ダイソーテスト、って何??

前回ちょっと触れました「ダイソーテスト」その名の通り?同名の100円ショップにある材料で簡単に出来るカメラのピントチェックです。もともとは2ちゃんねるデジカメ板の「AF精度検証スレ」で話題になったんでしたっけ?先日(11日)修理に出す直前のEOS 20Dで早速敢行したので、その様子を紹介したいと思います。

ダイソーテストの材料 ピントのチェックだから定規か何かを使うのかな?と思ったら、実は方眼紙と将棋の駒を使うようです・・しかし私が行ったダイソー、将棋の駒が見つからない、、その代わり玩具のコーナーに「木のアルファベット ブロック」(対象年齢4才以上)なんて物があったのでこれを使うことにしました。材料費は合計210円(税込)也。。方眼紙は5mmのものがいいそうです。

こんな感じで並べます。 こんな感じでブロックを方眼紙の上に、前後に等間隔になるように並べます。この場合10mm間隔になってますね、方眼紙は2枚つないでます。これを真正面から中心の「E」にピントを合わせて撮影し、実際の画像を見てどのブロックにピントが合っているかで、ピントのズレ具合が確認できるわけです。

ブロックの前後間隔、撮影距離、カメラの設定などご自由にお試しください、とのこと。複数の条件を比較するためにはカメラを三脚に固定した方がいいかな?今回のテストでは「仕事」の人物撮影に近い?条件ということで、撮影距離約1.5m前後、レンズの焦点距離50mm、絞りF5.6、中央および左右端の測距点に「E」のブロックを持ってきて「ワンショットAF」モードで撮影しました。AF動作時の光源は白熱灯、撮影光源は外部ストロボ(スピードライト550EX、ディフューザー+バウンス使用)です。レンズは例の安物コンビEF50mm F1.8 IIシグマ18-50mm F3.5-5.6 DCの他に50mmをカバーするということでEF28-105mm F3.5-4.5 USMEF28-70mm F3.5-4.5 II(←古いレンズです。でもなかなか画質いいです)を使用しました。まずはEF50mmの結果から・・・。

↓クリックすると元データのブロック部分を切り出したものが開きます↓
EF50mm F1.8 II
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点

さすがに中央の測距点はピント合う率が高いですね。このカメラはF2.8以上の明るいレンズをつけると中央のAFセンサーがより高精度になるらしいです。(でもたまに外したカットもあったかな?)で、左右はというと・・・ありゃりゃ??てなわけで、他のレンズの結果は以下の通り。

EF28-105mm F3.5-4.5 USM (50mm)
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点

EF28-70mm F3.5-4.5 II (50mm)
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点

シグマ18-50mm F3.5-5.6 DC (50mm)
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点
左端の測距点 中央の測距点 右端の測距点

28-105mmは元々1〜2cm前ピンの傾向があるのかな?と思ったら現在手元にあるEOS 10D(代替機)では微妙に後ピン気味だったりして、謎ですなぁ、、28-70mmはかなり古いレンズなんでAF精度はちょと怪しい?気もするんですが、他のレンズが前ピンばっかなのに対して後ピンのカットがありますね、でもピントの合った部分、50mmF1.8に負けないシャープな画質なんで再度見直しましたよ。それに比べてシグマは・・・50mmF5.6というとテレ端開放になるんで、画質の面はしょうがないかなぁ、、それ以前にピントズレ過ぎ!ありえないです!(『ワンショットAF』モードだからピントが合わなければシャッターが切れないはず、なんだけど・・)よ〜く見ると方眼紙の端やそれを置いている台の部分にピントが合ってるっぽい?んで、恐らく10cm前後の前ピンだと思います。ブロックの前後間隔を広げた方がよかったかもですね。。

最後におまけ?、代替機のEOS 10Dを手にした感想。まず最初に思ったのは「デカい!」いや10D自体は以前店頭で「いいなぁ〜」と弄ったことは数回あるんですけどねぇ、これを「デカい」と感じたのは今回が初めてでした。デザイン的にはD30/D60を膨らませた?感じですからね(笑)それにしても不思議な感覚。そしてしばらく弄り回したりシャッター切ったりしてみたところ、何か20Dより上品だなぁ?、シャッター音も静かだし、丸みを帯びているし、デカいし?、動作もゆっくり気味だし??・・・画質はもちろん、今でも文句なしですね。。高感度時は20Dの勝ちのようだけど、20Dに比べてレンズの色収差が出にくい、データも軽い?などなど、メリットはありそうです。あえて新機種の後で旧機種をチェックするってのも面白いもんです、サブ機として?ちょっと欲しくなってしまいました(笑)その前にこれも「ダイソーテスト」してみるか?一昨日の実戦投入ではピントは問題なかったけど、何つっても「ダイソーテスト」の発端になったような機種だからなぁ、こわいこわい・・(笑

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/50

コメント(2)

おっと、緊急入院ですか!
よそでも、個体によってはそんな話がたまにあるようですね。
そういえば、何気に今も10Dは評判が良いみたい。
中古相場が特に大きく動いた様な感じも無いですし。
ちなみに、僕の見たトラブルはストロボ関係でした。
色々初期不良が個体によってあるなんて話を聞きますが、
それでもとても魅力的な事には変わりない訳で・・・。
続報が待ち遠しいです。

話変わってブログ始めました。暇なとき来てみてください。
http://blog.drecom.jp/slowlearner/

じゃね!

どもですどもです、ブログ見せてもらいました!ピース!
10Dの中古価格また持ち直してきましたか??
20D発表直後に暴落した?のを見たことありますが、、
でも20Dが出るまでほとんど値下げせずに売れ続けたってのは
このカメラの評価を物語ってますよね。。
あ〜20D早く直らないかなぁ〜〜

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja