ネットウォッチ: 2007年10月アーカイブ

いきなりですが「もっと私らしく」とかいうフレーズ、若い女性向きの広告やCMによくあるやつですね、あれ最初に見たのは、もう20年以上前か?未だにキャッチコピーとして通用しているのには驚きですなぁ。「私らしく」って一体何よ?自分でも分からないのに人のことなんか知るかボケ!ちょっと考えれば気付くんだけど、いや分からないからこそ街には似たような格好した女があふれているのか?結局「自分らしく」「個性的に」とは逆の結果になってるのが面白い…長きに渡って世の女性の心を動かしている、魔法の殺し文句ですな!?これ最初に考えた人はスゴいよ。。

前回記事の続き、と言うよりは10月16日の記事「マスメディアvsヲタメディア?」の続きかもしんない。「初音ミク」騒動で両者の対立関係が浮き彫りになったわけだが、当初から2ちゃんねるで囁かれていた「某大手広告代理店の仕業ではないか?」っていう「陰謀論」、もし本当だったら面白いですなぁ。多分ほとんど妄想だと思うけどね。

つまり今まではマスメディア、つまり広告代理店がテレビや雑誌等と組んで流行を作り日本の文化をリードしてきた、そこへ我々ユーザーがコンテンツを作ったりネットで広めたりという動きが加速すると、そりゃ宣伝・広告を一手に引き受けてきた者から見れば、面白くないぞ!ということです。だから「初音ミクを使ってる人=ヲタク=キモい」と。

そもそも「ヲタク=キモい」っていう一般認識?これも彼らのネガティブキャンペーンじゃないかと思うんですよ。誤解を恐れずに申しますと、マニアックな趣味を持っている人にはみんなある種の「キモさ」があるんです。対象を深く愛するほど、熱く語るほどに「キモさ」は増大していく?…アニメ・ゲーム・パソコンに限らず、例えばマイナーな音楽とかオシャレなグッズとか、あとMacユーザーとか(笑)今は趣味趣向が多様化して、あちこちに小さなコミュニティがありますね、まぁ自分の好きな物がメジャーになるとつまらなくなるってのはよく分かるんだけど、端から見ると閉鎖的・排他的な「キモさ」を感じることが多い…つまり、おまえら全員キモい?!…あ、「キモい」の意味が分からない人は、「キモい=意味わからない」だと思ってください(笑

ではなぜ、いわゆる「アキバ系」の趣味を持っている人が特に「キモい」とされるのか?…と、ここで本記事の最初に書いた話です、、マスメディアは長い間、若い女性を最重要ターゲットとして広告を作ってきました。定番の「殺し文句」があればOK、それにやっぱ綺麗だし華があるし楽しそうだし、何かそそるじゃん…だから多くの男性や年配者など、他のターゲットも惹き付けられるんですね。人が集まると商売になる、まさに一石二鳥。こんな美味しい話はない、と。

そこへ女性向けの広告へなびかない人々、アニメキャラやフィギュアに「萌え〜」、三次元には興味なし!という、いわゆる「ヲタク層」が出てくるんですよ。若い女にそそられないなんて、意味わからない。つまり「キモい」ってことですな。しかもネット上で彼らの発言力が高まったおかげで、今まで続いてきた美味しい話のカラクリが暴かれようとしている!?これはまずいぞ、よし、あいつらキモいぞキモいぞキモいぞキモいぞ!!!!…というのが、彼らの本音じゃないかなぁ。

まぁとにかくマスメディアvsネット社会で対立関係があるのは明らかになったわけで…しかしマスメディアのやり方はあまりにアンフェアですよ。ネットによる情報伝達、口コミを封じようと必死。音楽業界がいい例ですね。口コミでCDが売れるためには、多くの人に曲を聴いてもらわなければならない、しかし彼らは「著作権侵害」を理由にYouTubeにあがっているやつを徹底的に削除する…CDが売れようが売れまいが、マスメディアによる宣伝以外は認めない!みたいな。問題の「ダウンロードの違法化・著作権法の非親告罪化」は、彼らのネットメディア掃討作戦という面もあるのではないかと思います。結局自分に跳ね返ってくるだけなのに、彼らは気付いているのかいないのか??

CGM(消費者生成メディア)って言うんですか?興味深い話ですなぁ。私はこの動き、是非応援したいですね。「萌えキャラ」にはあんま興味ないけど(笑)いややっぱね、「いい物が売れる」社会にしたいんですよ。民主的資本主義というか何と言うか……以上、相当「キモい」ことを書いてしまいました。

「初音ミク」騒動、まーだやってるですか!?そろそろ飽きたんじゃねぇの?…いやいやいや、この騒動は「初音ミク」にとどまらず、現在のネット社会周辺に存在するあらゆる問題を浮き彫りにしております…と、某ステの古館みたいに、大げさに言ってみるw

結局Googleのイメージ検索は、無事表示されるようになったんだっけ?何でも手動で復帰したらしい?ご苦労様ですm(_ _)m

前から気づいてたんだけどあのイメージ検索、例えばタレントやアニメキャラの名前で検索しても、そのものズバリの画像が出てこないことがあったんだよね。出てきたとしてもオフィシャルサイトの画像は後の方で、トップにはニュースサイトの記者会見の画像とか、個人ブログの記事などが引っかかることが多い…通常のウェブ検索ではオフィシャルサイトがトップに表示されるのに、何でやろ?…多分私の勝手な推測、著作権的に問題のある、版権ものっぽい画像は自動的に順位を下げる処理がされてるんだと思うんですね。今回は「初音ミク」がそれに引っかかってしまったんではないかと。「検閲」じゃなくて、Googleが不当に訴えられないための防衛策ではないかと思っております。

つまり、著作権に配慮したために我々ユーザーは不便を強いられているわけで、「著作物を利用する権利」というのは全く守られてないんだなぁ、と…しかし現状はまだマシな方で、万が一著作権法が非親告罪化、ダウンロードが違法化されたらどうなるのか?下手な検索結果を表示したら、今度こそGoogleが逮捕されてしまう!?もう版権ものは一切検索出来なくなってしまうのか??恐ろしい話ですなぁ。

誰かの「我儘」のために、他の誰かが迷惑を被ることがあってはならない。だから法による規制があるんじゃないかと思ってます。著作物が不当にコピーされることによって、著作者が不利益を被ることがあってはならない…そういう意味で、私は現在の著作権法は(一部を除いて)まぁそこそこ適切に運用されているんではないかと思いますよ。あくまで「親告罪である」という点が大きいですね。

著作物を売って商売してる人から見れば、少々の著作権侵害があったとしても、売り上げが上がればいいんじゃないかと…だからグレーゾーン、と言うかある程度「黙認」している著作者もいるようですね。古くは同人誌の世界がそうだったのかな?現在はYouTubeやニコニコ動画などがその一例。ネットユーザーが盛り上げて、宣伝してくれればいい、でも「ある一線」を超えちゃダメですよ。一線を超えて著作者が損をする事態になったら、その時は徹底的に取り締まります。そしてその「一線」は、各権利者が販売戦略に応じて自由に設定することが出来る。もちろん設定を間違えば業界自体が衰退することもある…こう書くと何ともフェアな?現著作権法、非親告罪化されるのは、権利者にとってもいいことにならないんじゃないかなぁ。

要は売れればいいじゃん、宣伝になればいいじゃん、ということなんだけど、何かそうはいかない事情、そうなるとまずい連中がいるんですか??…次回に続くかも。

突然ですが、2ちゃんねるで時々見る「ょぅι゛ょハァハァ」「三次元に興味なし」という類のカキコね、最近では「彼女が恥ずかしがってモニターから出てこない」ってのもあるか(笑)あれ半分以上はネタなんじゃないかと思うてます。つまり、男はどうしても純粋無垢な女を求めてしまう悲しい生き物である。しかし今の日本でそのような女性を探しても、もはや幼い子供か、あるいは二次元の世界にしか存在しないではないか?という皮肉なんですね。…て、こんなこと書くからキモいって言われるんだよって言われるんだよ!!!?野暮なことを書いてしまいました。わろすわろす。

先日から「初音ミク」のネタをちょこちょこ書いておるわけだが、その後GoogleやYahooのイメージ検索から画像が消えた!とか、Wikipediaで削除合戦?とかで、えらい大騒ぎでしたね。当方「初音ミク」にそれほど入れ込んでるわけでもなく、面白そうだからヲチしてるだけなんだけども(笑)「初音ミク」を本気で潰そうとしている人がいるのは間違いないっぽい?果たしてどんな連中なのか?そっちが気になりますなぁ。とりあえず分かったこと

  • Googleのイメージ検索は、意外と使えないことがある。(前から関係ない画像がよく引っかかってたし)
  • マイクロソフトのLive Searchは、なかなか使えるらしい。
  • Google以外の検索エンジンも、もっと活用しよう!
  • 何だかんだ言うてTBSの件も含めて?「初音ミク」の名前が知れ渡る結果になったのは、面白いですなぁ。
  • てか、初音ミクと言うよりボーカロイドの技術は、やっぱスゴいね。

ニコニコ動画に、演歌やらYMOやら歌わせてるのがあるんですよ。「スナック初音」「HMO(初音ミクオーケストラ)」ってやつ…それから「おっさんホイホイ」ってタグもあるか、見事に引っかかってます(笑)…これがレベル高いんです、上手い人が歌わせるとかなり上手い。コブシの効かせ方とか抑揚の付け方とか、作者によって特徴が出たりなんかしてね…あぁこれは楽器なんだ、演奏者の個性が出るもんだなぁと、感心しましたです。すでに、次は大人っぽい声を!とか男性ボーカルが欲しい!とか要望があるらしい?メンバーが増えて進化したら、もっと面白くなりそうですなぁ。あ、それから"Packaged"って、いい曲だね。

叩くの大好き2ちゃんねらー、つったら語弊があるか(笑)ボクシングの亀田家叩きは、無事処分も出て一段落したんだっけ?しかし内藤選手はいいキャラしてるなぁ、え?今度は内藤選手が「テレビに出過ぎ」って叩かれてるって?まぁまぁ、今のうちに稼がねばってのもあるし、将来引退して解説者として活躍するために、名前を売ってるのもあるんじゃないすか?それにしても彼がTBSに生出演してるのをよく見るわけだが。試合中継で思い切り亀田を応援していたけど、その後コロッと手のひらを返したTBSですよ。一説によるとスポンサーが逃げたからか?とも言われているらしい?…なるほど、そういうことか。。

前記事でポロッと口走ってしまった「初音ミク」そしてTBSと言えば!?

これ、リアルタイムで見ました(笑)初音ミクの紹介じゃなくて、痛いアキバ系ミュージシャン?のネタ紹介になってるじゃねぇか!と。初音ミクは単純にすごいソフトだなぁ、面白そうだなぁと思っているだけに、その良さが伝わってこなかったのが残念です。

…つか、これは一種の文化間対立?マスメディアvsヲタメディア、みたいな。個人的には「ヲタはキモい」って感覚は、まぁ分からないでもないんだけども、「萌え〜」とか「俺の嫁」とか、ちょっとついて行けない部分もあるんだけども(笑)大のテレビ局が「初音ミク」とアキバ系パフォーマンスとを一緒にして皮肉気味に叩いているのを見て、何とも後味悪い気分になりましたよ。ははーん、これはライバル関係だな?マスメディアは自分たちが作り上げた物でないサブカルチャーが市民権を得て世界進出することに、危機感を感じているんですね。

TBSに限らず夜の某ステなどでも、携帯裏サイトの犯罪等に絡めて「ネットは危険だ、問題だ!」と解説しているのを何回も見ます。出た!またネット批判だよ。私は常に「ネットとマスメディアは、媒体としてライバル関係にある」というのを念頭において見るようにしています。だからネガティブキャンペーンもやるんだな、と。ただ問題は「マスメディアには長年の実績があり、まだまだ多くの人に信頼されている」ということなんですね。騙される人もいるのかなぁ…てか、おまえらが2ちゃんねらーと同じ土俵に降りてどうする!!と言いたい。

まぁ何だかんだ言うて日頃ヲタを叩きまくってるマスメディアも、いつぞやの「電車男」みたいにスポンサーがついて商業ベースに乗ったら、手のひらを返すように持ち上げてメジャーにしてしまうわけだ…なるほど、そういうことね。。

アーカイブ

ネットウォッチの月別アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja