雑多なネタ: 2007年7月アーカイブ

ラジオはいいねぇ。

|

いや〜「音盤レビュー」なんか、下手糞にやるもんじゃないね。一晩かけて書いたはいいが、翌日「仕事」へ向かう車の中でその盤を改めて聴いてみたら「あっ、あれ書くの忘れとった」とか「あそこは書き換えた方がいいんじゃね?」とか、足りない点が出まくり。丸一日かけて、チマチマ修正しとりました。ボキャ貧まっしぐらですな。5年前、こんなモンをほぼ毎日書いてた時期があったなんて、我ながら信じられないっす。

と、前回レビュー記事のタイトルで思い出した…当方「仕事」の合間にはラジオを聴くことが多いんだけど、昼間のローカルFMで「オーバーザレインボー」って番組やってるんですよ。大体午後2時ぐらいを挟んでやってるんで、まさか名前の由来がソレってこたぁないと思うが(笑)日替わりのテーマに沿って、男性と女性で掛け合いみたいなトークやってます。いつも男性がオヤジギャグ(時々下ネタあり)を飛ばして、女性がそれに突っ込むんですよ。男性は恐らく40〜50代?のファンキーな中年男、では女性は?…声は若そうだけどオヤジギャグにバッチリついていってるから、素敵な「お姉さん」だと思います(笑

リスナーのターゲットはずばり30代〜40代、新しい曲よりも古い曲がよく流れます。トークの落ちがついた後?曲紹介なしでいきなりかかるんだけども、選曲がまた絶妙なんですわ。特に80年代の洋楽、あーっ、これめちゃめちゃ聴いたことあるんだけどなぁ、誰の曲だ?…うぉ〜っ、思い出せねぇ、、ってことが何度もあります。後で曲紹介を聞いてレコード漁りの旅に出たくなる?今となっては貴重な体験が出来る番組。この時間帯、テレビは主婦向け一辺倒だけどラジオは私のように仕事中に聴く者も多いためか?「男女兼用」の内容になってるのがいいですね。

ここは番組名にちなんで、是非レインボーの曲をリクエストしてみたい!と思ったけど、こんな暑苦しいのはイヤだって言われそうだな…てか、リクエストは受け付けてなかったような…いい番組です。昼下がりにマッタリ流し聴き出来るよう、うまく作られていると思います。

そう言えばDJ赤坂は午前11時台の番組やってるんですね。ミュージシャンを呼んでインタビューするってやつ。インタビューものは苦手なんですよ。特に新人アーティストに多いかもしんない?今度出る新曲はほげほげづらづら…と小一時間語りまくり、いいから早く曲かけろやゴルァ!と思うことがしばしばあるんだけど、この番組は不思議とそれを感じさせない内容です。DJ赤坂がうまいのか、それとも人選がいいのか?…ホントはまた「ミリオンナイツ」みたいなのをやって欲しいんだけど、実は本人はマッタリ番組がやりたいのかもしれませんね。

以上、詳細は調べればすぐ分かるんだけど、あえて番組を聞いただけの印象で書いてみた(笑

どーうもで〜す、お世話になりま〜ス。あ、ちょと遅れちゃいました。サーセン、フヒヒヒヒ…ほないきま〜ス、ハイ、チーズ!…もう一枚!ハイ、チー……あっっ!!好きなポーズしていいすよ、フヒヒヒヒ、サーセン…

こういった客商売未満な対応を繰り返すと日本語が壊れていくの法則…いや〜さすがにここまで壊れてないと思いたいけどね、似たようなもんかもしれん(笑)そのうち「よかったらゼンゼン写っちゃってくださぁ〜い」とか、言い出しかねんな。きんもっ!!☆

連休は台風が来たり地震が来たりと、日本全国大変でしたなぁ。地震怖いっす、ウチにこんなデカいの来たらアウトです…まぁ、死ぬときは死ぬときだ、と覚悟するしかないか?結局晴れたのは日曜日だけだったですが、いきなりエアコンから水が出たりして、ドタバタでしたよ。結局「力技」で直したんだけどね…ドレンホースから息を吹き込んでゴボゴボって、良い子は真似しないでください!!(笑)エアコンクリーニングせんとあきまへんなぁ、エアフィルターは大して汚れてないのに内部がゴミだらけなんですよ。フィルターの意味ないじゃん…。

月曜日はずっと雷雨だったです。地震雷火事オヤジ!怖いですね〜。オヤジつってもウチの「親父」はあまり怖くないかな?それより世にはびこる「エラいオヤジ」の方が、怖くないですか?(『仕事』がらみとかね…)奴らはどこまで悪いことを企んでるのか?分からないところが怖いです。例の地震で壊れた原発のこと、まだまだ隠してるんじゃねぇの?

ちょっと前から伝えられていたネタですが、ようやく正式発表と謝罪?ですね。1年前のドタバタ、ありゃ一体何だったんだろう?我々は踊らされていただけだったのだろうか?と。失われた「名機」は戻ってこないんだね。「仕事」先近くにあったナイスな中古屋も、テレビで度々取り上げられていた秋葉原のオーディオショップも、多分戻ってこないだろう…残念でなりません。

エコロジーってのは経済的って意味か?経済的ってのは経済効果が高いすなわち儲かるって意味か?と、エコバッグに物凄い勢いで群がる女たちのニュースを見て、ふと考えてしまいました。以上、全くもって不経済な雑記終了。

血出痔、、いや地上波デジタルの録画制限について、総務省とテレビ局でいろいろやりあっとるらしいですな。今まで1回しかコピー出来なかったのを9回、いや10回に「規制緩和」するって?例えばHDDに録画した物を9枚のDVDにコピー出来るようになるらしい…でもそのDVDから「孫コピー」は出来ないんだよね。DVDが古くなって読めなくなればアウト、永久保存不可能…意味ないじゃん。当方、多分まだ地デジは受信出来ない田舎なもんで、こんな不安定な規格の物を買うわけにいかんよなーと、傍観しとります。アナログ終了まであと4年しかないのにね。

とりあえずアナログより使い辛くて面倒臭そうな物に強制移行することはほぼ確定?てか、こんなしょーもないことで揉めてるのは日本だけじゃないかと…アメリカではすでにUSBでパソコンに接続しHD画質の録画が自由自在というチューナーが1万前後で売られているというのを聞いて、さらに脱力です。日本ではデジタル放送の信号をパソコン内部に流すのは原則禁止らしい…放送とネットの融合なんてもってのほか、みたいな勢力があるんですね。奴らはテレビを大勢の人に見せたくないのか?公共の電波を使って、一体何がやりたいんだ?

今回のデジタル移行が放送業界再編のきっかけになれば、面白いですなぁ。この調子だとテレビを見る人が減るのは確実だから、今までのキー局+地方局という構図が崩壊するかも?外資に買収されるか?NHKも解体・再編とか?BSデジタルはどうなる?スカパーは?そういえばApple TV+YouTubeなんてのもあるなぁ、地上波テレビより面白い物なんか、いくらでも出てくるんだぜ!?…夢が、いや妄想が広がりまくりんぐ。。

あーそうだった、ちょっと前にMacで使えるキャプチャーボックスを、中古で手に入れたんですよ。アナログチューナー内蔵のやつ。が、これ、専用ソフトのCDは付いてたもののシリアルナンバーがなかった…しかもシリアルを手に入れるためにはいろいろ手続きが必要らしい、マンドクセ−!と、放置中だったんです。やっぱまだまだアナログ放送のもんだね、変な制限もなくて使いやすいしね。ということで、近々復活させて活用しよう、古いビデオを供養しようと思っとります。アナログ時代のテレビ番組は、いつまでも我々の記憶と記録に残り続けるんだぜ!?

防衛大臣が原爆投下はしょうがない、なんて言っちゃったら非難轟々なのは、しょうがない。個人的にはまぁそういう見方もあるかなとも思ったが、政府の人間がそれを言っちゃいかんだろと。だから辞任させられても、しょうがない。それより私は後に続く「我々は原爆投下という事態も想定して行動しなければならない」みたいな発言の方が気になるんだけども、出来れば真意を知りたいんだけども、辞めちゃったもんは辞めちゃったんだから、しょうがない。後任は小池さんですか、スゴいなぁ。でもやっぱ選挙対策?って気がしないでもないのは、しょうがない。

「仕事」先に迷惑メールが大量に来るから、しょうがない。と、アドレスを替えたんだけども、担当者がろくに告知してなかったのは、しょうがない。6月いっぱいまで古いアドレスも使えるからと、今まで放置中だったのは、しょうがない。それで「メールが送れないぞ!」とあちこちから言われて慌てまくっているのは、しょうがない。

しょうがない、雨の日はしょうがない。「仕事」をドタキャンされてひとり、なのはしょうがない。

この前撮影に行ったら、女の子たちがしきりに「カワイイ〜カワイイ〜」言うてたんですよ。多分誰かの持ち物のことだと思うけど、おぢさん何のことか気になっちゃうなムホムホ…て、そんなこと知ったところで、しょうがない。「え〜、ウソ〜、ホント〜、カワイイ〜」てのは、25年前の女子大生の流行語でした。確か「世界まるごとHOWマッチ」のオープニングで、大橋巨泉がこれの話をしてました。何つったって巨ちゃ〜ん!カワイイ〜!だもんねウッシッシ…とか言ってたっけな?どうだっけな?と、うろ覚えなのは、しょうがない。今や「カワイイ〜」は日本の伝統文化だね。日本の女子はこの四半世紀変わってないのか?と思ってしまうのは、しょうがない。巨ちゃんがそんな日本に愛想を尽かしてしまうのも、しょうがない。て言うか、私がこんな大昔の話を思い出して、さらにムホムホしてしまうのは本当に、しょうがない。

アーカイブ

雑多なネタの月別アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja