デジタル一眼レフ: 2006年8月アーカイブ

再び前回記事のコメントから。「真空管冷蔵庫」って一体何だよ!!!庫内を真空にしたらよく冷えるのか?…それなら外壁に真空の層を作って「魔法瓶冷蔵庫」にした方が実用的だな。保冷効果抜群の省エネ冷蔵庫ですよ。すでに似たような物があったりなんかして…。やっぱね、本来の真空管のように内部で電子を飛ばさねば「真空管冷蔵庫」とは呼べませんね。蛍光灯の原理でもって冷蔵庫全体を光らせるか?…それならいっそのこと「プラズマテレビ冷蔵庫」ってのはどうよ?「エアコン洗濯機」なんて物があるくらいだから、プラズマテレビ冷蔵庫があってもいいんじゃねぇかと?

無茶な妄想はこのくらいにして?来ましたねー。。

1,010万画素でゴミ取り付き(オリンパスとほぼ同じ方式?)、同時発表のレンズ2本まで昨日のリーク情報と同じでしたね。キヤノン初の「下克上」か?EOS 30Dを買って悔しい思いをしている人もいるらしいという話も聞きますが、よ〜く比べてみるとどっちがイイとも言えない?ところが面白いです。あえて30Dを選ぶ人も結構いそうだ…。

こちらにフルサイズのサンプル画像がありますが、パッと見キヤノンらしくない画質に見えるぞ!?んー、微妙ですね。今までのKissに比べてコントラスト低めで、色も薄めなのが印象に残りました。そう言えばペンタックスK100Dの開発者インタビューで「プリンタが進化したのでカメラ側で必要以上に味付けしないようにした」という話があったなぁ。キヤノンの開発者も同じ考えなのかな?と、好意的に解釈しておきます(笑

私が気になるのはやはり、レンズの方ですね。EF70-200mm F4L IS USM、以前のIS無しと大きさは変わらないようです。やったね。少し重くなったけどね。もう1本の、EF50mm F1.2L USM…さすがにF1.0はデジタルでは無理があったか??その昔マニュアルフォーカス時代に同スペックのレンズ(FD50mm F1.2L)がありまして、恐ろしくシャープな画質だったと聞いてます。EF50mm F1.4は開放付近のシャープさに少し欠けるような気がするので、そのあたり解決されてるのかどうなのか?期待ですね。……え?この際だから50mmを3本揃えたらどうかって??そりゃ無理ですがな(笑

以上、妄想で始まり妄想で終わりました。。

前回の記事「リアルで2ちゃんねるの話をするのは恥ずかしいんだぜ?」というネタに、とんます氏から「交換日記の文面をお互いに云い合ってるくらいの恥ずかしさ」とのコメント。どんな恥ずかしさだよそれ!!あまりにピンと来なかったので爆笑してしまったわけだが…よく考えたら、そりゃピンと来るわきゃないよな。交換日記の内容について話しているのを端から聞いたところで、何のことやらさっぱりですからね。恥ずかしがってるのは本人達だけ、周りの人には理解不能なので必要以上に恥ずかしがることはない…つまり、リアルで2ちゃんの話をしても全く問題無しってことですね!?ホンマかいな。

毎度雑多なネタです。

キヤノンの新機種『EOS KISS DIGITAL X』のスペックと同時発売レンズの内容が判明? (デジカメジン)

前から噂のあったEOS Kiss Digital Nの後継機、発表間近みたいですね。というか、本日発表らしい?との説も。

しかしなぁ、、1,010万画素でゴミ取り付きって本当だろうか??EOS 30Dより上だからなぁ。(キヤノンは『下克上』をあまりやらないメーカーだと思うが)同時発表のレンズ(EF50mm F1.2L USM、EF70-200mm F4L IS USM)も、どうなんだろうね?すべては間もなく明らかになります!!!?

山水電子(中国)有限公司 (中国語)

サンスイと言えば往年のオーディオメーカー、私も3月に中古アンプを入手して弄りまくったりしましたが、まだまだ快調ですよ!…が、現在は会社自体は存在しているものの営業停止状態と聞きます。(参考サイト:The Best of SANSUIもうひとつの山水電気ちょっと前に「白物家電に参入」というニュースを聞いて、ブラックフェイスでダイアモンド差動回路搭載の冷蔵庫、萌え〜!うはwwありえねぇwww、、などと妄想してしまいましたが(笑)実際は中国メーカーのOEMのようで。なぁんだ、つまんねぇの。

今やサンスイは中国(香港)資本の会社になっている?みたいです。その証拠が上記の中国語サイトなんだけど、結構いろいろ出してるじゃん。こちらのページを見ると本格的なオーディオ機器もありますよ。異国の地で息づいている21世紀のサンスイの音、どんなものか聞いてみたいですね。多分昔のサンスイとは別物だと思うけどね。ていうか、本当にこんな製品作ってるの?それ以前にこのサンスイって、実は日本のサンスイの(略

謎が謎を呼んで次回へ続かない、と。

日曜日は一日中仕事でした。いつもの「仕事」先とは違うところなんだけども、イベントの撮影。お世話になりました!っつか、朝から晩までみんなようやるわ。ちなみに広島県某所ですが「原爆の日」とは何の関係もありませんのだ。一応車の中で黙祷したようなしてないような……いかんいかん、このまんま寝てしまいそうだ、朝早いのダメなんですよ。そんなわけで昨日は「爆睡の日」うー、頭が回らん、、

キヤノン プロストラップ先日の航空撮影の帰りに入手したブツ。カメラのストラップ替えました。キヤノンのプロストラップいうやつですな。以前使ってたのが「ジェントルストラップ」ってやつ、EOS 20Dを買うちょっと前に入手したんだっけ?結構気に入ってたんですよ。これが酷使のためヘロヘロになってしまったんで、そろそろ替えたいなぁ〜、「ジェントルストラップ」はすでに販売終了してるし、いい物はないかな?というところ「プロストラップ、柔らかくて使いやすいですよ」とのことで即購入。3,150円。カメラの吊りひもの割りには、ええ値段しますなぁ。ボッタクリか!?いやいやいや、下手な物を使って切れたりしたら、カメラごとパァですからね。カメラの命綱みたいなもんですから。ケチっちゃいけません!ところで100円ショップの携帯ストラップはすぐに金具が分解して千切れるのは何でだぜ?

プロストラップとは元々メーカーがプロサービスの会員向けに配布していた物です。一般販売されていないので一部のアマチュアカメラマンの間では高値で取引されているらしいですね。んが、私が昔プロサービスを受けているカメラマンから聞いた話「会社にゴロゴロしてるし、タダだし」「メーカーへ行けばいくらでももらえるよ。ストラップがヘタってきたらカメラごとメンテに出せば、新しいのに付け替えてくれるから丁度いい」だそうで。んー、所詮は販促グッズってとこなのかなぁ…と。「知り合いの新聞記者からもろて来たよー」とか、よくあることでした(笑)15年ほど前の話。新聞社では圧倒的にニコンが多かった時代。ニコンのプロストラップはしなやかで使いやすそうな素材だったなぁ。実は私も「ストラップいる?」と言われたことがあったんですけども、キヤノン使いだしなぁ…(F-1を使ってました)と躊躇してしまいそれっきり(笑)もらっときゃよかったか!?

その後ニコンはプロストラップの流出を抑えるため?シリアルナンバーを打って管理するという対策をとったかと思ったらオンラインショップで一般販売、かと思ったら新しいプロストラップはさらに厳重管理されているらしい?という状態。一方キヤノンはプロサービスでも市販品と同じストラップを配布、プロストラップは廃止か?と思ったら今回の復活、ただし一般の物と同じように販売、という状態ですね。(事実上のプロストラップ廃止ともとれるか?)メーカーはプロストラップに「プロ専用」としてのステータスを持たせたいのか否か?どっちやねん!と。ちなみにここ10年くらいに会ったもしくはネット上で見たプロカメラマン(写真撮影を職業としている人全般)のほとんどがプロストラップには興味がない、ストラップなんかどうでもええやん?みたいな感じだったことを、ここに記しておきます(笑

プロストラップとジェントルストラップ ヘタりまくり

プロストラップとジェントルストラップの比較。裏面の滑り止めの仕上げが異なります。

吊り金具に当たる部分がこんなになるまで使ってはいけません!!!

スリング キヤノンレッド ストラップ3種

昔のキヤノン使いにはお馴染みの?「スリング キヤノンレッド」これもかつてプロストラップだったのを同じデザインで一般販売した物らしいです。発掘品のため汚くてスマソ。。

プロストラップ、ジェントルストラップ、スリング キヤノンレッドの比較。プロストラップは肩当ての部分が短いのが特徴です。

さて感触と使い勝手ですが、柔らかさは「ジェントルストラップ」とあまり変わらないですね。布地の部分は「ジェントルストラップ」よりしっかりしていて、耐久性もあるのではと思います。しかしこれ、「ジェントルストラップ」と比べるからいかんのだけども、派手ですなぁ、目立ちますなぁ(笑)ワインレッドに金色の刺繍、かつての「本物」のプロストラップと同じ配色なんだけども、プロともアマとも言い切れない?立場の私がこれを使っていいのかどうなのか?どうでもいいか(笑)今や普通に売ってる物だしね。出来れば黒かグレーの色違いバージョンも作ってもらいたいなー、とも思っております。

アーカイブ

デジタル一眼レフの月別アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja