チラシの裏日記: 2008年6月アーカイブ

久しぶりにパンチらの記事を書いたから、バチが当たったか?(笑)3年前の悪夢リターンズ。昔の記事を見た人には分かるかもしれんが、あえて具体名は伏せることとします。

「撮影許可証」について。撮影許可証とは、本来撮影禁止である場所や被写体に対して、「あなたは特別に撮影出来ますよ」という許可を頂いた証であります。今ここでこの瞬間をカメラに収めることが出来る、特別な存在…うれしくなりますね。これが「仕事」だと、いっそう使命感に燃えて、気合いが入りますね。

ところがどっこい、もらってもちっともうれしくない「撮影許可証」があるんです。だってみんな、カメラや携帯を持って来てパシャパシャ撮りまくってるんだもん(笑)許可証が必要なのは俺だけかよ!みたいな。どうやらここの主催者は、人を見て「この人は撮影許可証が必要だ」っていう判断をしているみたいです。わ〜い!やっと撮影許可をもらったぞ!俺は許可をもらわないと撮影出来ない、本来撮影禁止のカメラマンだぞ〜〜…orz

この件について主催者側にちょっと文句を言ってみるか?でも許可がもらえなくなったら困るから、主催者の上の組織に直訴した方がいいか?…ずっと悩んでるんですよ。暇さえあれば考え込んでしまって、何も手につかない…。

てか、私が撮影禁止になって困るのは、むしろ主催者と、主催者が大切にすべき存在である参加者の方なんだけどね…彼らはそれに気付いてないっぽい、この主催者は参加者のことをちっとも考えてないじゃないか?という印象があるのが、余計に腹立つなぁ。

え、昨日は久々の、パンツが見えそうな集合写真の撮影やりました。例の、最前列は階段に座ってもらうやつ。階段1段分は椅子に比べるとかなり低いので、無意識に足を引っ込めて「しゃがみポーズ」に近い形で座る人が多いので…このままだとモロですやん!今年は何故かスカート率高いですやん!何とかせねば…。

「えーと、前の人、、脚を伸ばし気味にして、少し斜めに傾けた方がいいかな?…そうそう、そんな感じ」出た!いわゆる「コンパニオン座り」…実は脚線美だけではなく、パンツが見えにくい効果もあるんですね。えーー何それ?と、思い切り不審そうな恥ずかしそうな?リアクションされてしもたんだけど…まぁね、「私の脚って綺麗でしょ?」みたいに自分の脚をカメラ側に差し出す動作になるもんだから、恥ずかしい、キャラ外だ!?て人がいるのも、分からんでもない?でも脚を引っ込めたらもっと恥ずかしいということに、彼女らは気付いてないんかなぁ。

そんなわけでスカートの人だけなんちゃってコンパニオン状態?で無理矢理撮影してしまったのだが…本当は最前列全員を中央から「ハの字型」に、バシッと脚の角度を揃えて撮るべきなんかもしれんけどね、さすがにあの空気でもっとベタなことさせるのは、無理やろ?(笑

正直、統制の取れ過ぎたと言うか、全員のポーズが決まり過ぎた集合写真は苦手なんですよ。某国のマスゲームみたいっつったら言い過ぎか?誰かにやらされているポーズと自分たちが勝手に合わせたポーズの違いってのは、写真で見るとハッキリ分かるからねぇ。むしろ全員バラバラで、好き勝手な顔で写ってる集合写真が好きです…アルバム的には多分×だろうけどね。

アーカイブ

チラシの裏日記の月別アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.2-ja