化し続けるアドエスです!先々月の記事「アドエスに入れたソフト一覧」以降に追加した物を、ざっと紹介。

QuickMenu
GSPocketMagic++から入れ替え。上記リンクにあるのは英語版ですが、こちらを参考に日本語化できます。日本語MUIが2バージョンあるみたいですね。GSPocketMagic++が通常のスタートメニューと別のメニューを表示するのに対して、こちらはスタートメニューを完全に置き換える形になります。タスクの切替/終了、プログラム・設定のサブメニュー、ソフトリセット(再起動)など、機能的にはほぼ同じではないかと思います。W-ZERO3[es]系ではサイドキーがメニュー表示に割り当てられてしまうという不具合があるけど、とりあえずサイドキーの長押しに画面回転を割り当てとけばいいか?(カメラはサイryなやつをスタートメニューに入れた)もっと早く入れとけば良かった?一品です。
zm_helper
W-ZERO3メールの機能改善ソフト。メッセージ返信時にカーソルを本文部分へ移動してくれたり、ダイアログやポップアップを自動的に閉じてくれたり、その他いろいろ気配り機能?があるみたいです。op_helperと同様、スタートアップに入れればOK。
Ad[es]用 W-ZERO3メール メニュー変更MUI
こちらもW-ZERO3メールの機能改善、メニューが少し使いやすくなる?らしいです。当方、返信よりも不要なメールをチェック→削除することが多いんで「チェックver」をインストール、しかしどこが変わったのか?今一つ不明な状態です。そのうち使っているうちに分かるか?メールする相手がいないんすよorz
NetFront Browser v3.5 コンセプト版
前バージョン(3.4テクニカルプレビュー版)の使用期限が切れたのでバージョンアップ。こちらも英語版のみの提供ですが、日本語化MUIを作ってくれた方がいます。もともとMovableType 4.1の管理画面を開くためにとりあえず導入した物だけど(詳しくはこちらを参照)レンダリング速度が上がって「糞重い」感覚がかなり軽減されたのはいいですね。スクロール機能もなかなか快適です。起動中にCPU使用率が100%になるという不具合があるので、こまめに終了しながらサブブラウザとして使うという形になりそうです。
ChgSuisoku
前の記事でこれ書くの忘れとった…m(_ _)m、、ATOKの推測変換をON/OFFするソフトです。当方スタートメニューに入れて手動で切り替えてますが、縦画面/横画面で自動的に切り替える使い方も出来るようです。推測変換って便利だけど、時々鬱陶しいことがあるよね?

え、最後にあんま関係ない話です。ウィルコム使いの某友人とライトメールで連絡とることがあるんだけども、何故か未だに半角カナでやりとりしてるのね。友人は京ぽん2(WX310K)だから全角でも問題ないはずなのに、何でやろ?DDIポケット時代からの長いユーザー同士だから、昔の半角しか使えなかった「Pメール」をそのまま続けている感覚なのかなぁ、と。

…いや、半角でメール打つ時に推測変換が邪魔だから、上記のChgSuisokuが大活躍か?というところで、ふと思い出したんですよ。でも「何で半角なの?」って、今更こんなしょーもないことを聞く気にもなれず…まぁ短いメッセージやし、意味が伝わればええし、何かカワイイやん?…ということにしとくか。それだけです。なんのこっちゃ。

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja