レパード

| | トラックバック(0)

トヨタビスタの次は日産レパードですよ!?とベタにボケてみる(おっさん限定)Mac OS X 10.5 Leopard、どうなのよ?StacksやSpacesなどデスクトップ回りの新機能は、そそられる物がありますね。それなりに使いこなしは要求されそうだけどね。ファイル操作の機能が強化されたというのは、OSとしては正常進化だと思います。それより気になる現実的問題…

  1. ソフトの互換性は?
  2. 動作は重くなってないか?

1. は新バージョンのたびに問題になってますね。今回も古いソフトやシステム関連など、一部動かないものが出ているらしい?そう言えばPanther(10.3)からTiger(10.4)になった時も、動かないソフトがあるからバージョンアップ出来ないって人がいたなぁ。対応が進むのをボチボチ待ってたら、そのうちTigerでないと動かないソフトが出てきたりなんかして…どぉすればええんじゃ!!という話を聞いたことがあります。

2. は要はマシンパワーが足りない!新しいのに買い替えたら?ってことになるんだが(笑)でもウイルスバスター2008のように軽くなった?速くなった?という例もあるからなぁ。

そう言えばPhotoshop、CS3のアップグレードがだいぶ前に届いてたんだけど、動作環境に「VRAM64MB以上のビデオカード」とあるのを見て、ウチの古Macは16MBしかないから、まぁ動かんやろ…と放置してたんですよ。ビデオカードを交換せねばなぁ、と。それがある日ダメモトで入れてみたらバッチリ動いたんです。おまけにCS2より処理が速くなってたりなんかして…こういうこともあるんだね。だからバージョンアップ=遅くなるとは、一概には言い切れないような気もするんですわ。

まぁ、Mac OS Xに関しては新機能を見る限り、あまり期待しない方がいいかな。でもスクリーンショットとか見ると、やっぱいいなぁ。一度使うと手放せない機能もあるんだろうね。今のところ個人的には、それほど必要性は感じない?どっちかと言うとどうでもいい?ということにしとくか。それより10.4.11、まだ〜?(幻のバージョンになったりして…)

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/707

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja