デジタル一眼レフ: 2008年6月アーカイブ

EOS 40D/20Dで、そこいらのイベントスナップ等を気楽に撮れるレンズを求めて…じゃねぇや。シグマの18-50mmをつけっぱで、ほとんどコレで済ませてたんだけども、広角も望遠も足りねぇ〜。ということで、最近入手したレンズの簡単インプレッション。

シグマ 18-200mm F3.5-6.3

OS(手ぶれ補正)無しのやつです。中古で安かったし、軽くてコンパクトで1本で済むし、シグママンセー!お手軽レンズマンセー!

画質は?…広角側はコントラスト高めで、意外と悪くないすね。望遠側で少しピントが外れると妙なボケ方をするのが残念。AFの動作も微妙に怪しいし…ってこれは使い方が悪いのかもしれません。AI FOCUSでぶん回したら追っつかないよ。F6.3だからしゃーないか。屋外のスナップには便利かもです。でもやっぱ広角足りねぇ〜。

EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM

出た!広角レンズの決定版。前から気になってたヤツです。純正レンズは高いねぇ。ボディは安くレンズは高くって、やっぱプリンタを作ってるメーカーはカメラの値付けも一味違うね?ってこたないと思うが…しかしながら昔から広角レンズ好きなもんで、室内や狭い場所など、バシバシ使い倒すぞ!と思い切って入手。

ジュウニジュウニって、通常のズームレンズの呼び方で言うと分かりにくくね?12-12、何じゃそりゃ?みたいな。呼び方も難しいが、使い方もちょいコツの要るレンズです。広角側で集合写真を撮ると、端の人がビロ〜ンと伸びてしまいますやん!16mm以上だと無問題、て言うか全域に渡って画質良好間違い無し。訳の分からんこと書いてしまいましたが、それ以外に非の打ち所がないですよ。ところで10-22mm+18-200mmってWズームは、アリなんかねぇ?

EF 28-105mm F3.5-4.5 II USM

初代EF28-105からの買い直し。これも中古で安かった!先代は約15年前に購入、修理を繰り返しながら使い倒してきたんだけどもうガタガタになったし、あかんやろ?と。

AFはUSMで快適、画質も異常のない個体なら良い方に入るんじゃないかと思います。(先代は2度の修理の後、別物の画質に生まれ変わった経験あり)こんなにコンパクトでコストパフォーマンスの高い標準ズームは、もうキヤノンからは出てこないだろうねぇ…。

APS-C機だと変な画角域になっちまうのが弱点。しかしEF-S 10-22mmとの組み合わせなら、意外とイケるんでねぇの?22-28mmが欠けるけど、多分私の場合は問題ないだろうな…

…作例不足につき、これ以上の情報は勘弁つかぁさい、、以上、レンズ3本でアホになるカメラマンの巻でした。

アーカイブ

デジタル一眼レフの月別アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja