太古のMacから中古のMacへ

| | トラックバック(0)

すんません、ようやく移行作業完了かもしんない。前回の記事で中古のMacを買ったって話しましたね。長年メインで愛用していた太古のMac(PowerMac7600、こちらの記事で触れてます)から中古のMacへ入れ替えやってました。PowerMac G4/400MHz、本体は27,800円だったんだけどメモリやらOSやら買ったら結構散財してしもたよ…。そこへ「仕事」の後処理をウチに帰ってからやらねばならん事態になったりなんかして、これはブログの更新環境の前に「仕事」の環境を構築しなければ!と、バタバタやっとりましたです。金もないけど時間もないぞ!!

中古のMac仮設置中。最初こんな感じ→で中古Macを仮設置して、太古MacとLANで繋いでデータをコピーしようとしたら、これがメチャメチャ遅い上に不安定。しょうがない、一気にやっちまうか!?太古Macに入っているHDDを抜き出してそのままリムーバブルケースに入れ、中古Macに接続。うまくいきましたです。しかしこのHDD、ワケわからん物が一杯詰まっておるなぁ…どこぞで拾ってきた妙な画像とか面白動画とか…?よくもまぁここまで集めたもんだ。長年同じパソコンを使ってたらよくある現象かと思います、んなこたーないか(笑)これはそのまま残しておいて、いつでも読めるようにしておこう。120GBのHDDが丸ごと「捨てないゴミ」と化してしまいました(笑)整理下手炸裂ですな!?

ところでこの中古Mac、PCIスロットのカバーが1つ無くなってたんですよ。穴が空いてる状態のままというのもアレなんで、とりあえず何かカードを挿せないかなぁ…と。

謎のUSBカード。

近所の小さい(怪しげな?)パソコン屋で、1,500円で買ってきたUSBカードです。対応OSはWindowsしか書いてないけど、NECのチップ(OHCI/EHCI)だから多分大丈夫じゃないか?…と試し半分で挿してみたら、バッチリ動きましたよ。MacOS9でUSB1.1、MacOSXではUSB2.0で動作します。 しかしこれ、パッケージ写真は4ポートのカードなのに中身は2ポートだったってのがまた笑えますなぁ…看板に偽りありまくり!(笑

USB2.0が使えるようになったので?ついでにこんな物も入手。

IDE/USB変換ケーブル

IDE/USB変換ケーブル。ACアダプターとセットで1,980円。

HDDを接続したところ。

HDDを接続したところ。えっ!この状態で使うの!?…繋ぎっぱなしにするのは恐いかもしんないです。MacOSXでリムーバブルディスクとして、何とか認識されました。ちょと不安定かも…?HDDだけではなくCD/DVDなどの光学ドライブにも使えるらしいので、一時的なデータの吸い出しやドライブの動作チェックにも使えそうですね。

太古MacでOS9の環境と中古MacでOSXの環境、体感速度があまり変わらないのが面白いです。マシンパワーが少し上がった分(CPUは似たようなもんだがバスクロックが上がりメモリも512MB→960MBと増えてます)OSが重くなったってことですね?次はCPUをアップグレードしたいよ。その前にSCSIカードを入手しなければ…古い周辺機器を繋ぐだけだから高速なものでなくていいんだよね。これからもボチボチと安いパーツを探すことになりそうです。世間はIntel Mac速いぞ!つってるのに、何やってんだか(笑)スローなサイバーライフ、プアーなサイフ。

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL: http://mai-u.x0.com/mt/mt-tb.cgi/228

前の記事

次の記事

アーカイブ

このブログを購読

Powered by Movable Type 4.27-ja