USBオーディオデバイスを替えたい!

まだやるですかオーディオネタ!?今回はオーディオとパソコンを繋ぐの巻です。

当方、5年ほど前からレコード音源のデジタル化に取り組んでおります。デジタル化!…て言うほど大げさなもんではないです、ただ単にレコードの音をCDやMP3に落として持ち歩きたいだけなんです…しかし私の部屋はパソコンとオーディオが離れ過ぎじゃねぇか?丁度6畳間の対角線上に両者が存在している状態。最初アナログケーブルを引っ張ってみたらノイズを拾ってしまってうまくいかない…そこでUSBオーディオデバイスの登場ですよ。

とりあえずローランドのUA-1Aという超安物を入手…これ、ご覧の通りシンプルなデザインですね。RCAピンプラグをUSBに変換するだけ?みたいな。本体をアンプの近くに置いてテープデッキ用端子(PLAY/REC OUT)に接続し、そこからUSBケーブルを引っ張ってパソコンに接続。つまりオーディオから見てパソコンは録音機として機能するわけですね。これでノイズの問題は解決!が、しかし…

こいつには「録音レベルの調整が出来ない」という、重大な弱点があるんですよ。先日カートリッジをV15 Type IIIに変えてレコードの音量が上がった、レベルの高いレコードをパソコンに入力したら、音が割れてしまうじゃないすか!何とかせねば!?

レベル調整の出来る上級機が欲しい!てか、この際もっと高音質な物に変えた方がいいんじゃねぇか?24bitで入力できるやつがいいなぁ…ノーマライズ(レベル最適化)の時の音質劣化が抑えられそうだしね。でもちょっと高いんだよなぁ……ん?何か安くて良さげなのが出てるぞ?私の貧乏オーディオにもピッタリだ!?

(次回へ続く)

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/660

コメント(2)

良いネタですね。こちらもデジタル化を視野に入れていたところなので、今後の展開くをとても楽しみにしていますよ!

いくら好き者でも、そうそういつもくそ重いレコードバッグを持ち歩く訳にもいきませんけん・・・。かといってせっかく原盤で持っているのにリマスタリングのCD買うのは悔しい・・・。そんな全国のアナクロ、もといアナログ野郎を救って下さい!

どもです、ありがとうです!

確かに、考えてみれば復刻盤のCDを買えばいいじゃないか?て話になるんですよね。しかし!金はかかるし復刻後に廃盤になった物も数多くあるしで、そうもいかない…いや、それより何より、レコードから落とした音の方が面白い!!??

ということで?昔カセットやMDに落としていたのと同じようにパソコンに落としてみたら便利ですなぁ、と、やっております。

これでアナログ野郎は救えるのか??え、あまり期待しすぎないでくさい(笑

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja