元祖・手ブレ補正はこれか!?

一昨日の話になってしまいましたが、デジカメ界のビッグニュース。

ソニカミノルタ!?こりゃビックリでしたね。ニコンとのCCD/CMOS共同開発はどうなるんだろう?今まで通り外販してくれるんだろうか?と心配する声もあれば、タムロン製でαマウントのカールツァイスT*レンズ出るか?いやCCDシフト式手ブレ補正つきのHDハンディカムでしょう?と妄想する声もあり?…え、私はソニー、レンズ交換式やるのならやっぱ独自規格なのかなぁ(ハンディカムの上位機種と共通マウントにするとか?)と思ってただけに、いや〜意外でした。デジタル一眼業界大波乱の予感?ですな。どうなることやら…。

ところで手ブレ補正の基本特許は松下が持っているって本当ですか?確かにパナのコンパクトデジカメ、手ブレ補正で売れてるらしいからなぁ…でも最初に出したのはソニーだったけどうだったっけ?と調べてみたら、、

  • 1990年 電子式手ブレ補正ビデオカメラ パナソニック NV-S1(ブレンビー)
  • 1993年 光学式(アクティブプリズム)手ブレ補正ビデオカメラ ソニー CCD-TR1000
  • 1994年 光学式手ブレ補正35mmコンパクトカメラ ニコン ズーム700VR
  • 1995年 光学式手ブレ補正35mm一眼レフ用レンズ キヤノン EF75-300mm F4-5.6 IS USM
  • 2004年 CCDシフト式手ブレ補正デジタル一眼レフ コニカミノルタ α-7 DIGITAL

あぁ〜、そうだったか、ブレンビーの方が先だったのね…あれって電子式の手ブレ補正だから別物だと思ってたんですよ。んがしかし!今回古いカタログを漁っていて発見、パナソニックがブレンビー以前に出していた手ブレ補正つきのビデオカメラです。

MACLORD MOVIE NV-M900 NV-M900 EIS

パナソニック VHSムービー総合カタログ・1989年9月版より
画像はクリックで拡大します!

MACLORD S-VHS MOVIE NV-M900、S-VHSカセットを使ったショルダータイプで重量約3.4kg、標準価格35万円という物です…今見るとすごいボリュームですなぁ…カタログを読んだところ何とこれ、レンズとCCDをまとめて動かして補正してるんですねぇ、、右の画像はその分解図です(バブル期カタログの定番!)EIS=Electric Image Stabilizerとネーミングされてますが、これは電子式でも光学式でもない、機械式手ブレ補正とでも言うべきか?何ともデカい造りに見えます(笑)しかしこのカメラ驚くべきことに、すでに垂直のみの手ブレ補正が出来る、流し撮りモードを搭載してるんですね。もちろん垂直水平両方向の補正も可能、しかもパン・ティルトの際、一時的に手ブレ補正を解除するスイッチまでついてます。カタログ見る限りではなかなかの完成度かな?

この機種私も当時店頭で見た記憶がないんで、やっぱキワモノだったのかなぁ…値段も高めだしね…あまり台数売れなかったのかとも思いますが、使っていた方おられましたら感想よろしくです。。その後松下はこの機種の反省をふまえて?なのか??翌年ブレンビーで一旦電子式に転向、その後光学式に戻ってからはご存知の通りですね。その辺りの経緯を説明したページがこちらにあります。現在の手ブレ補正ユニットの画像もありますよ!是非一見を。

追記:
先ほど紹介したページに「1988年、民生機世界初の光学式手ブレ補正搭載商品としてビデオカメラPV-460が世に送り出された」とありますが、PV-460は海外のみで発売された製品で、デザイン・機構等はNV-M900とほぼ同じノーマルVHS版のようです。(eBayで出品されていました。←画像あり)国内での発売はこの記事で紹介したNV-M900が初・手ブレ補正ということになるのかな?

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/105

コメント(2)

さすがブレないブレンビー

このNV-M900とやら、HARD OFFで安かったし格好良かったので購入。
付属の鉛電池はVW-VBF3が3本で、蒸留水を入れたら不思議にも回復。
日付機能は、NV-M21では1999年まででイライラしたが、この機種は
2086年位まで使えるので好感を持てた。
そんなことで先週、近所の”こどもの国”で友人と撮影会をしたところ、
何とも重くて使いづらいこと、カメラをしょって移動も大変、クタクタ。
しかも、近くの子供に「なんでそんなにデカいの」とか色々聞かれまくった。
はっきり言って、実用性の無い過去の遺物。
肝心のEIS機能は、逆に補正能力が有り過ぎで色々と使い難く、不発。
しかもEIS動作音がうるさく、なにより消費電力がヤバい。
画質は、ソニーパスポート(TR55)と比べると一目瞭然、鮮烈。
色彩が良い感じに蛍光っぽくなり明るく、色乗りもOK。暗い所では微妙だが。
撮ったのを隣で見ていた友人も褒めたので、画質は外見に負けないらしい。
ま、でもバカ重いけどこの不便を乗り越えて撮った映像は大事に出来るので、
結構楽しめているのも事実。要は個人の感じ方だね。

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja