ニュース・時事問題: 2005年11月アーカイブ

いやぁ〜、結局昨日は「楽園」へ逝けなかったか…。天気が今一つだったしね、何より土曜日の撮影量が物凄かったので、その処理にえらく時間がかかってしまった。やっぱ土曜日の撮影は曲者ですな。そんなわけで、肉体の疲れはだいぶ取れてきたけど精神的な疲れが未だに溜まりまくってます。ヤヴァイよヤヴァイよ…。

帰宅してテレビをつけると、東京都町田市の女子高生殺害事件のニュース。また貴重なま……ゴフッゲフッッ…しかし切ない話やね。加害者・被害者両方ともに哀れな結末だと思います。しかしニュースをじっと見てると、どちらかというと加害者の方に同情してしまっている自分に気付く……思い出しましたよ。あれは15年前、あの連続幼女誘拐殺人事件で、宮崎勤被告(当時)の弁護団が発表した文書が新聞に載ったのを見て、恐怖とともに僅かな共感を感じたことを…あの頃からちっとも変わってないのか私は??そして今さっきリンクを貼った事件詳細のページを見て、改めてガクブルガクブル…まぁいいや、きっとあの番組の偏向報道?のせいでしょう。15年前もヲタクイクナイ!!と大合唱していた連中だから。そういうことにしよう!

あのラリー君や宮崎君みたいになりたくないからね。あそこまで逝ったらおしまいです。ヤヴァくなったら…そうだ「楽園」へ行こう!とにかく癒しの空間が必要なのです。人によっては恋人だったり、家族だったりもするかもしれない。でも私にはそこまで望むべくもない。「楽園」もっと前は「平和公園の人々」割と最近では「野良猫」…そこにはどんな嫌なことがあっても忘れられる、癒しの空間が確かにありました。どんな物でもいいんです。探さないといけないなぁ…。昨日は某友人と久しぶりに電話で少しだけ話が出来たので、ちょっとは気が楽になりました。それにしてもみんな忙し杉!(笑

11月3日「楽園」の記事について。センター食堂の横にあるのはカレー屋でもピザ屋でもなく、喫茶でした。お詫び申し上げますm(_ _)m …軽食のメニューが真っ先に目に入ったもんで。。

実はバスセンターの乗り場へ上がる階段の途中にある喫茶店、あそこも「楽園」と同じく、思い出深い場所なんですよね。「パラダイスカフェ」と、勝手に呼んでました(笑)今度はあそこへ行ってみたい!と、広島バスセンターそごうのサイトなど調べていて知ったんですよ。現在はあの時の「パラダイスカフェ」とは違う店が入っているらしい?ひょっとして「パラダイスカフェ」はセンター食堂の横に移転したのか!?正確な店名を覚えてないんで何とも言えないです。新・パラダイスカフェに行くべきかそれとも…と悩んでおります。何つうか、○島太郎な気分…。

同じく11月3日のもう一つの記事。「旗入れ坊や」と書きましたがこれって男の子なの女の子なの??…幼稚園の制服?の下に履いてるのはパッと見半ズボンにも見えますが、プリーツの入ったスカートのようにも見える…?実は女の子なのかなぁ、、多分、あえて性別不明のキャラにしてあるんだと思います。憎いですな…旗入れちゃんかわいいよ旗入れちゃん…(笑

ゲンダイ「来年春『いいとも』終了、後番組は『さんまのお昼番長』」 (てれびまにあ。)

前から時々噂になってた「いいとも」終了の話、これはちょっと信憑性高そうですね。ホンマかいな?後釜はさんまか…まぁ悪くはないけど、手堅過ぎるんでねぇか?「いいとも」開始当時のタモリみたいに夜のキャラを昼間に持ってくるような、画期的なキャスティングが欲しかったです。ていうか、早くも短命の予感?みたいな書かれ方されてますね。「いいとも」開始の時もそうでしたよ。私が初めて見たのは第2回か3回の放送でした。当時小学生、たまたま風邪で休んでいた日にウチの親が「この前始まったタモリのバカ番組。ヘンなの」と言ってたっけ?まさか24年も続くとは思いませんでした。

もっとヘンなのが「タモリ司会の笑点」…想像できねぇ。個人的にはタモリのマニアックな面をもっと見たいんだけどなぁ。「ウォッチング」みたいな番組またやって欲しいかも。

ブログで自滅する人々(第1回)〜ブログで「祭られる」人々 (nikkeibp.jp デジタルARENA)

俗に言う「祭り」あるいは「ブログ炎上」の現象について解説している記事。第2回までupされています。読むと恐くなります。もう迂闊なことは書けないよなぁ。まだ続きがあるようです。ガクブル。。

 

さて、1年前から続いている問題の愚痴です。上記の記事の影響であまり詳しくは書けない…(笑)あくまで個人的なメモです。本日は学祭のスナップ撮影なんですよ。その辺のゴタゴタについては確か6月か7月頃に書いたような気がする…まぁ探してみてください。

あの連中、生協にはいい顔しといて、撮影中の私に嫌がらせをしてくるかもしれないな…いや、本当は何も起こらないかもしれない、そうであって欲しい…疑心暗鬼になるのは良くないってのは分かってます、でもとにかく真意が掴めない。ありえない、とは言い切れない材料が揃っているしなぁ…だから今日と明日は常にそれを想定して動かなければならない、それだけで気が重いです。そもそも最初に奴らが理不尽なことを仕掛けてきたんですよ。こっちは何も悪いことはしてないんですよ。それより奴らの向こうにいる、アルバムを見て楽しんでくれる多くの学生達…彼らのために私は撮影せねばならんのです。ここで引き下がったら奴らの思うつぼだな。畜生!負けないぞ…以上で愚痴の排泄終了。さてどうなるやら。。

アーカイブ

ニュース・時事問題の月別アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja