久々のデジカメプリント。

| | トラックバック(0)

昨日は久々に「デジカメプリント」を利用しました。…って、ひょとしてEOS 20Dからのプリントは初めてだったかもしんない…20Dを買ったのが去年の10月だから、、あれ以来プライベートでプリントに値する写真は1枚も撮れてなかったってことになるのか…何てこたーいorz... しかも今回のプリントは人に渡すのが目的だったから、すでにそのプリントは手元になかったりして ○| ̄|_...

あ、「デジカメプリント」てのはいわゆる「お店プリント」のことですよ。自分でプレビュー的に見るだけで、枚数が少ない場合はインクジェットで出すのが手軽だけど、やっぱ人に渡すもしくは大量にプリントするならお店のもんです。従来のフィルムからのプリントと同じ方式なので仕上がりもほぼ同じ。長持ちしそうで安心感もありますからね。

これ、プリント時に自動補正されるから色もバッチリ!てのも売りだったりしますが、絵によっては明るすぎたりして、どうもしっくり来ないことがある?…以前はよくEOS D30で撮った猫の写真など(近日こちらのサーバーでも公開予定のつもりです、?)をデジカメプリントしてたんだけど、このカメラ補正しないと使えない絵ばっかり吐くんですよ。色相がかなり転ぶんで、これは絶対補正しなければならない…どうせだからこっちで補正・レタッチを仕上げてしまって「補正無し」でプリント出した方がいいんじゃねぇかと、以下の手順です。

  • Photoshopで画像データを開く
  • 「レベル補正」でハイライト・シャドウを設定し、全体の明るさおよびカラーバランスを調整する(自動レベル補正+手動微調整、で大体うまく行くかな?)
  • ぼかしマスク(なげなわツール→クイックマスク→ぼかし(ガウス))+トーンカーブで、焼き込み・覆い焼き処理をする。私の場合はメインの被写体のコントラストを上げ、背景を少し暗くすることが多いです。
  • アンシャープマスクを軽くかける(0.5px,60〜70%,しきい値0くらいかな?小さいプリントの場合には必要ないかもです)
  • JPEG(最高画質)で保存し、CDに焼いて店頭へ持って行く

はぁ〜、、こう書くと非常にマンドクセー作業ですな、本当は途中で16bit/channelに変換したりトーンカーブレイヤーを使って再度微調整したりと、もうちょっと手が込んでます…あとはモニターのキャリブレーションとか?…私はPhotoshop付属のAdobe Gammaで調整してます。細かいこと言わなければこれでOKかな?カラースペースはsRGBをベースにして作業した方がいいかと思います。プロファイルは念のために?埋め込んでるけど、sRGBだったら多分埋め込まなくても同じかと思います。最初は何回かテストプリントをしてモニターの調整を詰めたり、インクジェットで出したやつと比べたりもしたっけな?これで大体コツは掴んだはず?だったのですが…(以下後述)

ちなみに私は「ネットプリント」ってやつ、まだ使ったことないんですよ。仕上がりのブツ(プリント)は郵送されてくるまで1〜2日かかりますよね?それなら最寄りの「カメラのキタムラ」等へCDを持って行った方が早い。店頭に機械がある所なら空いていれば15分くらいで出来上がります。で、昨日久しぶりに行ったら、最近は入口近くにある端末でしか受け付けてくれないんですね。私が普段やってるような「補正無し」とか、「リサイズ無し」「プリントに対して内接/外接」といったマニアックな?注文は再度カウンターでしなければならないようです…早速「補正無し」で注文したんですが、間違って自動補正でプリントされてしまいました。すぐに焼き直してくれたんだけど(これも店頭プリントのメリットだと思います)補正した方がよかったのかしなくてよかったのか?微妙なやつが1枚…結局+1枚分払って両方もらってきました。ウチで補正したときの詰めが甘かったのかなぁ…まぁ、前日の夜中に酒飲んで半分寝ながら?やった物ですからね(笑)もっと気合い入れんといかんです、はい。。

結論:
デジカメプリント、お家で補正して「補正無し」で注文する場合は念入りに補正作業をしましょう。つか、素人にはお勧めできない…?実はお店に全部まかせちゃった方がいいかもしんない(自信無し)

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/92

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja