3年前に書いた駄文。

| | トラックバック(1)

やっぱ広島人としては、今日はこのことについて語らんといけんかのう…人類史上初めて、核兵器が戦争で使われた日…昔このサイトにも書いたような気がするんじゃが、はぁサーバー上からのうなってしもうたんよ。もういっぺんここに載せるけぇ、暇じゃったら見てつかぁさい。3年前に書いた文章ですけん。


昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
昔撮った平和公園
(クリックで拡大します)

「世界平和の祭典」 (2002年8月7日・まいう〜の戯言)

昨日(8月6日)は広島・原爆の日でしたね。広島周辺在住の身として?この日はやはり特別な意味があるんですか?てな話があったんで、ちょとここに書こうかと思います。。

広島出身の方なら誰しも記憶にあるでしょう、子供の頃の「平和教育」…はい、私も小学生の頃から毎年、この日になると「1945年8月6日にこんな悲惨なことがあった。このようなことは二度とあってはならない。」という主旨の話を何度も聞かされた上、8時15分には必ず「黙祷」、夏休みなのに学校は登校日だったりして、この手の本や映画などをたっぷりと見せられたりして…この広島の「平和教育」、全国的に見ればいろいろ賛否両論もある?ようなんですがね、(日本の加害者責任?あたりも含めて)とにかく、私はこのように教育されてきたわけなんです。

で、一時期、「昔撮った杵柄」の頃ですね、この日は一日中平和公園で写真を撮りまくってたこともありました。(右の画像→)毎年この日の平和公園は朝の祈念式典と夜の灯籠流しを中心に人でごった返すんですが、ある年一緒に行った写真部同輩の一言。

「これは、お祭りだね。」

…なるほど。確かにそうなんですよ。一日中いたら分かるんですが、当初の「原爆犠牲者の慰霊」という意味合いよりは、世界中からいろいろな平和関連?の個人・団体が集まって活動し交流を深めている?そういった光景があちこちで見られます。ちょっと話それるんですが今から20〜30年前あたりに制作された原爆関連のドキュメント番組(先日NHKアーカイブスでも放送されましたね)とか見ると、それはもうリアルなんですよね、トラウマ感抜群。(古いフィルム映像のせいもあるんでしょうが)あぁ、まだこの頃は原爆の記憶がかなり残っていたんだなー、と思いますよ。そうです、記憶は確実に風化しているんです。でもこれは仕方がないことだと私は思います。時間がたてば風化するのは当たり前なわけでして、当時を知りければ古い記録や遺品などをたどっていくしかないんですよ。え、もう、「世界平和の祭典」で、いいんではないかと。「世界平和を祈ろう」をテーマに?人々が集まる日、この「世界平和」というテーマが失われなければ、それでいいんではないかと。もちろん「慰霊」は忘れてはいけませんけどね…。

、と、ここで一つ湧いてくる疑問が「世界平和って、何?」ってやつ、これがまた難しいんです、平和公園を撮り始めてからずっと続いている疑問ですね。冷戦が終わって湾岸戦争があった頃だから余計そう感じたのかもしれません。最近では同時多発テロがあってそれに対する?有事立法、北朝鮮からの亡命者問題、凶悪犯罪の多発?など、考えれば考えるほど分からなくなっています。これほど立場によって解釈の違う言葉も珍しいですよね。で、それぞれが違う「世界平和」を胸に秘めつつ集まり、何だかよく分からないけどいろいろやっているこの日の平和公園、んー、どうなんだろう?、これはこれでいいのかな??

…何かえらく固い話になっちまいますた、え、私も訳が分からなくなったんで、これにて失礼。。


今年も広島市長は北朝鮮の核問題についてほとんど触れんかったのう、ヒロシマ言うたら核兵器廃絶じゃけぇ、今一番重要な問題じゃと思うんじゃがのう…まぁ、旧社会党の人じゃけんね(以下自粛するけんw)…昨夜TBSでやった番組、チクシテツヤはともかくCGやら再現ドラマやらがえかったのう、でもアメリカの科学者を広島に呼んで被爆者と対談する企画、ありゃあ何ね?TBS的には期待を裏切られた、みたいなこと言うとったが、まぁあれだけ立場が違うとしょうがないんかのう…わしゃどっちが言うてることもそんなに間違うてない思うてます…原爆もじゃがあの大戦も、いっぺん広島でも日本でもアメリカでも中国韓国でもない第三者から客観的に見て、資料やら証言やら集めて検証したらええんじゃないかのう…人が生きとるうちに早うやらんといけんよのう…。

トラックバック(1)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/119

8月6日の今日、甲子園での全国高校野球選手権大会が開幕したり、野茂投手のマイナーでの登板があるなど、個人的に楽しみな出来事も多いのですが、広島県民の私としては、... 続きを読む

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja