フルサイズデジ一眼合戦ってホンマかいな?

| | トラックバック(0)

私が糞つまらん記事を書いている間に、文明はどんどん発達していく・・・カメラ編。

うぉっ、ニコンのフルサイズ廉価版、いきなり出よったぞ。

最初に製品概要を見たときのファーストインプレッション「D3とどこが違うの?」実際は連写速度が5コマ/秒に落ちたり、内蔵ストロボやゴミ取りがついたりという違いなんだけども、実売30万前後かぁ〜。「D3を買わずにこれを待っておけば良かった」という人、D300から買い替える人もたくさん出てくるか?ニコンも罪な物を作りましたなぁ(笑

あと地味に驚いたのが、D3と同じセンサーを使ってるところ。ニコンのD一桁シリーズは、今まで専用の特注品?センサーで、他の機種に流用されることはなかったからね。

しかしこれで、キヤノンの5D後継機がどうなるか?ますますプレッシャーがかかりますね。いやかけたくなりますね!?それから気になるのが、やはりソニーのフルサイズ機。2,400万画素ってのは確定か?ソニーは今後の展開で大化けしそうな予感がするんですよ。

ということで?以下、後で見て笑うための当たらない予想集。

  • EOS 5D後継機は1,600万画素・5コマ/秒、機能的には「デカい40D」。D700とのガチンコ勝負を避けるため、価格は25万円前後を設定。
  • にもかかわらず5D後継機はD700と直接比較され、不利な状況になる(価格が違うのに…)昨年の40D vs D300と同じ構図だ(笑
  • ソニーのα900(仮称)は2,400万画素でD700に近い価格、フルサイズデジ一眼としては非常に悩ましい選択肢となる。
  • α900発売後にカールツァイスレンズのラインアップを拡充。コンタックスの遺志を継ぐのはソニーか?と、さらに悩ましい選択肢となる。
  • ニコンのD3X、実はD3にα900のセンサー(の改良版?)を載せた物だったりして?しかも価格もD3と大して変わらなかったりして?EOS-1Ds Mark IIIとD3を一気に奈落の底へ叩き落とす。
  • α700の後継機は裏面照射センサーで、α350方式のライブビューを搭載する。
  • α350の後継機に、ついにスマイルシャッターが搭載される!!

うはwwありえねぇ!??wwwどうぞ笑ってやってください。。

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/753

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja