またまたアンプ弄るぞの2

| | トラックバック(0)

前回の続き。問題のお漏らしコンデンサを交換すべく早速近場のパーツ屋へ向かったのでありますが、あそこのオッチャンめちゃファンキーですな。「アンプの修理をしたいんですが…」という話をしたら、いつの間にかアダルトビデオの話になっちまった…カ○ビアンコムとかHG○Oとか、有名サイトの名前が出まくり、白昼堂々ですよ!…いや、私は名前とトップページしか見たことないんで(爆)て、何でこんな話に乗ってるんだ!?それよりアンプの修理法を教えてほしかったんだけどなぁ…。そんなこたどうでもいいや、、さらにコンデンサ交換続きます。

パワーアンプ基板の… 外したところ。

パワーアンプ基板。画像中央に見える少し大きめのやつ(50V 470μF)と、その両脇に見える青いやつ(25V 100μF)が今回のターゲットです。

片チャンネルだけ外したところ。わずかに漏れているのが見えるような…?丸い跡がついているのは接着剤によるものです。抵抗とジャンパー線の足が少し腐食していましたが、導通に問題はないようなのでそのままにしておきました。

ちょい漏れ 新旧コンデンサ

漏れていたのは小さいコンデンサだったようですね。画像ではちょっと分かりにくいけど…。重ねて言いますが、左側に見える茶色い付着物は、接着剤です。

新旧コンデンサ。元々小さいものは新しくなってもそれほど小さくならないみたいですね。何度も言いますが古いコンデンサの茶色の…もうええっちゅ−ねん。

交換したコンデンサ。さぁ、これで完全に直ってるはずだ、直るべきだ!……が、あれ?まだ完全には直ってないようです。無音時のサーというノイズも、電源ON−OFFでヘッドホンがボフッッと鳴るのも、小さくはなってるけど健在です…しぶといヤツですなぁ。こうなると次はコンデンサ以外、TRかFETの交換になるか?私のような半素人には敷居の高い作業になりそうです。てか、疲れたよ。ひとまずこのまま様子を見てみるか。

DCオフセットを再調整してスピーカーから音を出してみると、おおぉ…前よりいい感じの音になってるぞ!全域に渡ってキレが良くなってます。ディテールもハッキリ聞こえるようになってます。もちろんこの時代のサンスイならではの低音はそのまま…このアンプの音、やっぱ大好きだ…。コンデンサの交換は効果てきめんですなぁ。残ったコンデンサも全部交換してみるか??そのうち続くかもしんない。

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/246

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja