広島月曜日の恋愛

前回のコメントより。広島モナムールって何すか??…え、これ書いちゃっていいのかな?実はコメント主の方に心当たりがあるんですけども…「仕事」先でよく会う方で、80年代ロックについていろいろ教えてもらってるんですよ。ちょうど近くのリサイクルショップにハードロック系のレコードが大量に出てたもんで、買い漁ったりハマったりしちゃいました。お世話になっていますm(_ _)m

「ヒロシマ・モナムール」はアルカトラス(ALCATRAZZ)というバンドが1983年に発表した曲です。リーダー兼ボーカルはグラハム・ボネット、ギターはあの「速弾き」イングヴェイ・マルムスティーンですよ。この曲が収録されたファーストアルバム"NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL"でイングヴェイは一躍有名になりましたが、グラハム・ボネットという人も、何かスゴいぞ!?

no parole from rock 'n' roll with Graham Bonnet

アルカトラスのアルバム"NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL"と、グラハム・ボネット(付録のポスターより)

グラハム・ボネット3部作!?

グラハム・ボネット3部作!?レインボー"DOWN TO EARTH"、マイケルシェンカーグループ"ASSAULT ATTACK(黙示録)"、そしてアルカトラス。

白いスーツにオールバックにグラサン、「血管切れそうな」パワフルなシャウト!日本のファンの間では「ハードロック界の横山やすし」「歌うやっさん」などと呼ばれたらしい(笑)そのハードロックにはおよそ似合わない風貌から、他のメンバーとはしばしばトラブルになったそうですね。アルカトラス以前にレインボー、マイケルシェンカーグループなどバンドを転々としてまして、どちらもアルバムを1枚だけ出して喧嘩別れ…「おこるでしかし!」言うたかどうかは知らんけど(笑)それでも自分のスタイルを変えることは決してなかった、そして彼が残したアルバムは次々とヒットし、ファンからも高く評価されたというのが、また面白いですなぁ。

右の画像(グラハム・ボネット3部作?)の中で、私が一番好きなのはレインボーの"DOWN TO EARTH"です。レインボーと言えばリッチー・ブラックモアのワンマン・バンド?メンバーチェンジを繰り返しながら音楽性も変化していった歴史がありますが、このアルバムはポップな曲とへヴィーな曲が同居していて、飽きない構成ですね。リッチーのギターにグラハム・ボネットのボーカル、そしてコージー・パウエルのドラムで「破壊力抜群」のサウンドを聴かせてくれます。アルカトラスの作品ではアルバムの1曲目に入っている"ISLAND IN THE SUN"も好きですね。インギーはホント、いい曲作るんだよなぁ。

え、話を戻します、、「ヒロシマ・モナムール」を聴いてみよう!

最後に出てくる日章旗を持ったグラハム・ボネット…スゴい絵ですなぁ(笑)それはともかく広島の原爆投下を歌ったこの歌、歌詞はどういう意味なの??

「広島月曜日の恋愛」って何だよ(笑)多分"mon"を"Monday"の略と間違ったんだと思います…そんな感じで今ひとつ信憑性の低い和訳だけど、何となく意味が分かったような気がしませんか?…しませんか…「おこるでしかし!」言わんといてやorz

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/672

コメント(4)

懐かしの映像に感謝感激雨あられ!
話はかわって○○○電器、
駐車場1時間待ちの大盛況で
入店をあきらめました。
ものすごい人!
今は床が危ない!

どもです!
やっぱ「ようつべ」は、やめられないですね、、
リンクを辿っていろいろ見てしまいます(笑

○○○電器!そんなに人多かったですか!!
開店セール派手にやってるみたいですね。
今日行こうかとおもたけど、どうしようかなぁ、
某国の建物みたいに?床が抜けることは、さすがにないと思うけど(笑

今朝の中國新聞一面に日本とフランスの合作映画「二十四時間の情事」のことが記事になってます。
広島に反戦映画のロケに来たフランスの女優と日本の建築技師の一夜の情事を通し、二人の戦争体験がよみがえる1959年公開の傑作で原題は「ヒロシマ・モナムール」と紹介されてます。グラハムがこの映画作品をもとに歌を作ったのかはよくわかりませんが、機会があれば観てみたいです。

「ヒロシマ・モナムール」で検索すると、アルカトラスの曲とともに出てくるこの映画、気になりますね〜。
当時の広島で撮影された映画ということで、私も見てみたいです。
グラハムがこの映画から題名をとったのは、ほぼ間違いないか?

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja