ニュース・時事問題: 2007年1月アーカイブ

テレビ局の不祥事!…2ちゃんとか見ると放送免許剥奪だ!ってやってるけど、さすがに剥奪はないんじゃないかと。んが、正直あまりヒドい局に対しては1〜2日間放送停止くらいの処分があってもいいんじゃないかと思います。まさか在京キー局の電波が止まるわきゃないだろと、みんなタカをくくってるんですよ…そして我々地方民は大阪から配信される番組を見るわけだ(笑)しかし大阪の局はこういう事態を想定して特別編成とか考えてるのだろうか?もし考えてたら、すごいですなぁ。

以上、私が以前から思ってたことなんだけど…何?今回は関西テレビの不祥事だって?でもあの番組どう見ても東京制作、フジ系列の制作会社によるものだしフジのアナウンサーも出てるし…丸投げいや名前貸し?よく分からんが関テレが全面的に泥をかぶる形になってるような気がするのは、気のせいか?

多分ね、今回(5分間だけど)お詫び放送をして(問題の回だけだけど)一通りの間違いを明らかにしたのは、恐らく関テレ制作という形になってたから出来たんじゃないかと思います。フジテレビ制作だったら今までの他局の不祥事と同じように、ほとんど放送されない謝罪会見だけやってトンヅラだっただろうねぇ、と。関西のテレビ界には東京発の番組制作におけるしがらみの多さに疑問を持っている人も少なくないと聞いているので、これを機に風穴をあけることが出来ればいいなと思っております。て、ちと甘いか…。

しかしねぇ、捏造も問題だが人の論文やデータを勝手にパクってきたりとか、他の放送でも普通にやってるんじゃねぇの?ようつべに対して著作権侵害だから削除しろ!って、言える立場だかどうなんだか…。

とりあえず、納豆に罪はない(笑)でもウチの者から「あるあるでやってた」って毎週妙な料理で妙な食い方を要求されることがなくなりそうで、良かった良かった(笑

昨日からビクーリしたよ。「2ちゃんねる、ついに閉鎖か?」ってぉぃぉぃ…、、

え、当方2ちゃんねる利用歴約7年になります。もっぱらROM専だけどね(笑)…しかし何だかんだ言うて2ちゃんねるって「日本で最も言論の自由が保障されている場所」であり、それゆえある意味「最も公正で信頼できる情報源」だったりもするんだよね。使い方にそれなりにコツは要るけど。例えば特定の製品やサービスに対する評価や利用法など、専門の板へ行けば非常に有効な情報が得られる…時にメーカーの工作員とか?偏った意見があったとしても前後の書き込みを見ればすぐに分かるしね…そんなわけで真のユーザーの意見が交換できる場所として、また市民の井戸端会議場として?2ちゃんねるは大いに役立っております。

今までも2ちゃんねる閉鎖騒動?てのは何度もあったけど、今回は法的な問題かぁ…詳細は上記の記事を参照ということで、よく分からんけどポイントをいくつか挙げておきます。

  • 500万円の負債はあくまで裁判所によるペナルティであり、原告によって請求される賠償金ではない。
  • そもそもドメインの差し押さえって可能なの? (→弁護士の見解)
  • 電気通信事業法(だったけ?)により、事業者は捜査令状がない限りログを開示できないんじゃなかったっけ?
  • 今回は個人に対する誹謗中傷という事例だったが、ここで裁判所の指示に従いログを開示すると、今度は企業に対する内部告発など公共の福祉に反する方向へも適用されてしまうのではないか?という思惑もあったりして?
  • 結局ひろゆきは逃げ回るのがベスト、最も平和的な解決ということになっちまうのかorz…いや本当にそうなのか??

以上、勝手な素人考えスマソ…まぁ2ちゃんねるのような匿名で言いたい放題言える場所を快く思わない人って、たくさん居そうだからなぁ…誹謗中傷による被害を受けた個人はもちろん、内部告発を恐れる企業とか、宣伝や世論操作を思うようにやりたいマスコミや広告代理店など、その辺の思惑も一致しているんじゃないかと思いますよ。個人的には、ここまで問題になったら法廷で徹底的に闘って決着をつけるべきだと思います、はい。

しかし2ちゃんねるが本当に潰れたら困るなぁ…多分何とかなるとは思うけどね。まぁ1回潰れてP2P掲示板みたいな新しい形に移行するのもいいかもしんない?(笑

アーカイブ

ニュース・時事問題の月別アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.12