キヤノンがこの先生きのこるには

| | トラックバック(0)

一昨日のネタじゃが、キヤノンのネガティブ記事が話題になってますなぁ。

どこまで本当か分からん記事だけどね(特にニコンとの比較は胡散臭い 笑)確かにキヤノンは不具合公表や不良品の報告が多いですなぁ。Made in Japanは高品質、でもキヤノンは例外?みたいな。この手の製造現場ってのは、実際見てみると思ったよりええ加減でテキトーだったりするが、実はテキトーにやっても問題ないように設計や工程がしっかりと作られているものかと思います。キヤノンはその辺うまくやってないということか?最近は新製品もパッとせんし、つまらんなぁ。

今のキヤノンと言うか経団連会長は何がいかんって、技術をあまり大事にしてないのが残念ですよ。技術者は冷遇されているらしい?という話も聞いたことがあるし。昔のキヤノンは独自技術で業界をリードしてきたメーカーだったのに、収益が今一つ伸びなかった。そこへ現経団連会長が社長に就任して、不採算事業をリストラして収益の高い企業に育てた…経営者としては高く評価されてるらしいけど、失った物も大きかったのかなぁ。液晶パネルの事業は、ひょっとしたら今ごろ化けてたかもしれない?そういやSEDテレビってどうなったんだ??

でも今のキヤノンにも技術者の良心は残っていると、信じてますよ。例えばインクジェットプリンタの微細化技術、だいぶ前に別のネガティブ記事で「全く意味のない技術」と酷評されてたけど、んなこたーない。少ないインクで写真画質を実現する、素晴らしい物だと思ってます。ただこれを大々的に導入すると、インクで儲けるビジネスモデルが成り立たなくなっちゃうのね。近頃の新製品の惜しい残念感は、技術サイドと経営サイドの妥協の産物かもしれません。EOS 5D Mark IIも技術側では高画素化したくなかったという話もあったような?…技術者のみなさん、今回のネガティブ記事を受けて、是非奮起してください!!

当方EOS 40Dと併用するボディをいずれ買わんといかんか?同じ40Dか50Dを安〜く入手すべきか60Dの様子を見てみるか?と考えてます。60Dは防塵防滴ボディでAF性能が大幅にアップとか、やるんじゃないぞ?ついでに5D Mark IIの低画素高速版のEOS 7Dとか、フルサイズになってさらに高感度画質が上がったEOS-1D Mark IVとか、出すんじゃないぞ!絶対だぞ?…本当に出さなかったりしてorz

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/822

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja